R2hvj1wcokfdru3zbm0w

ヘアケア

CATEGORY | ヘアケア

パーマではげるは嘘?女性の目立つ薄毛をカバーする方法を伝授!

2018.09.17

パーマをするとはげると言うのは昔から噂されていることですが、女性にとっては聞き捨てならないものでもあるかと思います。実際に薄毛になってしまったり目立つようになったらショックです。パーマの噂は嘘なのかはげるのか、回復するのかや頻度、カバーできるかをご紹介します!

目次

  1. パーマではげるは本当?嘘?
  2. パーマではげるのは嘘?本当?「パーマはどうしてかかるの?」
  3. パーマではげるのは嘘?本当?「パーマ液は刺激が強い」
  4. パーマではげるのは嘘?本当?「刺激から炎症する可能性がある」
  5. パーマではげるのは嘘?本当?「刺激からの炎症は回復する」
  6. パーマではげる?刺激を少なくするためのポイント!
  7. パーマではげる?刺激を少なくするためのポイント「シャンプーを低刺激のものに」
  8. パーマではげる?刺激を少なくするためのポイント「ゴシゴシ拭かない」
  9. パーマではげる?刺激を少なくするためのポイント「毛先からゆっくり梳かす」
  10. パーマではげる?刺激を少なくするためのポイント「薄毛が目立つようになったら頻度を変える」
  11. まとめ
Hpcksnefhnikitwhluap

パーマをするとはげると言うのは、古くからある噂話ではありますが、本当でしょうか?嘘なのでしょうか?髪は女性の命とも言われていますが、男性女性に関係なく薄毛が目立つようになったり、はげるのは気になるかと思います。そんなぱーまによってはげるかどうかや噂は嘘なのか、回復するのかや頻度、カバーできるかなどについて知って行きたいと思います。とってもデリケートな問題でもありますが、知らないまま薄毛が目立つようになってしまってはショックです。チェックしておきましょう!

Za8bib1xiwrbmcl2xvte
F9lvw9vme5g62rnpvnpv

ではまずパーマがかかる仕組みから見て行きたいと思います!パーマは髪にパーマ液が残って作用し続けると言われていたりもしますが、それは少し違います。パーマでは、一度髪の内部のシスチン結合を断ち切って、とっても柔らかい状態のようにしておき、その後再結合させているのです。ですので、しっかりと形が残るのですね。これがざっくりとしたパーマの仕組みです。

Hyzzgsfanihs0g6dlx93

ちなみに、パーマが取れて行くのは髪の外側にあるキューティクルが、髪が伸びるのと同時に少しずつまっすぐになっていくためと言われています。髪が伸びるのは止められませんし、自然に取れていってしまうのは免れないようですね。

D6tgpv5d0ka1sxznyg55
Rdzgbioiqom6hj4wfemi

上でご説明したように、一度髪のシスチン結合を断ち切り、再結合させるほどのものですので、とっても刺激が強いです。パーマ液自体の刺激も強いと言うのと、パーマ液によってシスチン結合が断ち切られた時に、毛が細くなってしまうことがあります。またもしくは、毛が耐えきれなくなり切れてしまうと言う可能性もあります。

Wdqhggxyk5dtskqlkzon

毛自体にハリ感が少なくなってしまって、くったりと柔らかい髪質になってしまう可能性もあります。これらが重なると薄毛のように見えてしまったり、目立つことに繋がります。薄毛に見えてしまうのは、目立つのでなかなかカバーすることが難しかったりもします。では刺激について、詳しく見て行きましょう。

Heqtmczaztyg9ivi2h6s

刺激が強いものに接触すると、刺激性接触皮膚炎を起こしてしまうことがあります。草むらなどに行った時に、覚えはないのに急に皮膚がかゆくなってしまったり、かぶれたりすることがあります。それと同じようなことで、パーマ液に反応してしまって刺激性接触皮膚炎となってしまうことがあります。状態はその時にもよりますが、ひどくなってしまうと薄毛の原因になる可能性もあるそうです。女性の場合には炎症で赤くなっている状態だけでも、気になってしまうかもしれません。

1 / 3