Hxtcb9hu9c94xjqmdg2h

ヘアケア

CATEGORY | ヘアケア

パーマの痛みを治すには?シャンプーなどチリチリ髪のケアを紹介!

2018.09.19

パーマは髪にダメージが蓄積し痛みにつながります。ひどい場合はチリチリとした髪になり、パサパサとした質感と相まってひどい髪になるほどです。パーマでの痛みを治すにはトリートメントやシャンプー、カットでケアしなければなりません。どうケアをすれば良いのか紹介します。

目次

  1. パーマで髪が痛んだら、どう治すの?ケアの方法が知りたい
  2. パーマによる髪の痛みはどうして引き起こされるの?
  3. パーマで痛みがひどいチリチリは治すことができるの?
  4. パーマで痛みの限界を超えたチリチリ髪はどう対処する?
  5. パーマで痛みのある髪をケアするにはシャンプーがおすすめ
  6. 痛みのある髪はトリートメントでもしっかりと補修する
  7. 髪がパーマ以外で痛みを与えられないよう、しっかりと乾かす
  8. パーマは痛みが付き物ということを考えて行うか決めよう
  9. パーマで痛みの限界になったチリチリの髪にならないためにも
  10. 最後に
Fgdjsqdfxforpzqyzfbp

パーマというのは薬や熱などで形を固定するため、非常に髪にダメージが入るものでもあります。健康的な髪の場合でもダメージが入り、治すために奮闘する物ですが、さらにひどい状態になっている人は髪がパサパサとしているだけでなく、チリチリとした状態になっていることも少なくはありません。

Iaumnrmubpr54ct9twqe

このパサパサとした状態で、さらにチリチリとしたパーマをかけたはずの髪は一体どのような原因で引き起こされるのでしょうか?そしてこのような髪をケアするためには一体どんなケア方法で治すのが良いのでしょう?今回はパーマをかけたことで引き起こされる髪のケアについてを紹介していこうと思います。チリチリになってしまって困っている人は参考に見てみてくださいね。

Dhzcsqdirwjawcjhzrl9

基本的にパーマで髪に与えるダメージは髪に浸透させるパーマ液と呼ばれる薬品とデジタルパーマなどの場合は、その後髪の形を固定するために使われる熱によるダメージがほとんどです。薬品でキューティクルを強引にこじ開けた後、髪の内部のタンパク質の繊維を強引に千切り、髪をカールさせている状態に再結合させていくために使われるものです。その分ダメージも酷く入ります。

Qkny45bobysgbzkgzo3j

再結合された髪の繊維というのは非常にもろくなっており、ダメージの入りやすい状態になっていますが健康的な髪でもこれだけのダメージが入るわけですから、健康状態の悪い、元からパサパサとした状態の髪だとより入ってしまうわけです。枝毛や切れ毛などはもちろん、下手をするとチリチリとした状態になることもあるでしょう。髪に痛みがひどく入ってしまう原因は薬剤や熱などもあるでしょうが、それ以上に髪の状態でダメージが入りやすくなってしまうのです。

Uialv24jw8posqmzjlwg

髪がパサパサの状態でダメージが限界まで入ると、髪がチリチリとした状態になり、まさに失敗したというのが分かるような髪型になってしまいます。せっかく可愛いまとめやすいパーマであったはずが、チリチリの酷い状態の見るのもいやになる髪になってしまうことでしょう。

Jvhm6ral3brkidvjw6to

そんなチリチリの髪は、トリートメントなどで何とかケアして治すことができるのかというのは、はっきり言ってまず無理です。すでにチリチリとした状態は髪がダメージを負い、限界を迎えている髪ですからもはやトリートメントやシャンプーではどうにもできない状態です。そんな髪に対してできることはほとんどありません。

1 / 4