Otp2z5fpafwqctgkrvwv

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

エトヴォスのミネラルuvグロウベースの口コミ!カバー力や使い方も

2018.09.15

成分が非常に肌に優しいことで有名なエトヴォスから、下地もできるccとしても優秀なミネラルuvグロウベースが販売されています。口コミやおすすめの使い方、パウダーなどを使った時のカバー力などを含め、気になるエトヴォスuvミネラルuvグロウベースを紹介します。

  1. エトヴォスのミネラルuvグロウベースが優秀?一体どんな製品なの?
  2. エトヴォスのミネラルuvグロウベースはどんな製品なのか知りたい!
  3. エトヴォスのミネラルuvグロウベースのカバー力はどう?
  4. エトヴォスミネラルuvグロウベースの口コミはどう?
  5. エトヴォスのミネラルuvグロウベースはどんな使い方? 基本編
  6. 隈やシミなどをエトヴォスのミネラルuvグロウベースでカバーする時には?
  7. エトヴォスのミネラルuvグロウベースを使うのにおすすめなのはどんな人?
  8. エトヴォスのミネラルuvグロウベースは使う前に肌質をチェック!
  9. 綺麗な艶肌でメイクを仕上げてみよう!
  10. 最後に
毎日メイクをする女性にとって、化粧下地というのはかなり重要なものです。スキンケアの後に使うccクリームやBBクリームなどは毛穴など、気になる部分をきちんと補佐してカバーしてくれますので、綺麗な仕上がりにしたい人には欠かせないアイテムの一つともいえるでしょう。
そんな下地で、成分の安心感や刺激の無さを選びたい人に人気の成分がエトヴォスから販売されているミネラルuvグロウベースです。一体どんな理由から高い人気を誇っているのか、口コミなどの意見はもちろんおすすめの使い方やカバー力などに関しても詳しく調べてみました。気になるミネラルuvグロウベースについて、今回は紹介していこうと思います。
引用: https://etvos.com/shop/item/etvos/picture/goods/1041_1.jpg
口コミなどを知る前に、製品自体がどんなものなのかというのをある程度知っておきたいところです。実際にどんな製品なのかというのを調べてみました。ミネラルuvグロウベースは多機能性のある、uv効果を持った化粧下地の一つです。透明感のあつ艶肌に見せることができ、さらにuv効果をプラスしたことで軽いメイクだけでも日焼け止めを更に使うなどの面倒な手間を省くこともできます。
下地ということで肌色を選ばない透明感のある色づきを徹底し、9種類の保湿成分を配合することで潤って艶のある肌を作ることができる下地でもあります。グロウパールやシルバーパール、ローズパールをブレンドして配合することで、透明感のある艶肌だけでなく、血色の良い肌にもしてくれる下地でもあるのです。
ミネラルを中心に肌に優しい成分で構成され、そこに保湿成分を9種類も配合していることからも、刺激の無さなどはしっかりと分かるミネラルuvグロウベースではありますが、カバー力はどうなのか、と感じると思います。下地でありますからシミや隈などの気になるポイントはなるべく下地の時点である程度カバーしておきたいものです。
しかし、ミネラルuvグロウベースのカバー力は実は他の化粧下地やccクリームなどと比べてもかなり低いものです。これは気になるアラだけをカモフラージュし、uvケアなどの際に起こりがちな白浮きを抑えることができるミネラルバランスで血色を整えるため、どうしてもカバー力を極力そぎ落としている結果ともいえます。カバー力を補うために、コンシーラーやファンデーションなどの他の化粧品でしっかりと補うことが必要なアイテムとなっているのです。
ある程度どんな製品なのか、ということが分かってきたところで口コミの意見などを見てみましょう。エトヴォスのミネラルuvグロウベースの口コミ意見を調べてみると全体的には「まあまあ」くらいの中間程度の評価がされているところが意外と多くありました。良い意見としては、「乾燥肌だからこそマットな仕上がりが嫌だったが、これを使うと綺麗に仕上がる」「ファンデーションを使ったほうがメイクが汚くなるくらい、艶肌になる」などの保湿力やそのほかの特徴も十分に感じられている人が多かったです。
逆に悪い意見としては「時間が経つとドロドロに崩れてしまう」「発色がオレンジ系になって、綺麗に仕上がらない」などの意見も多かったです。こちらは乾燥肌の人ではなく、混合肌など別の肌質の方が多かったので肌質の問題もあるかもしれませんが、人によってはカバー力の無さやトーンアップなどが無いという不満と共に、発色や崩れなどに対する意見もよく見かけました。
ではミネラルuvグロウベースはどのような使い方で使っていくものなのでしょうか?基本的な使い方はとても簡単です。きちんと保湿ケアをした後に、1プッシュか2プッシュほど手の甲に出して、顔の中心から外へと伸ばしていくだけ、という使い方になります。乳液の様な使い心地で使うことが出来るので、パウダー感もなくスキンケアの延長のように使うことができるでしょう。
全体的に伸ばすことができたら、後はメイクをしていくだけになります。ファンデーションを塗り、その上にルースパウダーなどを乗せてアイメイクなどを完成させたら終了です。保湿成分もたっぷりと入っているので空調が効きすぎて乾燥しやすい人は乾燥しにくくなりますから、おすすめですよ。
しかし、カバー力が無いと困ってしまうのがシミや隈などのメイクをしても目立ってしまう顔のトラブルが合った時です。普通の下地であればある程度カバーしてしまうことができるカバー力がありますから、後は軽くファンデーションなどを上から塗るだけでも終了になりますが、エトヴォスのミネラルuvグロウベースの場合はその方法が使えません。
では、どのようにカバーするかというとコンシーラーを使ってカバーすることになります。基本的に顔全体に艶のある状態に仕上がっていますので、それを崩したくないという場合には同じエトヴォスのミネラルコンシーラーなどを合わせて使うのがおすすめです。中でもミネラルコンシーラーパレットを使えば、パウダーを合わせて自分の肌色に近いものにすることができるので、より自然なカバーをすることも出来るでしょう。艶感も失わずしっかりとしたカバー力で綺麗に仕上がります。
エトヴォスのミネラルuvグロウベースは、乾燥肌や敏感肌の人など肌に対してあまり刺激を与えるとトラブルにつながりやすいと言う人におすすめされています。また、その際にあまりくすみなどが気にならない人は、それほどカバー力を求めることも無いので使いやすいと言えるでしょう。
肌荒れなどのトラブルの最中であるのなら、このミネラルuvグロウベースを使った後、フェイスパウダーを乗せるだけでもかなり綺麗に仕上がりますので、ばっちりとメイクしなくても良いのであればフェイスパウダーでささっと仕上げてしまっても良いかもしれません。テカりなどが気になる人の場合はパウダーを使って抑えても抑えきれない場合もありますので、注意しましょう。
どれだけ綺麗に肌が仕上がる、成分が優しい、艶々になるとはいっても化粧品にはやっぱり向き不向きというのが存在しています。ccクリームなどの下地でもそれは同じで、むしろccクリームなどの下地が崩れるとメイク自体がドロドロになることを考えたら、しっかりとこだわるべきなのは下地の方なのかもしれません。
今使っているccクリームやBBクリームなどからミネラルuvグロウベースへと変えたいという場合には、自分の肌がきちんと使う時に崩れたりしないような肌質なのかということを把握しておくことも大切です。パウダーなどで毎日必死に皮脂などを抑えている、くすみや隈、シミをパウダーやコンシーラーで隠すことがあるなどの場合はあまり向いていない可能性もありますし、より隠すのに手間取る可能性もあります。購入前にまずは自分の肌を考えてみましょう。
毎日のメイクは肌の状態をカバーするために、女性の寄ってはccやBBクリームなどの下地からかなりこだわる人も多いです。その中でも艶のある肌を出しやすいと、乾燥肌や敏感肌の人が使いやすい製品の一つがミネラルuvグロウベースでもあります。自分の肌をよりきれいな艶肌にして、まるでお風呂上りやスキンケアしたての様なメイクの仕上がりでお仕事やお出かけを楽しくしていきましょう。
口コミの意見や評価をもとに購入しても、毎日使う時には使い方をしっかりと守って少しずつ自分にあった量や他のコスメとの組み合わせをつかんでいくことが重要です。いきなりいつも使っていたものと組み合わせてもccやBBクリームとして十全に機能を発揮しないことも考えられます。焦らず少しずつ自分にあった使い方を見つけてくださいね。