Yyvescisobfyzjqspmjl

暮らし

CATEGORY | 暮らし

カーテンのヒダの上手い手作りの作り方やその種類を紹介します!

2018.09.22

カーテンを自分で手作りをするときに、カーテンヒダを上手いこと作れないことないですか?カーテンヒダを作るのに、間隔をきちんと計算して、アイロンをかけてやらないと、カーテンヒダは上手い具合にいきません。カーテンヒダの種類と作り方をご紹介します。

  1. 手作りカーテンとヒダの作り方・寸法が大事
  2. カーテンヒダはなぜあるの?
  3. 上手い手作りカーテンのヒダの種類
  4. 上手い手作りカーテンのヒダ山とは?
  5. 上手い手作りカーテンを作るときのヒダにかかっているランナーについて、
  6. 上手い手作りカーテンのヒダの間隔
  7. 上手い手作りカーテンのヒダの計算ってできるかしら?
  8. 上手い手作りカーテンのヒダの作り方をYouTubeで取得しよう!
  9. 手作りカーテンヒダの上手いアイロンの掛け方
  10. まとめ
Mmgsx2taadsitznn0hgr
引用: https://www.pinterest.jp/pin/637189047252815475/
カーテンの作り方は種類によって、簡単なものと少し手間をかけないものとあります。カーテンを作るのに一番大事なことは寸法です。寸法を正確に採寸しなければ、キレイなカーテンはできません。はきだし窓の場合は、カーテンレールの長さが横の寸法で、縦はランナーから裾までで、床から1cm上の長さになります。腰窓の場合は、横はカーテンレールの長さです。
Zjwisgzobsrvybqeolue
引用: http://www.kd-house.com/interior/curtain-measure.html
縦はランナーから窓下15~20cm下の寸法となります。仕上がりはレールを隠すタイプと、隠さないタイプがありますが、カーテンフックの違いによるので、後でご説明します。また、ヒダの作り方も、大体の寸法を計算して、それから少し狂いがでるので、そこは間隔で手直ししていきます。
Jzf7qfcrabtci35vix6w
引用: http://www.curtain-tengoku.jp/page/3
カーテンヒダの目的は、開始がしやすいことと、美しく見せることです。ヒダがあると開閉するときにヒダを軸に折れ曲がるので、開閉がしやすくなります。また、キレイなドレープが出せるので、見た目がとても美しく見えます。 2倍ヒダとか1.5倍ヒダとかいうのをお聞きになられたことはありませんか?2倍ヒダというのは、カーテンレールの横の幅に対して、2倍の生地を使ってヒダをつまんでカーテンをつくることをいいます。
1.5倍ヒダというのは、出来上がりの1.5倍の生地を使ってヒダを作ります。現在は生地の模様を生かすため、ヒダのないフラットカーテンもできています。しかし、やはりヒダがあった方が、開閉はスムーズにいきますし、畳んだときにキレイに畳めません。ヒダのないカーテンの作り方はとても簡単で、裾の始末、脇の始末をして、カーテンレールに引っ掛ける方の、始末をするだけでできてしまいます。要するに直線縫いだけで、フラットカーテンはできてしまいます。
F69nkpq9yxemxr75mnsi
引用: https://www.iris-interior.com/recipe/19.html
カーテンヒダの種類は、3つ山ヒダ、2つ山ヒダ、フラットの3つがあります。3つ山ヒダは、ゆったりとして、見た目も高級感が感じられ、窓幅に対して生地も2倍~2.5倍使って作ります。グレードの高いオーソドックスモダンなスタイルとか、クラシックスタイルなどの空間を飾るインテリアとしておすすめです。
Muobpubdwjktdsgwrxuf
引用: https://www.toli-life.com/howto/curtain/purpose/shape/
2つ山ヒダはイージーオーダーや既製品のカーテンに多く見られます。価格を抑えられるメリットがあって、生地の量を抑えて縫製していて、ヒダのボリュームが少なくなるので、すっきりとは見えます。
上でも書きましたが、ヒダを取らずにシンプルに仕上げる、仕上がりがフラットになるカーテンの場合は、柄物など生地の柄を見せたいときにはおすすめです。
引用: http://naturalseikatsu.ciao.jp/img/2012/06/P1070127.jpg
3つ山ヒダは10~12cm間隔で、生地の幅を窓際のレース生地巾に対して、2倍~2.5倍多く使います。そのためにドレープの間隔が深く取れ、いかにも波を打っているかのような、カーテンの美しいドレープが見られるのです。2つ山ヒダの場合、縫製の仕方によって印象が大きく変わることがあります。既製品では一般的な仕様で、ヒダ間隔は15cm以上と柄を生かすときなどにはおすすめです。
Kfyghc6mlwth2prlury0
引用: https://sewingschool.hapimade.com/curtain/
しかし、3つ山ヒダに比べグレード感は劣って見えます。フラットの場合は、生地の幅を窓幅に対して、1.3倍程度でできます。生地が一番少なくて済むので、安くできるメリットがあって、呼び名はフラットカーテンといいます。
Bq663y38cab6ick0taiv
引用: https://www.monotaro.com/p/1071/0202/
カーテンランナーとは、カーテンレール下についている部品で、カーテンフックを取り付けるものです。稼働を良くするためについていて、プラスチックでできています。ランナーの種類は、滑車がつけられた滑車タイプ、マグネット式になったマグネットタイプ、カーテンを交差させて閉じる交差タイプ、ポールに輪を通して使うリングタイプ、先端につけられているクリップでカーテンの布を挟む、クリップタイプの種類があります。
Adkcza0odwzamhu0c6ea
引用: http://www.ateliet-tom.com/tom/curtain.html
Hhbitci4nvwikl51egpd
引用: http://azabuya39.com/curtain/
ヒダ間隔は3つ山ヒダの場合は、10~12cmで、2つ山ヒダのヒダ間隔は15cm以上が通常作られています。ヒダ山の高さは1.8cm~2.5cmが美しいヒダ山の高さを、作ることができるといわれています。ヒダ間隔は12.5cm前後が、機能的に使いやすいです。あまり間隔が広すぎると、間が抜けて見えカーテンの収まりが悪くなります。カーテンを作るとき、ヒダをどのように入れるかで、雰囲気が変わってきます。
Kjx2vv7aslmnk4igx3jl
引用: http://www.toso.co.jp/products/c_rail/cr_itiran/curtain/
現在はヒダ入れのないカーテンも、手作りで多く作られていますが、少し手間をかけて、ヒダの入ったドレープのキレイな、カーテンの作り方をマスターしたいですよね。そのためには、カーテンのヒダの間隔、ヒダの計算方法などしなければなりません。機能的にヒダ間隔は12.5cm~14cmが使いやすいといわれています。カーテンの作り方はこのようなことを踏まえて計算していかなければなりません。たくさんのカーテンの種類の中で、一般的なヒダ3つ山、2つ山についてご説明します。
窓美人 アラカルト 1級遮光カーテン ロイヤルブルー 幅100×丈135cm 2枚組 フック タッセル 断熱 省エネ 高級感のある生地
価格 ¥ 4,371
理想のヒダ山は2.5cmです。両脇は3cm入ったところからヒダを取ります。分かりやすいように200cmの両開きのカーテンを参考に計算すると、100(仕上巾)÷12.5(ヒダ間隔=8(間隔) ヒダ山数は9個になります。ヒダ山数の寸法は9(ヒダ山数)×9(最低ループ長さ)=81cm 耳縫い代両サイド寸法 (5(耳縫い代)+3(サイド)×2(両耳)=16cm
Ksjmhdxgvvn0cywlzvxq
引用: https://www.curtain-f.com/guide/beauty/
カーテンの必要な寸法の合計は100(仕上巾)+81(ヒダ山分)+16(耳分)=197cm片方の生地の合計です。両開きにするので、100cm巾のカーテン2枚分で、総合計の生地は 197cm×2枚=394cmとなります。200-100-6=94 94÷9=10.4cm 理想のヒダ山は2.5×6面=15cm、仕上がり幅は94cmを変えないで、ヒダは左右とも3cmから始まります。
Ppgfqjg4hl9db8xt1zd6
引用: http://www.toso.co.jp/products/c_rail/cr_itiran/curtain/
分かりやすく200cmにしましたが、実際に生地巾がないと思います。カーテン生地は出来上がりの2倍から3倍の生地が必要になります。カーテン布の計算と、ヒダの計算方法で計算しても、実際に布でヒダを作る場合、計算通りの寸法で収まりません。ですから、そこは、大体の目安にしながら、臨機応変にすることが大切です。
計算ができたら、今度は実施にカーテンのひだを作ります。ヒダの作り方はこちらのYouTubeで分かりやすく画像が出ていますので、その通りにすると2つヒダができます。
Wklugisy20flt5dpyctj
引用: http://www.toso.co.jp/products/c_rail/cr_itiran/curtain/
Tmx5hp8r7bhrwsqb6j0v
引用: https://www.rakuten.ne.jp/gold/tengoku/shiwa.html
カーテンにアイロンをかけるときは、布地洗濯ネームの表示のアイロンかけ表示に従った温度でかることが必要です。生地はそれぞれ違いますので、それに合ったアイロンの温度を設定します。ほとんどアイロンを必要としない、形態安定加工のカーテンには、アイロンをかける必要はありません。
どうしてもやりたい場合は、120℃の低温でかけることが大切で、一ヶ所に長い時間かけると、プリーツが消滅することがあります。形態安定加工とは、熱処理によってウェーブが作られたカーテンです。
Pmb7vxlfyrukwojj1rez
引用: http://blog.livedoor.jp/nontroppo_life/archives/51097958.html
カーテンの畳ジワは1週間ほどで取れます。しかし、どうしても気になるときは、蒸気アイロンで蒸気をあてると、シワはほとんど取れます。現在のカーテンは横糸に、強い糸を使っていることから、キレイなドレープが作れなくなっていることが多いのです。どうしても、ドレープが気になるときは、アイロンでなく、裾の方を水で濡らして、キレイにたたんで吊るしたまま形を保てるように縛っておきます。
ヒダ山のあるカーテンの作り方を見てきましたが、カーテンを作る場合出来上がりの1.5~3倍の生地がいるということが分かりました。ヒダの取り方で、総生地は変わってきます。大体の計算をして、カーテンの生地を買うことが大切です。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BnfKfsnlvuu/?tagged=%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%B3