Bk7e05sygppyseobjfhs

ダイエット

CATEGORY | ダイエット

コーヒーバターって良いの?ダイエットへの効果や作り方をご紹介!

2018.09.09

コーヒーバターの作り方・効果・味などについて、本ページで解説していきます。コーヒーバターは、痩せるのか、太るのか、ダイエット的な面についても説明し、オイルなどもお伝えしましょう。コーヒーバターが気になる人は、ぜひお読みください。

  1. コーヒーバターの作り方・効果・味!痩せる?太る?ダイエット?オイル等も①
  2. コーヒーバターの作り方・効果・味!痩せる?太る?ダイエット?オイル等も②
  3. コーヒーバターの作り方・効果・味!痩せる?太る?ダイエット?オイル等も③
  4. コーヒーバターの作り方・効果・味!痩せる?太る?ダイエット?オイル等も④
  5. コーヒーバターの作り方・効果・味!痩せる?太る?ダイエット?オイル等も⑤
  6. コーヒーバターの作り方・効果・味!痩せる?太る?ダイエット?オイル等も⑥
  7. コーヒーバターの作り方・効果・味!痩せる?太る?ダイエット?オイル等も⑦
  8. コーヒーバターの作り方・効果・味!痩せる?太る?ダイエット?オイル等も⑧
  9. コーヒーバターの作り方・効果・味!痩せる?太る?ダイエット?オイル等も⑨
  10. コーヒーバターって良いの?ダイエットへの効果や作り方をご紹介!のまとめ

コーヒーバターとはなにか

はじめに、バターコーヒーについて解説していきましょう。バターコーヒーは、ハイクオリティなコーヒーにバター&MCTオイルを混ぜて、ブレークファーストで飲むものですね。基本的には、1日1回飲むコーヒーです。バターを食生活に取り入れることで、すべての食事がより一層楽しくなりますよ。
おいしいだけではなく、バターコーヒーはダイエットにも効果的と言われている種類です。「ダイエットできた」という実験結果などもあるそうですね。バターコーヒーダイエットに関しては、以下で詳しく取り上げていきましょう。

バターコーヒーダイエットの方法とは

バターコーヒーダイエットの適切な方法についてご紹介します。基本的には、朝、バターコーヒーを飲むだけですね。この方法で問題ないのですが、別の食事に気を付けましょう。夕食をおえたのち、16:00~18:00後までは食べることなく、朝飯にバターコーヒーを飲むことになります。
20:00に夕ご飯を食べるとしますよね。そうすると、次の日の12:00までは食事をしないようにしましょう。夕飯を食べた時間によって、バターコーヒーを飲む時間を決めることにより、適切なにダイエットできる可能性が高まるでしょう。

コーヒーバターの作り方!

では、どのようにバターコーヒーを作ればよいのでしょうか。まず用意するものは、「グラフェッドバター」「ブラックコーヒー」「ココナッツオイル(MTCオイル)」ですね。コーヒーにバターとオイルを入れるだけ完成する簡単な調理方法です。
コーヒーの選び方としては、ドリップコーヒーのほうがおいしく飲むことができるでしょう。インスタントでも問題ありません。オイルは、できれば「MCTオイル」がよいですね。MCTオイルは、体脂肪にならない可能性が高いものとして知られています。そのため、痩身に最適といえるでしょう。

調理するのがめんどくさい人はどうすればいい?

バターコーヒーを調理するのがめんどくさい人はどうすればいいのでしょうか。コーヒーだけでなはなく、バターやオイルも必要ですので、用意する物が多いとも言えますね。もともとセットになっているアイテムであれば、調理する手間が省けると言えるのではないでしょうか。
また、別途バターやオイル買うよりも、セット商品のほうがお得な可能性もあります。もちろん中には、それなりに値の張るものもありますので、家計と相談しながら、バターコーヒーセットを選ぶようにしましょう。

バターコーヒーのサプリもアリ

「バターコーヒーを作るのがめんどくさい」「カンタンに飲めるものがいい」と言う人は、バターコーヒーのサプリがおすすめです。サプリメントを摂取することで、ダイエットなどの効果を期待できるでしょう。
バターコーヒーのサプリの場合、普通のバターコーヒーにはない栄養素が含まれていることもあり、さまざまな効果を期待できるのではないでしょうか。低価格のアイテムもありますので、「バターコーヒーを作るのがめんどくさい」「カンタンに飲めるものがいい」という人は、ぜひお試してください。

バターコーヒーダイエットのメリット①

バターコーヒーダイエットのメリットについて取り上げていきます。バターコーヒーは、朝食の代わりになりものですよね。そのため、カロリーをカットできるメリットがあると言えるでしょう。一般的な朝飯のカロリーよりも、大幅に低い数値になりますね。
また、バターコーヒーを朝飲むことで、お昼をそんなに食べなくてよいという効果があります。グラスフェッドバターを使用することで、中性脂肪の排出効果も期待できるでしょう。質の良いグラスフェッドバターは、おすすめですね。

バターコーヒーダイエットのメリット②

引き続き、バターコーヒーダイエットのメリットについてみていきます。「カフェイン=便通改善・代謝アップ」と言われることもありますね。カフェインの摂取しすぎることは避けるべきですが、適度であれば問題ないと言えるでしょう。
脂肪を分解・燃焼するといわれているクロロゲン酸がコーヒーに含まれています。そしてカフェインにより、集中力が増すことも考えられるでしょう。バターコーヒーダイエットには、さまざまなメリットがありますので、ぜひ食生活に取り入れてみてください。

バターコーヒーダイエットの注意ポイント①

バターコーヒーダイエットの注意ポイントについてもまとめていきましょう。まずは、バターの選び方に気を付けてください。グラスフェッドバターを選ぶようにしましょう。グラスフェッドバターは、「低い塩分」「中性脂肪の排出」といったメリットがありますね。他のバターではこうした利点がないかもしれません。グラスフェッドバターは、それほど市場に出回っているものではありませんが、通販などを利用しながら購入してくださいね。
「肥満と言われる」「1日に何食もとることがある」という人などは、バターコーヒーダイエット自体がマッチしない可能性もあるでしょう。とはいえ、やってみないと自分に合うのか判断できません。数日間試して、効果的なのか確認してみましょう。

バターコーヒーダイエットの注意ポイント②

引き続き、バターコーヒーダイエットの注意ポイントについてみていきます。オイルの選ぶ方も無視できませんね。ココナッツオイルでも問題ありませんが、なるべくMCTオイルをチョイスするようにしてください。MCTオイルであれば、「食欲抑制」「体脂肪回避」などの効果を期待できるでしょう。
バターコーヒーダイエットを取り入れている場合でも、他の食事が高カロリーなどであれば、ほとんどダイエットの意味がありません。バターコーヒーダイエットをしていても、たくさんバターを入れてしまうと、カロリー過多になります。オイルについても、入れすぎには注意してくださいね。
バターコーヒーダイエットなどについて解説してきましたが、参考になりましたでしょうか。バターコーヒーダイエットの方法は、適切なやり方をしなければ、ダイエットにつながることはありません。バターの種類やオイルのタイプなども、間違えないようにしてください。
バターコーヒーは、朝食の代わりになり、グラスフェッドバターを使うことで、中性脂肪の排出効果も期待できます。「カフェイン=便通改善・代謝アップ」などの効果も期待できるでしょう。バターやオイルを別途買わなくても、セットでリリースしている商品がありますね。いずれにせよ、さまざまなメリットが考えられますので、ぜひトライしてみてください。