Tbz1td0h7lf1py5s4ybs

ヘアケア

CATEGORY | ヘアケア

パーマの初めてはかかりにくい?女性におすすめの種類やもちも紹介!

2018.09.17

パーマを初めてかける時にはかかりにくいと言われていますが、本当にそうなのでしょうか?また女性におすすめのパーマの種類やもち、ロングの方の頼み方についてもご紹介して行きたいと思います!パーマは初めてだとかかりにくいのでしょうか?見て行きましょう!

目次

  1. パーマを初めてかける時はかかりにくい?
  2. パーマを初めてかける時はかかりにくい?「パーマの仕組みとは?」
  3. パーマを初めてかける時はかかりにくい?「なぜパーマはとれるの?」
  4. 初めてのパーマはかかりにくい?
  5. 初めてのパーマを失敗しない!女性におすすめの種類とは?
  6. ロングの方は要注意!?頼み方に工夫を
  7. 初めてパーマをかける方必見!アフターフォローをしっかりするともちが違う!
  8. 初めてパーマをかける方必見!アフターフォロー「当日のシャンプー」
  9. 初めてパーマをかける方必見!アフターフォロー「ドライヤー」
  10. 初めてパーマをかける方必見!アフターフォロー「パーマ専用スタイリング剤」
  11. 初めてパーマをかける方必見!アフターフォロー「ヘアゴムやピンなど」
  12. まとめ
Hnughsl4gt9apbcnlzai

パーマは今とっても人気が高いですし、ふんわりとした雰囲気に仕上げることができるので女性らしい感じもしっかりだせることができる素敵な髪型です。ですが、パーマを初めてかける時には、かかりにくいとも言われています。どんな点においてかかりにくいのでしょうか。また、女性におすすめのパーマの種類やロングの方は特に頼み方にも注意が必要です。そして、パーマのもちを良くするためにはどんな事が必要なのでしょうか?ぜひしっかり見て行きたいと思います!

Jbfjcadqwkcfvugyodbw
Uczn1iywfxd1mjx8yl26

ではまずはパーマの仕組みからざっと知って行きましょう!パーマは一度髪の毛自体のシスチン結合を断ち切って、その後もう一度結合させると言う事をしています。一度柔らかくして、再形成している感じです。ですので、髪の毛の形が変わったまま維持することができるのですね。元々の形自体を変えていると言う事なのです。よく言われているのは、髪の毛にパーマ液が残り続けてそのパーマ液が髪の毛のカールを作っているとも言われていますが、少し違いますね。髪自体の形を変化させているのです。

Is9djorg9knporor5tsc
Wzb30acsuiqsalgefgvh

髪の形自体が変えられているのならば、パーマが取れると言うことは無さそうな感じがしてしまいますが、髪の毛の周りにはキューティクルがあります。キューティクルは髪が伸びるとともに、まっすぐになっていくのでパーマが取れて行ってしまうのです。これがあるからこそ、パーマは伸びて取れてしまうと言う事が起こります。取れてしまうのは残念ですが仕方ありません。

Wmz1trdn25xo0rxraivx

初めての髪にはパーマはかかりにくいと言われています。パーマは傷んでいない髪、痛みすぎている髪、太い髪にはかかりにくいです。ですので、パーマを初めて行う場合には、あまり傷んでおらずパーマがかかりにくいことがあります。前回パーマをかけたのが5年前などの場合では、以前パーマをかけた髪はすでに伸びて切ってしまっている可能性があります。その場合もパーマを経験している部分の髪が無いので、初めてとも言えます。

Rp76r8vi6qprbs8vcfjg

初めてのパーマはかかりにくいのですが、パーマの種類によってはもちが良いものもあるので、初めての女性にはもちが良い種類もおすすめです。デジタルパーマやエアウェーブです。これらのパーマはしっかりとカールをつけることができます。デジタルパーマは高温を使い、エアウェーブはその名の通り空気を使ってパーマをかけていきます。ですが、エアウェーブはあまりカールのキツいものは得意とはしておらず、時間がかなりかかります。完成後の種類にもよって方法を変えるのが良いですね。

1 / 3