Lglsawuf4a2eahcve1je

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

ロクシタンのリップは荒れる?気になる口コミや使い方を徹底解説!

2018.09.17

フランスのスキンケアブランド、無添加で有名なロクシタン。でもリップは荒れるという噂がありますが実際のところどうなんでしょう?そこで今日はそんなロクシタンリップ12gの使い方やローズやスティックなどの種類、uv効果など、口コミとあわせて解説していきます。

  1. ロクシタン
  2. ロクシタンのリップ 種類と成分
  3. ロクシタンのリップ 種類と成分 シア リップバーム
  4. ロクシタンのリップ 種類と成分 その他のリップバーム
  5. ロクシタンのリップ 種類と成分<リップスティック>
  6. ロクシタンのリップ シアバターとは
  7. ロクシタンのリップ 効果・働き
  8. ロクシタンのリップ 使い方
  9. ロクシタンのリップ 口コミ
  10. ロクシタンのリップ 唇が荒れる?を検証する
  11. まとめ
引用: https://www.lucua.jp/image/shop_info/12/2.jpg
1976年創立のフランスの化粧品のメーカーであるロクシタンはオリビエ・ボーサン氏がローズマリーを蒸留し、エッセンシャルオイルをプロヴァンスのマルシェで売り始めたのが始まりです。日本には1996年11月東京銀座に1号店がオープンしています。その商品はすべて無添加・無着色、100%植物由来の原料を使用していることが特徴。約80ヶ国で支持を受けています。
引用: https://img.loccitane.com/ocms/img/lib/_2013_StaticContent/OCC_ab47f23d3b97499da62199a24bbc8663.jpg
ロクシタンのリップは期間限定のキットに含まれるものも含めて、日本ロクシタン公式サイトでは、現在5種類販売されています。
引用: https://img.loccitane.com/P.aspx?l=ja-JP&s=500&e=png&name=%E3%82%B7%E3%82%A2-%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%95%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%A0-%E3%83%AD%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%82%BF%E3%83%B3%E5%85%AC%E5%BC%8F%E9%80%9A%E8%B2%A9&id=01BL012K15&v=2
ロクシタンが世界に広めたシアバターに使いやすく植物油を配合したもの。シアバター100%のように手で温めて柔らかくする必要がなく、直接唇に塗って使える便利なリップバーム。内容量12ml/12g/0.4oz 販売価格1,800円
引用: https://beaute.googirl.jp/wp/wp-content/uploads/2018/02/sheabutter13542-top.jpg
全成分:野菜油、ヒマシ油、(オレイン酸/リノール酸/リノレン酸)ポリグリセリズ、ヒマワリ種子油、シア脂、ミツロウ、水添ヒマシ油、水添パーム核油脂肪酸グリセリズ、水添パーム油脂肪酸グリセリズ、トコフェロール、香料
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQTY13B4Qtbnk65IliYy0DXdL99aPLqKXGY0nhznWLnB-5nEf2Euw

チェリーブロッサム リップバーム

引用: https://img.loccitane.com/P.aspx?l=ja-JP&s=500&e=png&name=%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%A0-%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%95%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%A0-%E3%83%AD%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%82%BF%E3%83%B3%E5%85%AC%E5%BC%8F%E9%80%9A%E8%B2%A9&id=24BL012CB5&v=2
チェリーブラッサムといえば甘くて切ない初恋の、ちょっと胸がキュンとするような香り。このリップバームもそんな甘くて切ない香りの無色のリップバームです。無色なのでいつでもささっと唇ケアできます。内容量12ml/12g/0.4oz 販売価格1,800円
引用: https://d28m5bx785ox17.cloudfront.net/v1/img/MKi6jfQAdl_OplKnOBBJIBzS6V7XVbzca1GmyJCE1TE=/sc/600x600?spatialTags=0.468085:0.753401,0.387234:0.522109
全成分:オクチルドデカノール、ヒマワリ種子油、野菜油、(オレイン酸/リノール酸/リノレン酸)ポリグリセリズ、ヒマシ油、グリセリン、トリヒドロキシステアリン、シア脂、ミツロウ、水、ホホバエステル、ヒマワリ種子ロウ、水添ヒマシ油、スミノミザクラエキス、フサアカシア花ロウ、スクラロース、ポリグリセリン?3、PG、トコフェロール、香料、赤201

ローズ リップバーム

引用: https://image.make-book.jp/item/image/normal/2904717.jpg?time=1467350863
ローズ オードトワレでも人気の4種類のバラのエキスを使用しています。4種類のバラをブレンドしし、花びらに熱を加えずにバラ本来の香りを抽出する古典的なアンフルラージュ法(冷浸法)を用いてエキスを抽出。新鮮なローズの香りで癒されます。このリップバームには淡いピンク色のリップです。内容量12ml/12g/0.4oz 販売価格1,800円 ※成分情報は記載されていません。

ヴァイオレットブーケシア リップバーム

引用: https://img.loccitane.com/P.aspx?l=ja-JP&s=500&e=png&name=%E3%82%A6%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%95%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%82%B7%E3%82%A2-%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%95%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%A0-last-chance-%E9%80%81%E6%96%99%E7%84%A1%E6%96%99-%E3%83%AD%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%82%BF%E3%83%B3%E5%85%AC%E5%BC%8F%E9%80%9A%E8%B2%A9&id=01BL012V16&v=2
スミレの香りの限定シアシリーズリップバームです。限定商品のため、在庫が無くなり次第販売は終了します。内容量12ml/12g/0.4oz 販売価格1,600円

フランボワーズフリジア リップバーム【期間限定】

引用: https://img.loccitane.com/P.aspx?l=ja-JP&s=500&e=png&name=%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%82%A2-%E3%83%95%E3%83%AC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%95%E3%83%88-last-chance-%E9%80%81%E6%96%99%E7%84%A1%E6%96%99-%E3%83%AD%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%82%BF%E3%83%B3%E5%85%AC%E5%BC%8F%E9%80%9A%E8%B2%A9&id=JPOCVKIR00844&v=2
以前期間限定で販売された人気セットの限定再販です。香りながら潤うフラワーオイル配合。フラワーオイル成分:イランイラン花油=幸福をもたらす香り。ローズ(ダマスクバラ花油)=美容に最適なオイルのひとつ。ゼラニウム(ニオイテンジクアオイ花油)=肌をやわらかくしなやかに。内容量12ml/12g/0.4oz 販売価格8,500円(キットの価格です。単品売りはされていません。)
引用: https://assets.ibeautystore.com/images/20000/06/20681/16882_700.jpg
上で紹介したリップを見た際、あれ?と思った方いるはず。スティックタイプがないんです。でも輸入雑貨を取り扱うお店やネットショップでスティックタイプを見かけたことがある人も多いでしょう。なぜ、上に紹介した中にスティックタイプがないかというと、日本ロクシタンの取り扱いではないからです。
それぞれのショップが輸入してきたものを販売したりする並行輸入品であるか、注文してから個人輸入扱いで手元に届くもの。スティックタイプの方が使いやすいという人が多いこともあり、取り扱いの件数が多くなっています。スティックですので、チューブタイプよりはテクスチャが固め。そのため出し過ぎやつけ過ぎることがなく人気です。
ですが、日本ロクシタンの品質保証はされませんので、例えば商品が劣化していて、肌トラブルになってしまったなどという場合は自己責任になりますので、購入の際は信頼のおけるショップでの購入をおすすめします。
スティックタイプ成分表:ココグリセリル、水添ヒマシ油、シア脂、キャンデリラロウ、ミツロウ、野菜油、香料、酢酸トコフェロール、水添野菜油、α-イソメチルイオノン、安息香酸ベンジル
ロクシタンリップに配合されているシアバター。すでにかなり有名なものなので耳にしたことはあるハズですが、少し詳しく紹介しておきます。
引用: https://img.loccitane.com/ocms/img/lib/_2013_staticcontent/OCC_156094.jpg
シアバターとは、西アフリカから中央アフリカに生息するシアの木の実から採れる植物性油脂のことです。現地では古くから食用油脂として使ったり、日差しから皮膚を守るために肌に塗ったり、また、ケがやヤケドに治療に使ったりと万能薬として重宝されてきました。
引用: https://img.loccitane.com/ocms/img/lib/_2013_staticcontent/OCC_156098.jpg
1980年代に西アフリカを訪れ、シアバターの効能に着目し、広めたのがロクシタンです。以降スキンケアの材料として様々な形で私達の手元に届くようになりました。もちろん精製しただけのシアバターもいまだ愛用され続けています。
引用: https://img.loccitane.com/ocms/img/lib/_2013_staticcontent/OCC_156105.jpg
シアバターは実の中の中心、種子の胚の部分から作られます。熟して地面に落ちた実を拾い集め、種子から胚を取り出し乾燥させてから粉砕し焙煎、脂肪分を抽出します。これらは現在でもほとんどの工程がアフリカの女性たちによる手作業で行われているんですよ。ロクシタンの場合、乾燥・粉砕・焙煎・ペースト状にするまでを西アフリカで行い、そこから先の工程は、南仏マノスクのロクシタン工場で行われています。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTmlEl3NXDMJMbRasLrPvIzbjXuSxnhyEdi7YJiv7CAVOmEWKztRQ
ちなみに、シアバターにはクリーム色がかった未精製のものと、ロクシタンのように真っ白に精製されたものがあります。精製シアバターは不純物が取り除かれているため品質が安定しており保存が未精製のものより長くなります。
引用: http://hadalove.jp/wp-content/uploads/2015/05/748a06dd66d29742d730ea4afcca697b.jpg
ロクシタンのリップの効果はすなわちシアバターの効果ともいえます。つまり保湿効果です。唇は皮膚と違って、角質層が1/3の厚さしかないんです。しかも皮脂を分泌する皮脂腺がないんです。角質層が薄ければそれだけ保持していられる水分もすくなく、皮脂が分泌されないわけですから、とても乾燥しやすいということになります。
つまり、そんな角質層の薄い唇にシアバターで油脂の膜をつくり外からの刺激と内側からの水分蒸発を防ぐという働きがあります。

uv効果はある?

引用: http://nagaiganka.or.jp/nagai_wp/wp-content/themes/nagai-tmp_sp/images/glaucoma/img_glaucoma02.jpg
シアバターについての資料をみると、uvケア効果があると書かれています。ですがこのuvケア効果は未精製のものに限った効果です。精製されたものは、不純物を取り除く時点でuvケア効果のある微量有効成分も取り除かれています。ですので、シアバターが配合されているリップをぬったからと言ってuvケア効果があると思ってはいけません。
ですが、uvカット効果のあるものを塗る前にリップをぬることでuvカット成分が直接唇にあたることを防げます。ですのでスキンケアの仕上げとしてuvカット成分から唇を守るためにリップをぬることは大切なことです。
引用: https://www.kilat.jp/prod_img/KS1395_1.jpg
リップパックなどには缶入りのシアバターを使った方が良いので、ここでは基本的な使い方を紹介します。

①リップを温める

シアバターは常温では固いという性質があります。リップはシアバター100%ではなく、また乳化剤などが添加されていますのでシアバター100%よりは柔らかいテクスチャです。ですが、まず、チューブから”少量を”指にとり、指先の体温でリップを温めます。チューブは直接ぬれるのが便利ではありますが、公式サイトでも正しい使い方として指にとるとの記載があります。

②唇に縦に塗る

引用: https://img.dmenumedia.jp/bibeaute/wp-content/uploads/2017/11/pixta_23264424_S-450x383.jpg
殆どの人が、左右に往復させる使い方をしているはず。でも、正しくは唇のシワにそって縦につけるのが正しい使い方です。この方が唇の皮ムケなどをおこさずまんべんなくぬることができます。

③1日5回まで

リップをぬるということは、その分唇に摩擦が起きているということ。こまめにつけるといっても1日5回くらいまでにした方が唇にとって負担になりすぎません。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTQZvlKgTQwLUfSreTsg4FxF41Xwkwhmp8f20Wu6p-TE2WEbWOQwg
実際のみんな感想はどなっているのか、口コミを見ていきましょう。まずは日本で販売されているチューブタイプ12g入りのものからです。
ロクシタンの香りは好きなのですが、リップに関しては香りの強さが私には合いませんでした。初めて使用した時は食欲減退するほどでしたが、使用回数が増えるにつれ徐々に慣れてはきました。ただ、食事が近い時は塗るのを控えています。

結構甘くて油っぽい香りが際立って感じます。油臭さを消そうとして油と甘さが混じって最悪になってしまったような香り。 比較的薄めに塗っても重めで、さらっと使いたいというよりは、結構存在感があって、香りもあるのでだんだん使わなくなってしまいました。

引用: https://img2.bellemaison.jp/product/pic_m/490201310/D82711pm01_4901310.jpg
ロクシタンのハンドクリームが好きなのでリップクリームも大丈夫だと思いこみ購入。 日中の口紅のベースと就寝前の保湿に使用しました。 しかし、私には全く合いませんでした。匂いは強いもののそれほど嫌ではなかったのですが、保湿効果が全然ない、というか逆に荒れてゴワゴワになってしまいました。3日ほど我慢して使いましたが限界…

もともとロクシタンが好きなのですが(お花の香りが好き) これはあんまりロクシタンぽい香りがしない?? のと、保湿効果はあるんでしょうが私の口には馴染まなかった。。

引用: https://d28m5bx785ox17.cloudfront.net/v1/img/OUNuy0rkYKDRjafqQhVXiyVC40QguA4x-5XcPjScgiQ=/sc/600x600?spatialTags=0.229068:0.486726,0.699842:0.527181
また、ローズリップバームに関しては、ローズ オードトワレを愛用していて、同じ4種のバラと書かれていたので楽しみにしていたら、ローズはローズでもすごく人工的な香りがして香水とは全く違う臭いがしたという残念な口コミが多数ありました。ローズリップバームに関してはほとんどのひとがローズ オードトワレ愛用者のようで期待が大きかった分、残念さも大きかったのではないでしょうか。
引用: https://www.geefee.co.jp/sites/default/files/styles/page_image/public/article/images/sheaboter_0.jpg?itok=fddMt8Td
こちらはスティックタイプの口コミです。上で紹介したとおり、スティックタイプはテクスチャが固いためかなり使いづらいという口コミが多数ありました。
お土産で海外のスティックタイプのものを頂いたのですが、とにかく固い。使いづらくて引き出しにしまってしまいました。

@コスメにおける口コミ・評価は正直どれも良くありません。@コスメでの口コミ評価は☆7点満点中2.8。どうやら皆さん、香りが引っかかっているようです。もともとのロクシタン愛用者がセット売りになっていたリップバームを手に入れ、使ってみたらあまりの匂い(臭い)にショックを受けた、といった口コミが散乱しています。
また、シアバターが配合されてはいますが、配合されているということは100%ではありません。チューブタイプにするために乳化剤や防腐剤、それに香料も添加されています。確かにロクシタンは無添加・オーガニック製品のブランドではありません。ですが香水のようにやわらかい香りを好む愛好者たちには衝撃的なようですね。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/haru456-good/imgs/1/d/1d3f8e15.jpg
ロクシタンのリップを使うと唇が荒れる、という口コミや噂があります。実際の所本当に唇が荒れるのかどうか検証してみましょう。
ロクシタンのリップは公式サイトに成分が掲載されているものとされていないものがあります。ですが、言える事は、ロクシタンはオーガニックブランドではないということと、リップには香料が添加されているということ。
引用: http://www.nisshin-perfumery.com/wp-content/themes/darkblue/images/IMG_0048.jpg
口コミにあるように、その匂い・香料が受け付けられないという人が多くいるのも事実です。敏感肌でなくても香料による皮膚トラブルは起こり得ます。また、唇は皮膚よりも角質層が薄くそういった刺激に対して敏感です。ですので荒れるという人は香料によるものが一つの原因と考えられます。
引用: https://www.kampo-view.com/wp/wp-content/uploads/2017/10/rip_00-1024x768.jpg
他には、これはロクシタンに関係なく、リップの使い方に問題がある場合があります。リップには100%ではなくてもシアバターが配合されていて、シアバターは常温では固いという性質があります。つまり柔らかくなっていないリップを唇につけて、唇同士をこすり合わせて伸ばすようなリップの付け方は唇が荒れる原因となります。
引用: http://organic-suirens.com/wp-content/uploads/2016/06/%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%A0%EF%BC%93.jpg
チューブから出し過ぎてリップをつけ過ぎてしまい、気になって指でこすったり伸ばそうと唇同士をこすり合わせたり、また、無意識に舐めてしまったりという行為は、どんなリップであっても唇が荒れる原因です。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTxajjgH-7uetac1u4Wjxl6eEhh8r9h3JHbTT7TSzaS1H8hc41FUw
ロクシタンのリップで荒れるという人は、まずはリップの使い方を見直し、それでも改善されない場合は香料による肌トラブルが考えられますので使用をやめましょう。刺激の少ない缶入りのシアバターに切り替えることをおすすめします。
引用: http://www.cosme-de.net/html/images/LOS0853.jpg
ロクシタンのリップについて、スタンダード、ローズ、チェリーブラサムなど12gチューブ入りのもの、並行輸入品のスティックタイプのものについて、使い方やuvケアについてや荒れるといった口コミの検証までご紹介しました。使用してみたいという人は店頭で香りやテクスチャを試してから購入して下さいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://static-maquia.hpplus.jp/upload/image/manager/181/FBFYeVA-1200.jpg