Shze9bht2bbyltsqajeg

ヘアケア

CATEGORY | ヘアケア

パーマがとれるのは長さが原因?長持ちさせる方法を徹底解説します!

2018.09.17

パーマがとれるのには長さが原因の場合もあるようです。パーマの持続期間は早いと1〜2週間ほどでとれることもあるようですが、ショートやミディアムのように長くない方でも長持ちする方法をしっかりチェックしていたほうが安心です。そんなパーマと長さについて解説します。

  1. パーマがとれるのは長さが原因?
  2. パーマがとれるのはどうして?
  3. パーマがとれる原因とは?長さが関係しているの?
  4. パーマがとれる原因とは?長さが関係しているの?「髪質」
  5. パーマがとれる原因とは?長さが関係しているの?「パーマ当日のシャンプー」
  6. パーマがとれる原因とは?長さが関係しているの?「ドライヤーの乾かし方」
  7. パーマがとれる原因とは?長さが関係しているの?「長さ」
  8. パーマを長持ちさせる方法!
  9. パーマを長持ちさせる方法!「ヘアゴムはなるべく使用しない」
  10. パーマを長持ちさせる方法!「アフターケアはしっかりと」
  11. かなり早い期間でとれてしまったら...
  12. まとめ
Iqwsotxjxyvfvzexchg5
せっかくパーマをかけたのに、早い期間でとれてしまったりしたらショックですね。いつかはとれてしまうのがパーマではありますが平均期間よりも早い場合にはなかなか気持ちも収まりません。パーマはの持ちは美容師の方のミスと言うこともありますが、アフターケアや長さなどが原因と言うこともあるのです。そんなパーマの期間についてやとれてしまう原因、長持ちの方法などについてご紹介して行きたいと思います!ぜひチェックしておきましょう!
Jenrreoh6xcftyo20itu
Ckgjr6uy6ju6ymdevteh
ではまずパーマが取れてしまう原因について見て行きたいと思います!パーマをかける時には、ざっくりとご説明すると髪のシスチン結合を離して、形状を固定してまた結合させていると言う事を行っています。シスチン部分の形状はパーマ時のカールがかかっていますが、キューティクルは髪が伸びるにつれて、まっすぐに戻っていこうとするので結果的にパーマがとれてしまうと言う事に繋がって行きます。特に髪が濡れた時には伸びやすくなるそうです。健康な髪の一般的な場合ではこのようにとれていくようです。
Zzbmennvhgyd11z2mfub
Qu5jccrhckh5hdtsshbo
では自然とパーマがとれてしまう仕組みについては分かりましたね。ではパーマがとれる他の原因についても見て行きたいと思います!主にパーマの持続期間はパーマの種類にもよりますが、1ヶ月から1ヶ月半ほどは持つといわれています。それよりも早い期間でとれてしまった場合には、他の原因があるかもしれません。ぜひチェックしておきましょう!
Sl4edfaxdpm73jaduqpi
Tsxfdv3calq5bupaafan
髪質と言うのはどうしても影響してしまいます。太くしっかりした髪質の場合や、細い場合にはかかりにくいと言われています。太い場合には薬剤が浸透しにくかったりしますし、細い場合には髪自体の重みによって、カールの形状を保てないと言う事が考えられます。また、今までパーマをしたことがない髪の場合にもかかりにくい事があるようです。ですので、早い期間でとれてしまった場合には髪質の可能性もあります。
Lp2niorf0oewwkamsnnq
Tpcefhk5zsfuakkfbd4n
早い期間でとれる原因のひとつとして、パーマをした当日にシャンプーをしてしまう事にもあるようです。まだ髪自体が落ち着いていない状態なのに、髪を濡らしてしまったりするのはパーマの持続からすると、とってもよくありません。理想としては2〜3日はそのままにしておいた方が良いと言われているほどです。パーマ液の匂いが気になったとしても、最低でも当日のシャンプーは控えるようにしましょう。

パーマがとれる原因とは?長さが関係しているの?「シャンプーの種類」

Mb7whrcyogd33nlab7oz
また、シャンプーの種類にも気をつけておきましょう。パーマ専用のシャンプーを使ったほうが、より持ちがよくなります。パーマをしたからと言ってシャンプーまで変えるのは少し手間に感じるかもしれませんが、シャンプーは毎日の事でもあるのでとっても重要です。ぜひ、こちらもチェックしておきましょう!
Budpjwdugvjt5bmrbo87
ドライヤーの当て方にもよってパーマの仕上がりが変わって来たりもします。パーマをしている時には、弱温風にしてパーマのカール感を保ったまま手のひらの中でくしゃっとさせてゆっくりと乾かすようにしましょう。また、パーマをしている毛先の方は乾きやすいです。ですので根元と毛先の乾き具合を見ながら、根元を中心に当てるようにすると安心です。ドライヤー自体を行う前に、しっかりタオルドライをしておくのも大切です。少しだけ毛先が湿ったままドライヤーを終了するのもおすすめです。

パーマがとれる原因とは?長さが関係しているの?「パーマ専用のスタイリング剤」

Yvt7llyq68bozjpvqhxm
ドライヤーをする時に、パーマ専用のスタイリング剤を使用しておくと言うのもポイントです。こちらは、手軽に使えますしぜひ使っておきましょう!単に乾かすだけよりも、安心して使うことができますし乾燥しがちなパーマ部分を保湿できるタイプもあります。
Phgjxmtetwrs8cx6skdk
ではこのページの表題にもなっている長さについても見て行きたいと思います!長さは関係しやすいです。長さがあるとその分ショートやミディアムよりも髪自体が重くなります。ともすると、少し大げさに言うと常に引っ張られている状態になるので、早くにとれてしまいやすいのです。ですので、ロングの方の場合には、オーダーする時に少しきつめにしてほしいと伝えたり、ケアの方法をしっかりしておいたりするのがポイントとなります。

ショートやミディアムくらいの長さなら安心?

Vgbtqgitrdxkzs0bucnc
ロングだととれやすいと言うことは、ショートやミディアムなら安心なのか?となりますが、ショートやミディアムの方でも、アフターケアが良くない場合にはどうしても早い期間でとれやすくなってしまいます。パーマをしてもショート・ミディアムだから大丈夫とケアをおざなりにしてしまうのは危険です。長持ちさせるためにも、パーマのためのケアをショート・ミディアムの方も行っておきましょう!
I7nzryxpcqsm0bvcihxv
では次にパーマを長持ちさせる方法についても見て行きたいと思います!上でご紹介した原因についてのチェックも忘れずに行っておきつつ、こちらの長持ちさせる方法もばっちり行っておきましょう!全部を毎日完璧に行うと言うのは、ちょっと大変ですがせっかくのパーマです。なるべく長く楽しみましょう!
Siv1efkow4vwqcscbky5
Jknhug78mb369e70z14l
ヘアゴムや髪をまとめるスタイリングは、パーマをしてから1週間はしないようにしておきましょう。その後であってもあまりおすすめできません。強い力でキュッと髪を固定してしまうと、それだけ髪の形状にも負担がかかり、伸びてしまいやすくなります。ヘアゴムなどの使用はなるべく少なくしておきましょう!
Rx4dhu9lxmphibnimhtq
これまでご紹介していきたアフターケアの方法は、ぜひしっかりと行っておきましょう!パーマをしてから1週間はなるべくばっちり行うべきです。なるべくカールを保つようにして大切にしてあげましょう。ちょっと面倒な部分はありますが、アフターケアによってかなり差が出ます。ぜひチェックしておきましょう!
C3r3rzsd2ayyvj3tojnm
もし、かなり早い期間でパーマが取れてしまった場合には、保証期間内であれば施術してもらった美容院でもう一度やり直してもらうこともできます。保証期間は美容院によって違いますが、1週間から10日前後ほどが多いです。アフターケアにもよって左右されるとお伝えしましたが、それでは無い場合などは一度美容院に相談してみるのも良いでしょう。
I41nxzyzaoqg39e11lgi
最後まで読んでいただいてありがとうございます!ここまでパーマがとれる原因や長持ちさせる方法などについてご紹介させて頂きました!せっかくパーマをかけたのにすぐにとれてしまっては勿体無いですね。とれてしまうのには、様々な原因がありますが少しでも長持ちできるように工夫しておくのが安心ですね。長さも関係しますが、ショートやミディアムの方にもおすすめの方法です。ぜひ試してみてください。顔にも髪にも使えるオイルに関する記事も発見しましたので、併せて読んでみて下さいね↓