Jgpnrvmcxgcnqcmjv2c0

ハンドケア

CATEGORY | ハンドケア

手荒れの原因はストレスかも?忙しくてもできる生活習慣の整え方

2020.07.21

ストレスは手荒れにも関係してくるのですね。ストレスで自律神経が乱れると、手荒れだけでなく肌荒れも起こってきます。少し生活習慣を変えるだけで、美しい手や肌を手に入れることができるとしたら、あなたはやってみたいと思いませんか?

  1. 手荒れの原因が日常生活のストレス?
  2. 手荒れの原因がスマートフォンの使いすぎのストレス?
  3. 手荒れの原因に清潔が裏目に出てストレスに!
  4. 手荒れの原因にストレスによる自律神経の乱れからターンオーバーが乱れる
  5. 手荒れの原因のストレスを解消するには?
  6. 手荒れの原因ストレス解消でも、忙しくてもできる生活習慣の整え方とは?
  7. 1.手荒れの原因ストレス解消で朝の朝日を浴びる生活習慣
  8. 2.手荒れの原因ストレスで朝食を必ず摂る生活習慣
  9. 3.手荒れの原因ストレス解消で良質の睡眠を取る生活習慣
  10. まとめ
日常生活の中でのストレスが、手荒れの原因に深くかかわっているなんて、考えられませんね。しかし、ストレスは自律神経を乱してしまします。不規則な生活や、栄養の偏った食事をしていると、自律神経が乱れて、血流が悪くなり、皮膚に必要な酸素や栄養を届けることができなくなって、手荒れが起こる原因となります。
L3g5csrurjprta3e5lu6
手荒れの原因に現在誰でも使用しているスマートフォンの使いすぎがあります。スマートフォンを使いすぎることで、手、指にストレスを与えています。そのため、手荒れに悩む方が多くなっているとか?

スマートフォンの使いすぎは片方の指だけでない

スマートフォンの場合タップやスワイプなどの操作をする指だけでなく、反対側のスマホを持っている手のひらも、スマホ本体の熱や摩擦の影響を受けやすく、手肌にストレスを感じさせケアしないまま利用していると、手荒れが進行していきます。

強力な石鹸や合成洗剤の入ったソープなどを避ける

特に冬になると、インフルエンザや感染菌が活躍しますので、手洗いはとても大事なことです。しかし、必要以上に石鹸やハンドソープなどの手洗いや、また、強力な殺菌作用のある石鹸やハンドソープなどは使用しないことが大切です。

手洗いのやり過ぎで皮膚が薄くなり雑菌が侵入しやすくなる

現代は清潔が叫ばれ、菌を全く寄せ付けない環境にする人たちが増えているため、手洗いの回数がとても増えています。しかし、手洗いをやり過ぎたため、皮膚が荒れて雑菌が入る結果になっていることが多いです。何事もほどほどが大切で、菌も弱い菌なら身体に取り込んでも身体は免疫力を強化します。全く菌を寄せ付けない身体に、強力な殺菌やウイルスが侵入すれば、免疫力がないので重大な病気に発展します。

公衆トイレのハンドドライヤーは手荒れの原因

また、現在はトイレにハンドドライヤー(エアータオル)を備え付けているところが、公衆トイレなどにはあってとても便利ですが、手肌にとっては乾燥させることになります。ハンカチを持って手をふくことは、手荒れの原因のストレスを少しでも解消します。
Crg612n0nwpvdb7xi6qj

手荒れはストレスにより自律神経が乱れて起こる

自律神経という言葉を聞いたことがあると思います。自律神経はストレスが罹ると乱れてしまいます。自律神経には交感神経と副交感神経があって、交感神経は活動・緊張などのときの神経で、副交感神経は休息やリラックスしたとき、寝ているときに働く神経です。この自律神経が乱れると、体のあらゆるところに支障をきたすことになります。

自律神経の乱れからターンオーバーの乱れに繋がる

Vwzs6atchxeqc8qhh5t0
身体が十分に回復できずにいると、免疫力が低下し、肌荒れを引き起こし、酸素や栄養を手肌まで運ぶことができなくて、肌のターンオーバーも乱れてきます。そうすると、手荒れの原因になってしまいます。
ストレスを溜め込むことは自律神経の乱れに繋がります。活性酸素が過剰発生し老化の原因となり、手肌の荒れになってきます。

ストレス解消法は自分の好きなことを我慢しない!(ただし 人に迷惑をかけない)

ストレスを解消するには、自分の好きなことを思いっきりやることです。(ただし、人に迷惑をかけないこと)また、良質の睡眠を取り、規則正しい生活を送ることで、ストレス解消ができます。自分の好きなことがない人は、自分の好きなことを見つけることですね。
ストレスを解消するにはとにかく自分のやりたいこと、言いたいことを我慢しないことです。ストレスは自分とテンポが合わないときに感じやすいです。そのようなときは、相手の立場に立って物事を考える癖を付けていると、ストレスが起こらないかも知れません。

ストレスは受け取り方でストレス回避ができる

ストレスは人により違いがあって、同じことを言われたり行われても、受け取り方でストレスになったりならなかったりします。現代において、ストレスのない社会など存在しないといって過言ではないと思います。しかし、そのストレスを上手に毎日送っている人と、そうでない人がいます。ストレスを受けると自律神経が乱れ、結局自分の身体に良いことはないと分かっていても、ストレスを感じます。
生活習慣を整えるのに、忙しくてもできる方法は、睡眠と朝の起床です。生活リズムの乱れを矯正するのは、1.良質な睡眠を取ることです。2.睡眠は毎日同じ時間に就寝し体内時計を整え、朝の朝日を浴びることが大切で、3.朝食を摂ることで一日の生活リズムが整ってきます。
体内時計は一日24.5時間のリズムを刻むと言われ、少しずつ毎日ずれますが、これをリセットするのが朝の起床時朝日を浴びることで、体内時計をリセットしてリズムを整えることができます。起きて太陽の光を浴びることが、体内時計のリセット始動と繋がります。
Chzhfkjtbcgkpyw37b6n
体内時計のリセットのためには、朝の朝日を浴びることが大切で14~16時間後にはメラトニンが分泌され、自然に眠気が起こり、良質の睡眠を取るためにも、朝日を浴びることが大切なのです。良質の睡眠を得るためには、睡眠ホルモンのメラトニンの分泌が必要となり、すっきりとした朝の目覚めもできるのです。
朝食を摂ることでインシュリンが増えて臓器が目覚めます。朝食を食べることで、脳や身体が栄養を体中に届け、眠っていた身体に刺激を与え、一日のリズムが始まります。
Vprhbxjkctu38md1eg3j
この頃は朝食を摂らない方が増えていますが、朝食は一日の始まりの切り替えのスイッチなのです。朝食を摂らないと生活習慣が乱れたままになります。生活習慣を改善するには、良質な睡眠を心がけ、朝の朝日を浴び朝食を十分摂ることです。
朝食は一日の活動エネルギーが得られるばかりでなく、代謝アップ、ホルモンバランスの調整の働きがあり、身体の刺激となって、一日のリズムの始まりのスイッチが押されるのです。
規則正しい生活を送ることは、体内時計が正確に働くので、成長ホルモンの働きもよくなります。体内時計に合わせて生活をすることは手荒れだけでなく、身体全体の健康にも繋がります。
Yd0fnkonv2dfvqzbedyp
そして、ストレスに強くなるには、良質な睡眠を取ることが必要です。良質な睡眠を取るためには、まず朝起床して朝日を浴びることで、良質の睡眠を取る準備ができます。そのためには、昼間体を良く動かすことです。朝食を摂って一日のリズムのスイッチを切り替え、職場などでもできるだけ休憩時間に体を動かし、また、通勤時間にできるだけ歩くようにした生活をしていると、朝食から14~16時間後にメラトニンが分泌され、眠りの準備を整えてくれます。
引用: https://beautiful-woman.site/wp-content/uploads/2017/12/341.jpg
「手荒れの原因はストレスかも?忙しくてもできる生活習慣の整え方」を見てきました。毎日何気なく過ごしている生活習慣の中で、手荒れの原因が潜んでいます。また、ストレスは受取り方で回避できることもあり、また、思いっきり自分の好きなことをやりながら回避できることもあります。生活習慣を整え規則正しい生活を送ることは、手荒れだけでなく、自分の健康にもプラスになるので、いつまでも若々しい身体作りができるのです。

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪