Fzjjifmuetqvj72idsnv

ヘアケア

CATEGORY | カテゴリー

パーマ後のシャンプー大丈夫?時間や水洗い、おすすめ市販商品も紹介

2018.09.20

できるだけパーマを長持ちさせたいけれど、パーマ後のシャンプーって大丈夫なんでしょうか?パーマやカラーの何時間後からシャンプーしてもいいの?水洗いは?今日はパーマ後のシャンプーについて、おすすめシャンプー・トリートメントの市販商品もあわせて紹介します。

目次

  1. パーマ後のシャンプーについて パーマ後は我慢が必要?
  2. パーマ後のシャンプーについて パーマの仕組みを知ろう
  3. パーマ後のシャンプーについて パーマの仕組みを知ろう ウソ・ホント
  4. パーマ後のシャンプーは大丈夫?何時間待つの?
  5. すぐにパーマがおちてしまう理由は?
  6. パーマ後のおすすめ市販のシャンプー
  7. パーマ後のおすすめ市販のシャンプー ストーリア ベルーガ アミノ酸 シャンプー アミノダメージケア
  8. パーマ後のおすすめ市販のシャンプー エヌ・エル・オー ケラスターゼ DP バン フルイダリスト1
  9. パーマ後のおすすめ市販のシャンプー アクアノア アミノレスキューシャンプー
  10. パーマ後のおすすめ市販のシャンプー デミ コスメティクス ミレアム シャンプー
  11. シャンプーは洗い方も大事
  12. まとめ
Img 1529athrow
引用: https://throw-hair.com/wp-content/uploads/2017/01/IMG_1529athrow.jpeg

最近はゆるフワとかワンカールパーマが人気ですよね。毎日の朝のスタイリングがとっても楽になるし、毎日アイロンを使う時間も髪へのダメージも軽減されて、何より女子力が上がる感じ。

B 36
引用: http://haircare-laboratory.com/wp-content/uploads/2016/06/B-36.jpg

でも、せっかくかけたパーマを長持ちさせるために、パーマって我慢が必要だと思っている人が多いですよね?実際、美容院で今日はシャンプーしないで下さいね、とかせめて24時間はシャンプーは我慢しなくちゃいけないとか、色々言われています。でもパーマをかけた後って薬剤の臭いが気になるし、美容院でのスタイリングでワックスとかムースとかつけられてそのまま寝るのって結構ツライ。でもパーマを長持ちさせるためだ!と臭いままで頑張る人がほとんど。

E27995ed7162dba84b1e4553414d6f07 e1507635605741
引用: https://beauty-note.jp/wp-content/uploads/2017/10/e27995ed7162dba84b1e4553414d6f07-e1507635605741.jpg

パーマ後にシャンプーをしてはいけない理由として、美容師さんが言うにはパーマをかけた直後はまだ形が決まっていない、パーマ液が髪に浸透するには24~48時間必要だから、シャンプーすると浸透させたいパーマ液が洗い流されてしまって、パーマのもちが悪くなる、というもの。実際に美容院やブログでそう語る美容師さんが沢山いるので、素直にそれに従って、パーマをかけた当日は素直に我慢している人がほとんどです。そして一晩でも大丈夫、とか24時間はシャンプーを我慢しなくちゃいけないとか、色々な話がとびかっている状態。

それに、パーマと一緒にカラーリングする人も多いと思いますが、これもカラーした当日にシャンプーすると折角のカラーがちゃんと髪に入らないから、やっぱりシャンプーは我慢して、と言われるんですよね。

Image15 225x300
引用: http://www.eaunotienda.jp/wp/wp-content/uploads/2015/10/image15-225x300.jpeg

そんなパーマ・カラーの後にシャンプーをしたらダメなのか検証するためにも、パーマの仕組みを簡単にお話します。このパーマがかかる仕組みを知ることで、パーマ後のシャンプーが本当にダメなのか、大丈夫なのかが分かるはず。

髪の毛はタンパク質が結合してできています。パーマでは、このたんぱく質の結合を薬剤を使って切り離し、させたい形状でまたタンパク質同士をくっつける、ということを行っています。

O0287022111313766429
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20110626/15/hibiki09/11/4a/g/o0287022111313766429.gif

本来の髪の毛がストレートの人の場合、1-1、2-2、3-3とタンパク質どうしがまっすぐくっつきあっているんです。これを薬剤を使って1、1、2、2、3、3とバラバラにします。そしてロットで巻いた形で隣同士にいるタンパク質同士をくっつける、1-2、2-3、3-1このずれた結合がうねりとなってカールが実現する、という仕組みです。

1/6

続きを読む