Ryij3ua7lnlwjkz8grdc

ドリンク

CATEGORY | ドリンク

コーヒードリッパーのおすすめ!ペーパーレスのお洒落なステンレス品

2020.08.07

おすすめのコーヒードリッパーを知りたい人必見!このページでは、おすすめのペーパーレスのおしゃれなステンレスセットなどについて解説します。また、コーヒードリッパーの種類や特徴、選び方についてもまとめますので、興味のある人は要チェックです!

  1. おすすめのコーヒードリッパー!ペーパーレスのおしゃれなステンレスセットなど①
  2. おすすめのコーヒードリッパー!ペーパーレスのおしゃれなステンレスセットなど②
  3. おすすめのコーヒードリッパー!ペーパーレスのおしゃれなステンレスセットなど③
  4. おすすめのコーヒードリッパー!ペーパーレスのおしゃれなステンレスセットなど④
  5. おすすめのコーヒードリッパー!ペーパーレスのおしゃれなステンレスセットなど⑤
  6. おすすめのコーヒードリッパー!ペーパーレスのおしゃれなステンレスセットなど⑥
  7. おすすめのコーヒードリッパー!ペーパーレスのおしゃれなステンレスセットなど⑦
  8. おすすめのコーヒードリッパー!ペーパーレスのおしゃれなステンレスセットなど⑧
  9. おすすめのコーヒードリッパー!ペーパーレスのおしゃれなステンレスセットなど⑨
  10. コーヒードリッパーのおすすめ!ペーパーレスのお洒落なステンレス品のまとめ

コーヒードリッパーの種類・特徴・選び方①:まずはコーヒードリッパーについて

コーヒードリッパーの種類・特徴・選び方についてお伝えする前に、まずはコーヒードリッパーについて解説しましょう。コーヒードリッパーは、コーヒーを淹れる際に必要なものです。抽出するときに使用するものですね。
Eyxaxhezqewejoiyctdf
使用方法は、コーヒーの粉をドリッパーに入れます。そして、お湯を注ぐようにしましょう。コーヒーは、豆や焙煎などにより味が異なりますが、ドリッパーによってもテイストが違うそうですね。

コーヒードリッパーの種類・特徴・選び方②:台形・円錐

コーヒードリッパーの種類についてみていきましょう。まずは、台形のカタチがあります。さまざまなメーカーから台形のコーヒードリッパーが販売されていますね。このタイプは、下に穴が1~3つぐらいあり、ちょっとずつ抽出できる種類です。
Iouz17kar17wr5aui4ln
円錐のカタチをしたコーヒードリッパーもあります。下におおきな穴が1つあり、すぐにコーヒーが落ちていく種類ですね。台形・円錐というカタチによって、コーヒーのテイストの違いを楽しめることもあるでしょう。自分に合ったほうをお選びくださいね。

コーヒードリッパーの種類・特徴・選び方③:選び方のコツ

コーヒードリッパーの選び方のコツについて解説していきましょう。まずは、材質をチェックしてください。プラスチックであれば、価格が安めであり、扱いやすいことが特徴です。デメリットとしては、ひび割れするリスクがありますね。耐久性に優れ、手入れのしやすい材質は、ガラス・陶器です。メーカーによっては、カラーバリエーションも豊富ですので、選びやすいのではないでしょうか。
Beeimciwrdrnjtlqmsk3
「おしゃれなものがいい」「壊れる心配が少ないものがいい」という人は、金属製がおすすめですね。多少値の張る可能性がありますが、一定の温度に保て、おいしいコーヒーを楽しめますよ。材質によって、メリット・デメリットがありますので、しっかりと理解しておきましょう。
M5ws9dgo0t8c3x5eykmu

コーヒードリッパーの種類・特徴・選び方④:カタチ

カタチも要チェックですね。上記でも解説しましたが、台形・円錐のカタチが基本となります。台形は、まろやかなテイストになる種類ですね。ゆっくりと抽出できるタイプとなりますよ。円錐の場合は、酸味などが際立つ種類になります。
Nb3ibptehcyoay2rsemg
穴の多いタイプは、スッキリとしたテイストになるでしょう。穴の数が小さい、あるいは、穴が少ないタイプであれば、重厚感を味わいたい人におすすめですね。穴の数やサイズによっても、コーヒーの味が変わりますので、自分の好みに合ったテイストを表現できるドリッパーを選びましょう。
Uycpwwwgutfic7svpqvu

コーヒードリッパーの種類・特徴・選び方⑤:メーカーについて

コーヒードリッパーのメーカーについても見識を深めてください。ドイツの「Melita(メリタ)」は、ペーパードリップを誕生させたメーカーですね。さまざまなカフェで使用されています。「Karita(カリタ)」は、3つの穴のドリッパーでおなじみのメーカーですよ。
Peqx4nrkrz8rxk4iiwu1
「HARIO(ハリオ)」は、日本のメーカーです。耐熱ガラスで作られた商品は、おしゃれでもあります。珈琲サイフォンは、「コーノブランド」で有名ですね。メーカーによって、さまざまなドリッパーがありますので、気になるアイテムを見つけてください。
Iafxgkwdkbwoneoanh4u

コーヒードリッパーの種類・特徴・選び方⑥:豆や水にもこだわろう

コーヒーを楽しむためには、豆や水にもこだわりましょう。豆には、「極細挽き」「細挽き」「中細挽き」「中挽き」「粗挽き」というひき方がありますね。穴のサイズや数によって、マッチするひき方がありますので、間違えないようにしましょう。
Ztx3kusficwmhhyhrhb6
「苦みをプラスしたい」と言う人ならば「硬水」、「コーヒーそのものの味を楽しみたい」と言う人は「軟水」がおすすめです。水道水でも問題ありませんが、カルキを抜いたほうがよりコーヒーに合う水となるでしょう。ぜひ水の種類にもこだわりをもってください。
Vdnp0nusw16a7avroguz

おすすめのコーヒードリッパー①:E-PRANCE コーヒードリッパーステンレスフィルター

E-PRANCE コーヒードリッパー ステンレスフィルター 蜂窩状 2層メッシュ ペーパーフィルター不要 1~4杯用 (シルバー)
価格 ¥ 1,380
Dkfdzcpcbg7hllheryrg
カンタンに手入れでき、しっかりと抽出できるオシャレな「E-PRANCE コーヒードリッパーステンレスフィルター」。ペーパーフィルターを使用することなく扱うことができますね。オシャレだからこそ、ギフトでこの商品をプレゼントする人もいるんだとか。
Rldvxosoibvoz6xcfh7l

おすすめのコーヒードリッパー②:TENKER コーヒードリッパーステンレスフィルター

TENKER コーヒードリッパー ステンレスフィルター 2層メッシュ構造 一体型 洗浄用ブラシやコーヒースプーン付き 紙フィルター不要 1~4杯用 【2年保証期間】
価格
Rhg47o8ihftnjsmrfep8
2層メッシュの「TENKER コーヒードリッパーステンレスフィルター」は、しっかりろ過できる種類ですね。スープやブラシがセットになっているのも嬉しいポイント。
Dkvshwnvgptohxtcdhyy

おすすめのコーヒードリッパー③:カリタ ウェーブドリッパー

カリタ コーヒードリッパー ステンレス製 ウェーブシリーズ 1~2人用 155 #04021
価格 ¥ 1,944
ウェーブ模様のあるスタイリッシュな「カリタ ウェーブドリッパー」、すっきりとしたテイストを楽しめるドリッパーですね。初心者でも手軽に扱うことができる種類です。
Fymak52m9senin3ea1ck

ステンレスフィルターの特徴

ステンレスフィルターは、ゴミを減らすことができるのは嬉しいポイントですね。コーヒーの風味なども存分に楽しむことができますよ。注意点としては、丁寧に洗い、しっかりと乾燥させることですね。そうすれば、おいしい珈琲を味わえますよ。
Yyvsv1ixd4lt7ebt0cxl
コーヒードリッパーのおすすめについて解説してきました。まずは、コーヒードリッパーの種類・特徴・選び方について理解を深めましょう。コーヒードリッパーは、コーヒーを淹れる際に必要なものです。台形・円錐のカタチが基本となり、穴の数やサイズによってもコーヒーの味が変わります。材質もチェックしましょう。プラスチック、金属、ガラスなど、材質によって、メリット・デメリットがありますね。「Melita(メリタ)」「Karita(カリタ)」「HARIO(ハリオ)」などのメーカーも要チェックです。コーヒードリッパーだけではなく、豆のひき方や水にもこだわりを持ちましょう。
おすすめのコーヒードリッパーとして、「E-PRANCE コーヒードリッパーステンレスフィルター」「TENKER コーヒードリッパーステンレスフィルター」「カリタ ウェーブドリッパー」についてご紹介してきました。ステンレスフィルターの特徴は、ゴミを減らし、コーヒーの風味をそこなうことなく味わえる特徴がありますね。コーヒーを楽しむために、ドリッパーにもこだわりをもってみませんか?