Jpv5xeub6wuctkoyodqa

ヘアケア

CATEGORY | ヘアケア

パーマは寝る時どうする?カーラーやスタイリング剤など寝方を紹介!

2018.09.17

パーマをかけた時には寝る時のことも気になってしまったりもします。カーラーを使ったり、お団子で結ぶようにしたりなど寝方も気になったりしますね。そんなパーマをした時のショートやロングの場合の寝る時についてや、ムースやスタイリング剤などについてもご紹介します!

目次

  1. パーマをかけた時は寝る時にどうするべき?お団子に結ぶ?そのまま?
  2. パーマは寝る時にどうするべき?「まずはパーマの仕組みについて知る」
  3. パーマは寝る時にどうするべき?「どうしてパーマは取れてしまうの?」
  4. パーマは圧迫してはいけない!?カーラーやお団子に結ぶのはOK?
  5. 寝る時にはパーマを圧迫しないようにする!寝方とは?
  6. 寝る時にはパーマを圧迫しないようにする!「しっかり乾燥させる」
  7. 寝る時にはパーマを圧迫しないようにする!「後頭部に注意!」
  8. 寝る時にはパーマを圧迫しないようにする!「ショートの場合」
  9. 寝る時にはパーマを圧迫しないようにする!「ロングの場合」
  10. パーマをより長持ちさせるために
  11. パーマをより長持ちさせるために「シャンプーに気をつける」
  12. パーマをより長持ちさせるために「パーマ専用ムースやスタイリング剤」
  13. まとめ
Vhwnfwixkpfqdknmbvgq

パーマをかけた時には、寝る時の寝方にも気をつけたりして、少しでもパーマのもちを良くしたいと言う方は多いのでは無いでしょうか。アフターケアによってパーマのもちは随分と変わってしまいます。カーラーを使ったりお団子に結ぶようにしたりなど、方法は多くありますがどうしたら良いのでしょうか?そんなパーマをかけた後の寝る時の方法や、ショートやロングの場合、ムースやスタイリング剤などについてご紹介して行きたいと思います!ばっちりチェックしちゃいましょう!

Xqrk9k6p2tyut7algsqn
O4teb3uwfqjmqt9eyolc

ではさっそくパーマの仕組みについて見て行きましょう!パーマは最初に髪のシスチン結合を断ち切って行きます。そうすることによって柔らかいような状態にしておき、次に再結合させるという事をしています。再結合する時に、カールさせたい形状に固定すると言う事ですね。こうする事によって、形状をそのまま変えることができるのです。よく言われている、パーマ液がずっと作用し続けると言うのは少し違うのです。髪自体の形状を変えているのです。

Wwvlpkddkszzgahhhuar
Gogccwcudfxoyrykyb4l

形状を変えているパーマですが、パーマは1〜2ヶ月ほどで取れて行ってしまいます。これは、髪の外側であるキューティクルがあるためで、髪はどんどんと伸びていきます。この伸びる時にキューティクルもまっすぐになって行くので、どんどんとパーマは取れて行くのです。どうしても取れて行くことは抑えることができないようです。であれば、寝方などによって少しでももちを良くして行きたいですね。

Petu0cg22q5i1omhwfgf

パーマの基本的な部分は分かりましたね!パーマをかけたら40時間ほどは圧迫などをしない方が良いと言われています。それは、パーマは思っているよりもゆっくりと髪に定着するためです。ですので、その間にカーラーやお団子結びなどをしてしまうと、髪にとっては負担となってしまいますし、パーマのカールを潰してしまう可能性があります。カーラーやお団子結びはしない方がおすすめです。カーラー自体もカールとピッチが合うかわかりませんし、完全に合わせるのはかなり難しいです。お団子結びもカールを伸ばしてしまう可能性があります。

Zpusdv7ixknrziv7sqkb

どうしても仕事の邪魔などになってしまって、結ぶ時には軽く結ぶようにしておきましょう。できれば、1週間ほどは髪を結ぶことがない方がおすすめとされています。もちろん、当日などはやめておきましょう。カーラーやお団子を結ぶ方がカールが強くなりそうな感じがしてしまいますが、パーマをしていない時に行うのは良いですが、パーマ後にはしないように気をつけましょう!

1 / 3