Sm9s9rfwqjf97qfx9aa8

ヘアケア

CATEGORY | ヘアケア

パーマを長持ちさせるには?シャンプーやトリートメントなどもご紹介

2018.09.17

せっかくかけたパーマを長持ちさせたいと言うのは、誰しもが思うかと思います。パーマを長持ちさせるには、シャンプーやワックス、トリートメントやスタイリング剤、寝る時などポイントや種類がたくさんあります!市販のものでも対応できるものばかりですし、ぜひ試してみましょう!

目次

  1. パーマを長持ちさせたい!シャンプーやワックスの注意点は?
  2. パーマのメカニズム
  3. パーマが取れてしまうのはどういうこと?
  4. パーマを長持ちさせるポイントご紹介♪
  5. パーマを長持ちさせるポイント「当日のシャンプー・トリートメント」
  6. パーマを長持ちさせるポイント「パーマ当日のワックス」
  7. パーマを長持ちさせるポイント「ドライヤー」
  8. パーマを長持ちさせるポイント「パーマ専用スタイリング剤とは」
  9. パーマを長持ちさせるポイント「寝る時」
  10. パーマを長持ちさせるためのシャンプー・トリートメントの種類の選び方とは?♪
  11. パーマを長持ちさせるためのシャンプー・トリートメントの種類の選び方「アミノ酸系」
  12. パーマを長持ちさせるためのシャンプー・トリートメントの種類の選び方「保湿をしっかり」
  13. おすすめ市販のシャンプーご紹介♪
  14. おすすめ市販のシャンプー「デミ ミレアムヘアケア シャンプー」
  15. おすすめ市販のシャンプー「WELLA エンリッチ インテンス モイスチャライジング シャンプー N」
  16. おすすめ市販のシャンプー「ナプラ ケアテクトHBリペア シャンプー&トリートメント」
  17. まとめ
Yccf7lrgc7nqp2srgns6

パーマをかけたら少しでも長持ちさせたいと思うのは、誰しもが思うことではないでしょうか。取れたからといってすぐにまたパーマをかけるのは、髪のダメージも気になります。そんなパーマの長持ちに関するシャンプーやトリートメント、スタイリング剤、ワックス、寝る時のポイントなどについてご紹介して行きたいと思います!また、シャンプー・トリートメントの市販のものの選び方やおすすめについてもご紹介します!ぜひチェックしてみてくださいね!

Yavdmkayb5vrzhc07bpg

ではまずパーマのメカニズムについて見て行きたいと思いま!パーマのメカニズムをざっくりと説明すると、薬剤によって髪のシスチン結合を一度断ち切って、それをもう一度再結合させていると言うことです。一度柔らかくした後に、もう一度固めているような感じですね。なのでよく言われている、薬剤が髪の中に留まって、ずっと作用し続けているというのは少し違うんです。

Cmmgge0rus4qw1ibmtox

上で説明したように、もう一度固めているのであればパーマが取れることはなさそうな感じがしてしまいます。ですが、髪の外側にはキューティクルがあり、これは髪が伸びるほどにまっすぐになって行こうとします。そうすることによって、パーマは取れていってしまうのですね。パーマの種類にもよりますが、だいたいが1〜2ヶ月、デジタルパーマなどであれば3〜6ヶ月ほどが目安の期間です。

X1a79qvha97a8et3sstq

ではさっそくパーマを長持ちさせるポイントについて見て行きたいと思います!パーマはかなり難しいものでもあり、その時の髪の状態や髪質にもよってパーマの持ちなども変わっています。ですので、絶対にポイントを押さえておけば大丈夫と言うことは断言できませんが、少しでも長持ちに繋げられることにはなるかと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね!

Yuosdpsaphkzzasjvczz

これはぜひやめておきましょう。できれば水洗いですらも2〜3日はしないほうが理想的とも言われています。パーマ当日の髪はまだ落ち着いていませんし、落ち着くまでにはパーマから40時間ほどは負担になることをしない方がよいです。とは言っても、その通りにするのは難しいですが、少なくとも当日のシャンプーや水洗いなどは控えましょう。

Tff0qx89414lom8sp9h9
1 / 4