Dtde4chzt9oktpkdvjte

ヘアケア

CATEGORY | ヘアケア

パーマのウェーブを維持するには?トリートメントなど方法をご紹介!

2018.09.19

ロングやミディアムの場合、パーマをかけるとその綺麗なウェーブを維持するために色々と大変だったりします。翌日出ないこともありますから、強めにパーマのウェーブを維持する方法は何でしょう?今回はそのためのスタイリング剤やトリートメントなどの使い方を紹介します。

目次

  1. パーマのウェーブが維持できない…、どうすればいいの?
  2. パーマのウェーブを維持するためにも、今使っているスタイリングの道具を見直そう
  3. パーマのウェーブを維持するためには、シャンプーは最低限に
  4. パーマのウェーブを維持するならば、コテやヘアアイロンは多用しない!
  5. パーマのウェーブを維持するなら、櫛やブラシにもこだわって
  6. パーマのウェーブを維持するために、トリートメントでしっかりケア
  7. パーマのウェーブを維持するのなら洗い流さないトリートメントもおすすめ
  8. パーマのウェーブを維持して強めに出すならスタイリング剤をしっかりと使おう
  9. パーマを長持ちさせていろんなアレンジを楽しもう
  10. 最後に
Ynm839cfnnsdiyisdbir

ロングやミディアムなどの長さになると髪をまとめるのにも便利そう、可愛いからというような理由からパーマをかける人も多くいます。パーマをかけるとウェーブやカールでアレンジも幅広くできますので女性としては嬉しいポイントなどもとても多く、髪型を楽しむことができます。

Qpszo2hvirs7v8tn7in0

しかし、そんなパーマは維持するのがかなり大変な髪型でもあります。ウェーブやカールなどは日に日に保ちにくくなりますし、中には数日で出ないと言う人もいます。スタイリングの為にもスタイリング剤などを駆使して強めに出るように工夫しても中々持たないと言う人もいるほどです。ではどのようにすれば出ないカールやウェーブを維持しやすくなるのでしょうか?今回はそんなパーマを維持するための方法についてを詳しく紹介します。

Vewodsobwx85a7djdw3l

パーマを維持するためにはロングやミディアムの場合特に道具の適正というものが必要不可欠になってきます。ドライヤーや櫛にブラシなど、基本的な道具でも実はパーマの維持のためにはかなり大きく関わってきます。ブラシや櫛の種類によっては髪を伸ばす特性があるためパーマが取れやすくなり、結果として短期間で出ない状態になったと言う人もいます。

Jidiehcdph7ejgp0vqqa

スタイリング剤なども髪に対してどうつけているか、というのも実は関係していますので、今持っている道具で自分のパーマに対してどう使っているかも一度見直してみましょう。朝や夜、自分がパーマに対してどんなケアをして維持させていこうと思っているのかを把握で着たら、いよいよ維持するための方法を確認して改善していくことが大切になります。

D10vm2t6fkmmmw2eiffb

パーマを維持するためにも気を付けておきたいのが実はシャンプーだったりします。パーマをかけた当日などは薬品を浸透させたことでの反応が今現在も進行中である場合もありますので、お湯のみで洗い流しておくのみに留めてください、と言われることもありますが、それ以外ではどうしてもシャンプーでしっかりと汚れを落としたくなるものです。

B8knjqsybkkcyqmbnoar

しかし、そうした薬品が浸透してようやくウェーブなどを形作っている髪に対して洗浄力の強いラウレス酸のシャンプーなどを使うとその強い洗浄力の力でパーマを弱めてしまうのです。また、強い洗浄力は髪にとって必要な油分なども一緒に奪い取ってしまいますからよりダメージの入りやすい髪にもなってしまいます。シャンプー自体も弱酸性の髪に優しいものを使い、パーマを落とさないためにも最低限の量にしておくことが求められます。

1 / 4