Zg6zjzhcqybidbpbguhf

ヘアケア

CATEGORY | ヘアケア

パーマの値段の相場って?ボブやロングなど長さと違いの理由を解説!

2018.09.17

パーマの値段の相場と言うのは、お店によっても違いますし分かりにくいです。またショート、ボブ、ミディアム、ロングなどにもよって安い高いが違ってきます。そんなパーマの値段や相場の違いなどについてご紹介して行きたいと思います!

  1. パーマの値段や相場は?どうして違うの?
  2. パーマの値段は種類によって違う?
  3. パーマの値段は種類によって違う?「コールドパーマ」
  4. パーマの値段は種類によって違う?「エアウェーブ」
  5. パーマの値段は種類によって違う?「デジタルパーマ」
  6. パーマの値段は種類によって違う?「水パーマ」
  7. パーマの値段は種類によって違う?「ストレートパーマ」
  8. パーマの値段、相場は?
  9. ショート・ボブ・ミディアム・ロングによって料金が違う
  10. 場所によってパーマの値段や相場が違う!
  11. まとめ
パーマスタイルはとっても流行していますし、ふわっとした感じが素敵ですし、ヘアセットの時間も短縮することができるとっても便利なものですね!ですが、パーマの料金設定はお店によってもかなり違いがありますし、パッとみた感じでは安い高いにどのような違いがあるのか分かりにくいものがあります。そんな時に参考にしたいのが、相場です。このページでは、パーマの値段の相場やショート・ボブ・ミディアム・ロングでの違いなどについてご紹介して行きたいと思います!ぜひチェックしてみてくださいね!
ではパーマと一言にいっても、たくさんの種類があります。そしてそのパーマの種類によっても値段が変わってくるのです。まずはそんなパーマの種類についてから知って行きましょう!ですが、それぞれのパーマの種類にもよって向いているスタイリングなどがあります。必ずしもパーマの種類がスタイリングに向いているか、髪質に合っているかと言うのは違ってきます。それぞれの特徴をチェックして、またなりたいスタイリングに向いているかを考えて種類を決定する方が良いですね!
いわゆる一般的なパーマです。もし、メニューの部分にパーマとだけ書かれていたらコールドパーマの可能性が高いです。コールドパーマの場合には比較的安い値段設定の場合が多いです。濡れている状態でカールが強くなる傾向があり、スタイリングをしやすいと言う良い点があります。パーマのもちとしては、2〜3ヶ月ほどが目安ですが、それよりも早く取れてしまう場合もあるようです。
最近人気なのがエアウェーブです。エアウェーブはコールドパーマに比べると比較的値段は高い傾向にありますが、パーマのもちとしては4〜5ヶ月ほどが目安となっていて、もちが良いです。パーマ自体の特徴としては、濡れている時もカールがなくなりませんしスタイリングしやすく、低温でパーマをかけていくので髪への負担が少ないです。髪が細い、柔らかい方でも利用しやすいパーマです。
現在主流となりつつあるのがデジタルパーマですね。何がデジタルなのかと言うと、ロッドごとに温度をデジタルで管理するからデジタルパーマなのだそう。相場としても少し高い傾向にありますが、パーマのもちが良く5〜6ヶ月ほどとなっています。濡れている時にはまっすぐになり、乾かすとカールが出てくるタイプです。しっかりとカールをつけることができるのですが、髪への負担も少々高めです。
ふんわりとした仕上がりにしたい時には、ゆるやかなかかり具合の水パーマもおすすめです。熱を使用しないタイプなので、髪への負担も少ないです。ゆるやかなパーマであることもあり、もちは2ヶ月前後と言われています。比較的安い値段設定となっていることが多いのも、利用しやすいのが水パーマです。あまりキツいカールにしたくない、少しエアリー感をプラスしたい、髪が傷んでしまっている時にはおすすめのパーマです。
では次にストレートパーマについても見て行きましょう!そもそもですが、ストレートパーマと縮毛矯正は違うものです。ストレートパーマはカールのパーマをして、ストレートに戻す時や、ボリュームを抑えたい時に使われるのがストレートパーマです。縮毛矯正は地毛自体にクセがある時に使われるもので、縮毛矯正をした部分の髪はずっとストレートを保つことができます。
そこでストレートパーマですが、もちとしては2〜3ヶ月ほどで値段としてはコールドパーマと同じくらいで、比較的安い値段で設定されていることが多くあります。縮毛矯正の場合はもちとしてはパーマをかけた部分はずっとまっすぐのままですが、髪が伸びて新しく生えた部分と差が出てしまいます。3ヶ月ほどでもう一度かけ直したりなどが必要です。相場としては1.5万円前後となります。
ではここまででパーマの種類や特徴については分かりましたね!ここからは、気になる相場について見て行きたいと思います!大まかに一般的な相場としては1〜2万円ほどで、やはりパーマの種類によってかなり違いが出てきてしまいます。コールドパーマは比較的安い方で8000〜1万円ほどが相場です。水パーマ、ストレートパーマも同じくらいの値段であることが多いです。
デジタルパーマになると1〜1.5万円ほどになり高めになります。エアウェーブになると、1.5万円以下の場合は少なくそれ以上となります。ですが、どれもクーポンなどもありますしお店ごとに特別価格があったり、キャンペーン、他のメニューと一緒にすることによる割引などがあるので、一概にも言い切れませんが、このくらいの金額が目安になります。ですが、パーマの種類以外にも値段が変わるポイントがあるんです。見て行きましょう!
ロング料金と言うのを聞いたことはありませんか?ロングの場合には使用する薬剤の量も違いますし、シャンプーにも時間がかかりますしシャンプー液も多く必要です。カットの場合にはロング料金を廃止しているお店であっても、パーマに関してはショート・ボブ・ミディアム・ロングなどによって、料金がプラスで発生することもあります。ですので、髪が長めの方は行く前に必ず確認しておきましょう!値段としては500〜2000円ほどで、長さやお店によって料金設定が変わります。

ショート・ボブ・ミディアム・ロングの長さの基準とは?

ではショート・ボブ・ミディアム・ロングの違いについても見て行きたいと思います!料金の決定には、その美容師さんの判断もあるかも知れませんが、それぞれの長さの違いについても見て行きましょう!ショートは正面から見た時に顎よりも短く襟足にボリュームが少ないもの、ボブは正面から見た時に顎よりも短く襟足にボリュームがあるもの、ミディアムは肩よりも下で胸よりも短いもの、ロングは胸よりも長いものを指します。自分の髪がどのくらいなのかの目安にしてみてくださいね!
ではパーマの相場を見ていく時に外せない場所柄と言うものも見て行きたいと思います。美容院のある場所によっても料金に高い安いがあるのです。都心部の方が比較的高めになっていて、地方の方が安い傾向にあります。ですが、キャンペーンなどがあったりもしますので、なかなか簡単には言い切れませんがそのような傾向にある事はチェックしておいた方が良いですね!
最後まで読んでいただいてありがとうございます!ここまでパーマの値段の違いや相場、ショート・ボブ・ミディアム・ロング料金などについてご紹介させて頂きました!せっかくパーマをするならお得にしたいですが、安い価格すぎると言うのも気になります。相場をチェックするのが良いですね!ぜひ後悔の少ないように、良い美容院を選んでくださいね!髪に使えるオイルに関する記事も発見しましたので、併せて読んでみて下さいね↓