Ehzm4qknfswq6ccst2fl

ヘアスタイル・アレンジ

CATEGORY | ヘアスタイル・アレンジ

パーマ後にアイロンは大丈夫?おすすめのヘアセットの作り方を紹介!

2018.09.16

パーマをかけても女性の場合はちょっとした寝癖を伸ばす時やアレンジにアイロンをかけたいという時があります。ストレートと違いセットも簡単なることも多いパーマですが、アイロンを使っても大丈夫なのでしょうか?とれる心配のないおすすめのセットの作り方を紹介します。

  1. パーマをかけたらアイロン使っても大丈夫なの?
  2. パーマをかけてからアイロンをかけるのは実際どうなの?
  3. パーマにアイロンを使っても大丈夫というけれど、取れてしまった時は何が原因?
  4. パーマをかけてアイロンをかける前にとれる時は何が原因?
  5. パーマ後のアイロンでのセットの作り方 1.アイロンの温度に気を付ける
  6. パーマ後のアイロンでのセットの作り方 2.ワンカールなどではストレートアイロンを使う
  7. パーマ後のアイロンでのセットの作り方 3.濡れた髪にアイロンを使わない
  8. パーマの後のアイロンでのセットの作り方 4.ダメージケアを徹底しておく
  9. パーマと違い、アイロンだからこそできるセットをしてみよう
  10. まとめ
Ixnl2z5y5v0foizc1zev
髪にパーマをかけて、綺麗なウェーブを作っておしゃれなどにもより映えるような髪型にできた時はすごくうれしいですよね。けれど、そうしたパーマをかけても寝癖が付いてしまっていたり、アレンジをしたりと髪を弄らなければならないことはかなり多くあります。
Gu4kprq0taep2mj5us0k
けれど、寝癖の改善やアレンジのためのセットのためにパーマをかけていてもその上からアイロンをかけなけて伸ばすこともあります。そうするとせっかく綺麗にかけているパーマがとれるのではないか、と非常に不安になりますよね。セットの時にアイロンをかけてもパーマはとれないか、セットはどんなふうに作ればいいのか、おすすめの方法などについてを今回は紹介していきます。
Vxaq9zcjhymuozhig9kv
実際のところ、パーマをかけてからアイロンを使うというのは大丈夫なのでしょうか?調べてみたところ、意外と大丈夫であるということが分かります。ストレートのコテなどではない限り、パーマをかけた状態では特に問題が無いので、そのまま使っても大丈夫だと言われています。
B3uembprwmyh7xp6xoct
ダメージ的にもパーマをかけていない髪に対してコテやアイロンを使うのと同じくらいのダメージになりますので、寝癖やセットのために使ってもパーマがとれるということも無いようです。縮毛矯正などをかけてストレートの状態の髪に対して、カールさせるアイロンなどを使っても大丈夫ではありますが、多少とれやすくなる可能性がありますのでその点は注意しましょう。
Fmg8bun5jxexhkii0div
綺麗にパーマをかけて、それからどんなアレンジをしていこうか、という時にあっさりとパーマがとれるという人も実は多くいます。その原因はいくつかありますが、良くあるのが櫛や毛先を切るといったものです。パーマをかけてから目の細い櫛を使うと、伸ばす力が強いため、まっすぐの状態に伸ばすことにつながります。結果、せっかくパーマをかけたのに短期間でとれる原因になってしまうのです。
Q2vf5nijop3uakarwqej
そしてもう一つの多い原因の一つである毛先を切るというものは、髪を整えてもちょっと毛先を切ろうかなというようなときに切ってしまうことで引き起こされます。パーマというのは毛先からくるくると巻いて作っているわけですから、毛先を切るということは最もパーマが強い部分を切ってしまうということです。そのため、取れやすくなりますし、下手をすると短期間でとれる原因となってしまうのです。
Qqmnbnmet3ft8dxgfwaj
しかし、それでも他に原因も見当たらずにパーマがとれてしまうという時には、実はあなたの髪にかかったパーマが弱かったということも考えられます。こうしたパーマがすぐにとれるというトラブルが多いのは、パーマをかけるのが初めてと言う人などです。弱すぎる場合、翌日起きてみたらまっすぐの状態になっていたという時もよくあります。
Qfqmgmi3dulhcg21lkxq
そんな時には自分で判断することができませんので、美容院に連絡をして「少し見てもらえないか」と聞いてみると良いでしょう。そう聞いてみると美容師さん側もあ、弱すぎてかかってなかったのかな、と思ってきちんと見てくれるはずです。
Zlwdjziyrfag7yj6oqbg
パーマをかけた後にアイロンを使うとなると、気を付けておかなければならないのが髪へのダメージです。パーマをかけた後というのは非常に髪にダメージが溜まっていますので、アイロンを使うとよりダメージが蓄積されてしまいます。特に気を付けておかなければならないのが乾燥で、最悪の場合は乾燥がひどすぎてチリチリとした髪になってしまう可能性もあるでしょう。
Qslp5itveds6dqhd6eir
そのため、アイロンを使ってセットを作る時にはアイロンの温度は常に150度から170度に整えておくのがおすすめです。高温と違い、髪に対してのダメージもある程度抑えられますので髪の根元からゆっくりと滑らせるようにアイロンを使ってセットしましょう。パーマが取れやすい人はなるべくアイロンを使う回数を減らして、取れにくい状態を保つのがおすすめです。
Tg6mmkluzlod6ydtprqw
パーマをかけてから、髪をセットしようと思った時に意外と悩むのがワンカールを作る時の作り方です。ワンカールは程よくくるりと毛先が内側を向いていて、柔らかな雰囲気と顔に少し丸みを帯びるのでとても可愛いヘアスタイルに仕上がってくれるのですが、巻き髪を作るアイロンなどだと巻きすぎてしまうなどの問題も多いです。
Rfst7wfo27ybt1qeioyh
そんな時に活用するのが実はストレートアイロンです。ストレートアイロンは癖のある髪を伸ばすようにしてまっすぐの状態に整えるものでもありますが、内側に向けて少し巻くように伸ばして使うと綺麗なワンカールになります。またストレートアイロン自体が毛先の方だけしか使いませんから、ダメージも抑えられておすすめです。
U7q8m86qwrhdrd9ivwhe
髪をセットする時、髪を濡らしてセットする人も実は多くいます。ミスト系の寝癖直しやスタイリング剤などもあるように、髪を濡らすというのはかなり有効なセットの作り方の一つでもあります。しかし、アイロンでセットを作るという場合には、これが全く違い逆効果になるようになるのです。
Lmtghtsetqamzsppkw6s
水で濡らすと髪を伸ばすのが楽になることもあるでしょうが、アイロンを使うと一気に水蒸気となって蒸発してしまいます。このような水蒸気となって蒸発する場合、髪の内部にある水分も一緒に蒸発してしまうと共に、熱ダメージが髪に襲い掛かるのです。髪をセットしていくのであれば、乾いた髪でアイロンを使わなければダメージを蓄積させた髪になり、後悔します。
Q6nief9p8hglzcrwp1cb
こちらは少し違い、ちょっとした注意にもなるのですがアイロンを使うだけでなく、パーマをかけているのであれば気を付けておきたいのがダメージケアです。アイロンを使うということはパーマとは別のダメージ源が増えるという事です。ダメージ減に違いがあれど、ダメージはダメージです。蓄積されていくことで髪はバサバサになり、セットを作る時にも大きく影響してきます。
Ej2i3y1brahw6vihcjue
綺麗なセットの作り方の前提条件は、しっかりとケアされているまとまりのある髪であることです。パーマやアイロンを使ってダメージが蓄積している髪は、その分ヘアケアでダメージを改善してあげなければなりません。綺麗にセットを作るためにも、洗い流さないトリートメントなどを使って、ダメージの少ない綺麗な髪を目指しましょう。
Jshx74sr9ibwhdczi95z
アイロンはパーマと違い、色んな髪へのアプローチを楽しむことができます。伸ばすことでストレートにもできますし、くるりとカールさせればパーマを長持ちさせることもできます。その分ダメージも蓄積されてしまいますが、ダメージケアをきちんとしていれば綺麗な髪のままヘアアレンジも楽しめます。ヘアアイロンでパーマと違い、自分で作るヘアスタイルをセットしてみてはいかがでしょうか?
Ofhdxvzvovmiaeukx486
O1elttdk8hutoghs3iiy
パーマでアイロンを使っても良いか、というのは期間によって違いも出てきます。パーマ直後はおすすめできませんが、1週間ほど置いておけば後はストレートアイロンで伸ばすのも大丈夫になります。安定期を超えれば伸ばしてワンカールでも、ストレートでも大丈夫ですので、実はヘアセットにもおすすめだったりします。ぜひ、色んなセットに挑戦してみてください。
W33iifb9nifd0mdamw5o