Hlymuk6mqpeg5yswmfal

ハンドケア

CATEGORY | ハンドケア

手荒れケアはハンドクリームだけじゃない!意識したい5つの習慣

2019.02.02

手荒れケアはハンドクリームだけ塗っていれば良いのでしょうか?手荒れケアの原因にバリア機能低下が挙げられます。手荒れケアの日常の生活の中で、気をつけないといけない5つの習慣を詳しく見てみました。一緒に見て美しい手肌を取り戻しませんか?

  1. 手荒れの原因とは?
  2. 手荒れケアをするには原因を知って対処する
  3. 手荒れケア方法とは?
  4. 手荒れケアはハンドクリームだけではない
  5. 手荒れケアを改善する意識したい5つの習慣とは?
  6. 1.手荒れの原因を解消するケア方法にバランスの取れた食事
  7. 2.手荒れの原因を解消するケア方法で、水仕事をするときは手袋をする
  8. 3.手荒れの原因を解消するケア方法で、手の紫外線対策が重要
  9. 4.手荒れの原因を解消するケア方法で、清潔も度が過ぎると手荒れになる
  10. 5.手荒れの原因を解消するケア方法で、手を休める日を作る
  11. まとめ
N8dvhrhwc4ihodemjf6h
手荒れの原因はたくさんあって一口にいえません。手荒れを引き起こす要因としては、主なものにアレルギーと刺激が考えられます。アレルギーになる原因は洗剤や薬品などが多いようです。また、同じような刺激を何度も受けると手荒れを起こします。
Bbhe9opdcrubfohkks8t
皮脂と汗と水分が混ざり合い、1/2000㎜の薄い膜で覆われているのが皮脂膜なのです。手のひらや足の裏は皮脂腺がなく皮脂膜も存在しないので、皮脂が容易に流れ落ちます。

手肌のバリア機能低下による手荒れの原因

Dgr1fkwzto2hjgro5cdp
手荒れの原因に肌のバリア機能低下によるものがあります。主婦湿疹といわれるものです。手荒れの原因にはいくつかありますが、水仕事などでバリア機能が低下して、手が乾燥して肌荒れを起こすことがあります。これを繰り返していると、いろいろな症状がでてきます。

アトピー性皮膚炎や、敏感肌による手荒れの原因

Fg9a9gb9jxhjkqu0wceh
手荒れの原因になるものに、アトピー性皮膚炎のように、皮膚のバリア機能低下したものや、敏感肌によるものがあります。これらの人たちはやはり、皮膚のバリア機能低下によるもので、皮膚のバリア機能を強化することが、手荒れの原因を起こさせないことになります。
N7exjmmaemlwxndn7eyq
冬に多くの人が手荒れを起こすのは、肌が乾燥しやすく皮脂分泌が少ないためです。そして、汗をあまり掻かないので肌表面の水分が補われなくて、バリア機能が低下するためと考えられています。

手荒れの原因の炊事

手荒れを起こす原因は家事などの炊事を行うときに、水を使う頻度が多いため、皮脂が流されてしまいます。まして、熱いお湯などを使ってやると、皮脂は必要以上に流れ出て、手肌荒れを起こします。皮膚には適度な皮脂があり、皮脂が膜を作って体を刺激から守っています。炊事によって皮脂が流れ出すと、肌は外敵から身を守ることができず、肌荒れを起こします。

熱いお湯は手荒れの原因となる

必要な皮脂は35度以上のお湯で流れ落ちるといわれています。熱いお湯で炊事をするときは、手にクリームを塗って綿の手袋をし、その上から使い捨てのゴム手袋をしてやると手を保護します。この場合熱いお湯を使っても、肌が温熱により柔らかくなります。

手荒れを一度起こすと改善が難しい。その前の手荒れケア

一度手荒れを起こしケアしても、中々完治できないようです。手荒れの手湿疹には、日ごろのケアと予防策が大切となります。原因は手肌のバリア機能が低下することですから、バリア機能低下をできるだけ避けることです。
水洗いなど水仕事をするときは、綿の手袋をしてゴム手袋をはめるとよいですね。ゴム手袋でも使い捨ての、手にぴったりするゴム手袋だと、手を保護しながら炊事もやりやすいです。手湿疹は一度できると何度も繰り返し、治るのに完治が難しいようですので、手湿疹を起こす前にケアと予防はとても大切になります。また、綿の手袋を着用する前に保湿効果の高いクリームを塗っておくと、手の保湿が保たれます。
手荒れケアはハンドクリームだけでは効果が上がらないことがあります。保湿機能低下を防ぐために、保湿剤を使用することが大切です。ターンオーバーの新陳代謝を正常にすることが大切で、年齢と共にターンオーバーは長くなっていきます。
Z7ladl87lchihtrvl1im

手荒れケアのときにターンオーバーのことも考えてケア

20代で28日、30代では40~50日、40代では50~60日といわれ冬場は気温が下がるため、夏場に比べターンオーバーが活発にはなりません。余分な角質が自然に剥がれるはずなのに、それが、上手く剥がれなく角質が溜まる原因になり、外から保湿をしても、健康な肌に導くことが難しいのです。

古い角質を剥がす機能を持ったクリームを使う

手荒れをケアするときにターンオーバーのことを考えた、古い角質を剥がす機能を持ったクリームを塗ることも大切です。10%ぐらいの尿素入りのクリームを日常的に使っても、ターンオーバーを促進する効果があります。
Azvtmzke2kngkfoblr3y
手荒れを改善するにはハンドクリームだけのケアでは改善されない場合があります。手荒れのケアには生活の中での5つ意識した習慣を改めると良いのです。その習慣とはバランスの取れた食事、お湯を使わない、手袋をする、手の紫外線対策、清潔の度が過ぎない、手を休める日を作るなどの、5つの習慣を見直すことが手荒れを改善するケア方法です。
1日に必要な栄養バランスの取れた食事は、手荒れの原因を解消し、手荒れを改善してくれます。そのためには良質なたんぱく質や、マルチビタミンなどの摂取が必要です。
バランスの取れた食事は、肌の免疫力を強くします。肌に良いビタミン類やミネラルなどの栄養は積極的に取る方が肌のために良いです。肌の免疫力が強くなれば、手荒れの心配も少なくなります。
手袋をするときは、必ず綿の手袋をしてゴム手袋をします。手を水に濡らさないようにして、炊事や水仕事をします。手袋をするとお仕事がやりにくいと思いますが、現在は指にフィットする使い捨てのゴム手袋があります。綿の手袋をした上からフィットするゴム手袋をはめると、お仕事はやりやすいです。普通のゴム手袋だと、お仕事がやりにくいですよね。

2.お湯を使わない炊事を心がける

手荒れによるメカニズムは、素手でお湯を使って洗い物をすると、皮脂が流れ出して肌の潤いを失い手荒れになります。綿の手袋をしてその上からゴム手袋をして、お湯を使うと手の肌が柔らかくなり、とても手肌に良い影響を与えます。
炊事をするときも1工夫して行うと、手肌に優しい美しい手を手に入れることができます。手荒れが酷い状態になる前に、ワセリン入りのメンタームを練る前に塗って、手袋をして寝ます。
顔の紫外線対策はみな様やっていられますが、手も同様紫外線の対策が必要です。紫外線対策は手荒れの原因を解消するケア方法です。紫外線対策にはUVカットや、手袋着用などしていると手が保護されます。
食事の前や炊事の前、トイレから出て手を洗いますが、石鹸やソープを使って手洗いをすると、皮脂を落としすぎるので、手を洗いすぎないようにします。手洗いは殺菌をするのに非常に効果的ですが、いつも石鹸やソープを使って手を洗っていると、余分な皮脂まで洗い流してしまいます。手を洗ったら必ず保湿をして、クリームをつける習慣をすることが大切です。
Bietixjae8kjsdexol8w
手荒れで悩んでいる方は、家族との協力を得て、手を休める日を設けることも大切です。職業柄どうしても手を酷使しがちな場合、1日でも手を休めると違ってきます。

ストレスを起こさせない

ストレスを溜め込まないことも、手荒れを起こさせないケアです。身体を休め、手も1日休めさせることが手荒れケアには必要となります。
Ldcz0yi070ky2fkhepgm
「手荒れケアはハンドクリームだけじゃない!意識したい5つの習慣」を見てきました。手荒れのケアは毎日の生活の中で少し気をつけるだけで習慣となり、それが、ひいては美しい手に甦らせることができるのです。顔は割とみな様手入れをされますが、手の方は中々きちんとは手入れされない方が多いですね。しかし、手を見れば年齢が分るほど手は年齢を感じさせるものです。いつまでも美しい手で、若々しい日々を過ごしてみませんか?

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪