Fla3mr9zgewtclupghko

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

化粧水をつける順番って?基礎化粧品の効果を高める使用方法とは

2019.01.23

基礎化粧品である化粧水をつける順番って、迷ってしまいがちですよね。最近はプレ化粧水やブースターなども出ていて、正直とっても分かりづらいです。そんな化粧水の正しい順番と効果を高める使用方法についてご紹介して行きたいと思います!美肌をゲットしちゃいましょう!

  1. 化粧水の順番?
  2. 化粧水をつける正しい順番とは?
  3. 基礎化粧品の正しい順番と使い方
  4. 正しい順番と使い方「ブースター・導入美容液」
  5. 正しい順番と使い方「プレ化粧水・化粧水」
  6. 化粧水こぼれ話
  7. 正しい順番と使い方「シートパック」
  8. 正しい順番と使い方「美容液」
  9. 正しい順番と使い方「乳液・クリーム」
  10. まとめ
Kcqzl8s7micur40lcmuw
化粧水の順番って、今更過ぎて確認するのちょっと面倒になってしまいますよね。ですが、最近はプレ化粧水やブースター美容液などなどが出て来ていて、順番が分かりづらくなってしまっていますよね。基本的には分かっているけど、ちょっと一度確認してみませんか?使う順番によってお肌への効果も変わってしまいやすい化粧品だからこそ、正しい順番をぜひチェックしてみましょう!
Ika5ihqznjbbvmrhnp8i
では化粧水の順番についてご紹介して行きたいと思います。先ほど少し触れた■プレ化粧水 ■ブースター・導入美容液 ■シートパック なども含めてご紹介します!もちろん商品によって前後する場合もありますので、必ず商品の説明も読んで下さいね。何も書いてなければこの順番で良いかと思います。では見てみましょう!↓

メイク落とし・洗顔

ブースター・導入美容液

プレ化粧水

化粧水

シートパック

美容液

乳液・クリーム

とこのような順番になります。こんなにも工程が多い方はあまりいないとは思いますが、セオリー通りに並べて行くとこうなります。だんだんと油分が増えて行くのがわかりますね。水分の多いものから使って、どんどん油分が増えて行く感じが一番体感的にも分かりやすいですよね。では順番が分かったところで、化粧水の成分や役割も見て行きましょう!
Mmyb2hyyw664ofreuuvx
では正しい基礎化粧品の使い方についてご紹介して行きたいと思います!もう知ってるよと言う方も多いと思いますが、毎日行なっているとつい自己流になってしまいがちな部分でもありますので、たまに確認してみると立ち戻れるので良いですよ!ぜひチェックしてみて下さいね!では見て行きましょう!
ちなみに、クレンジングと洗顔の正しいやり方については以前の記事でもご紹介しているので、参考にしてみて下さいね!クレンジングと洗顔はやり方でお肌が変わって来ますので、ぜひ取り入れてみて下さいね!↓
Hg7nronxtnxphamilsix
ブースター・導入美容液は洗顔後どの化粧品よりも先につける事で、その後のスキンケアを浸透させやすくしてくれます。お肌を柔らかく整えて行ってくれます。オイルベースの物がおおいですが、ミルクタイプやジェルタイプの物は、お肌への刺激も少なく敏感肌の方にも使いやすくなっています。

美容液タイプの場合

洗顔後の清潔なお肌に適量を手にとって、両手で軽く温めてお顔へ馴染ませて行きます。軽くハンドプレスを全体に行ない、広げて馴染ませて行きます。

拭き取りタイプの場合

拭き取りタイプの場合はコットンに適量を取り、ゴワつきや毛穴の汚れなどの気になる箇所を拭き取って行きます。ゴシゴシせずに優しく、馴染ませるようにしながら拭き取ります。どうしてもコットンの拭き取り刺激があるので、乾燥肌、敏感肌の方にはあまり向かない方法でもあります。
Yd1xohttg4qtslosuvml
では化粧水に進みましょう!手を使った場合と、コットンの場合とに分けて行きたいと思います。まずは手を使った場合から行って見ましょう!

化粧水の使い方「手の場合」

Ka7afkqrvlqg24l58vt0
手を使う場合には、化粧水の適量半分を手のひらに出して温めます。両手に取り、お顔全体へと伸ばして馴染ませて行きます。一度目が完了したら、もう一度適量の半分を手のひらに出して温めて、今度はハンドプレスをしながら全体に伸ばして行きます。これで完了です!2回に分けることでゆっくり浸透させる事ができますし、ムラを防ぐ事ができます!

化粧水の使い方「コットンの場合」

Ryznsfumhsoxmvpxj1dz
コットンを使う場合には、コットンに適量を取ります。この時に、乾燥しているコットン部分がお顔に当たらないように、お顔に当てる面の化粧水が丸ではなく、四角になるように染み込ませて行きます。そして基本的には下から上へ、中心から外へを意識して全体に広げて行きます。コットンを何度もお肌から離すのではなく、密着させたまま滑らせて行きます。
全体に馴染ませ終わったら、コットンを2つに割って化粧水パックをするのもオススメです!両ほほやおでこなどに乗せて2,3分待ちましょう。化粧水は乾燥しやすいですので、あまり長い時間は禁物です。2,3分過ぎたらそのままコットンを捨てて完了です!
Jtwowjehx5vf9bhcanjz
少し脱線しますがこぼれ話をひとつ。個々で差はありますが化粧水の80%は水分でできています。あとの20%は基本成分、機能性成分、安定化成分などが配合されています。さらっとしているのはこの水分が多いためなんですね。お肌に水分を届けるために多いんだと思ってしまいがちですが、お肌に化粧水って浸透しないのです!

化粧品はお肌の奥に浸透しない?

少し言葉遊び的な部分もあるのですが、お肌の奥には化粧品は浸透しません。もともと皮膚は外側から身を守るためにあり、水分なども通しません。通してしまうと人間はスポンジのようになってしまいますね・・・ですので、化粧品が到達できるのは基本的に角質層までなんです。お肌と言う言葉にどこまで含めるか、と言う話にはなりますが、お肌の奥には実際浸透はしていません。
Ksstbhixyixp68ir69td
シートパックをする場合には、このタイミングでの使用が良いでしょう。ですが商品によっては順番や使い方が変わって来ますので、必ず確認して下さいね!
シートパックを1枚取り出して、お顔へ隙間なく乗せて行きます。浮きが出ないように気をつけましょう。そして10〜15分ほど放置して、お顔から剥がして行きます。余った美容液がある場合には、首筋や手に使っちゃいましょう!シートパックをする前にどうしても空いてしまう目元口元に美容液を塗っておくのもオススメです!

長時間の放置は

長時間の放置はお肌の乾燥の原因になってしまうので、気をつけて下さいね!適正時間を守ってパックして行きましょう!
Kplzhqqxmlqgeovx58op
では次に、美容液を塗って行きます。美容液の場合は、お顔全体にハンドプレスして行っても良いですし、気になる箇所に集中的にポンポンと塗り込めて行っても良いでしょう。個々に差がありますので、商品ごとに説明を確認して下さいね!一度手の甲などに適量を出してから、少しずつ使いたい所へ小分けにしすると、使う量が分かって便利ですよ!
Qtv4cofg1rbsoksupyad
最後の仕上げとして、乳液・クリームで今までの美容成分に蓋をして行きます!乳液・クリームを適量手のひらに取り、温めて行きます。(クリームなどが硬めの場合は両手で温めると早いです)そしてお顔全体に優しくハンドプレスで塗り広げて行きます。ムラがあるといけませんので、少し時間をかけてハンドプレスして行きましょう。全体に馴染ませる事ができたら、余分な油を軽くティッシュオフして完了です!
ちなみに乳液の際に軽くマッサージをして行くのもオススメです!とっても簡単ですし、お顔がスッキリしてとっても気持ち良いですよ!時間もかからずすぐに覚えられるような内容なので、ぜひ毎日のケアにプラスしてみて下さいね!↓
Tfue6oxx8cvfqxgzio02
最後まで読んで下さってありがとうございます!基礎化粧品である化粧水の正しい順番から、使用方法などなどをご紹介させていただきました。たくさん化粧品があって分かりづらいですが、基本的な順番が分かっていれば、難しくはありませんね!順番を間違えてしまうとせっかくの化粧品の効果が薄れてしまうので、気をつけないといけませんね!化粧品のライン使いに関する順番の記事も発見しましたので、ぜひ読んで見て下さいね!↓

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪