Enlinwwviavwopl6ezvf

ハンドケア

CATEGORY | ハンドケア

手のカサカサって意外と見られてる!正しいケアで指先までキレイに

2019.02.02

人は手のカサカサって意外に見ている人は多いものです。いくら顔やファッションを若く作っていても、手がカサカサになっていると、老けているのだと感じることは誰しもだと思います。顔より手は早く老けると言われています。エイジングケアで手のカサカサを取り戻しましょう。

  1. 手のカサカサは老けて見られる
  2. 手のカサカサの原因は?
  3. 手のカサカサをケアするエイジングケアとは?
  4. 手のカサカサをケアするエイジングケアのやり方とは?
  5. 手のカサカサのケアのエイジングケアのポイントは?
  6. 手のカサカサのケアは紫外線対策でエイジングケア
  7. 手のカサカサケアをお休み前にエイジングケアでハンドケア
  8. 手のカサカサを治したエイジングケアのハンドクリームはある?
  9. 手のカサカサを治したいエイジングケアとは規則正しい日常生活
  10. まとめ
Bp48lq1b8nr6yymfqbfl
手は顔よりも10年早く老けると言われ、老化と見られる症状は、手のシワ、シミ、カサカサ乾燥している、血管が目立ち節くれて、ハリや艶がないという症状です。手の老化は誰にでも起こりますが、何もケアをしていないと、老けて見え不健康に見えてしまいます。
皮膚の構造は同じですが、シワや乾燥によるカサカサが生じやすいのが手です。ですから、若いうちから手の肌のケアをしないと手の老化は防げないのです。
Epo2yuovx6yzahtdbnxp
手のカサカサの原因にはいろいろありますが、ほとんどの場合乾燥によるものです。水仕事をして皮脂を流れ落とし、手の肌のバリア機能が低下することで、手がカサカサになるのが原因です。手のカサカサを治したい人は、手を乾燥させないことです。保湿が十分行き届いているのに、手のカサカサが起こる人は、栄養不足や体調不良も考えられます。
柔らかい手を作るには、保湿が一番大切です。ですから、ハンドクリームを気が付いたときに指先までマッサージしながらつけていくことで、保湿を保ちます。手は一番年齢が出やすいところです。手はメイクをすることができません。ですから隠しようがないのです。しかし、エイジングケアをした手は潤いのある手でいつまでも若々しさを失わないでしょう。
Uikimcyixis4wpnakrsa
手の老け手になってから、エイジングケアをするのは遅く、10代20代のうちから早めに老化予防のエイジングケアをすることは、老化したときに若々しい手をキープできるのです。
顔は化粧水、乳液、美容液、保湿クリームと順を追ってケアしていきますが、手はハンドクリームを塗っている人がまだ、ケアをしているほうです。何も塗らない人も大勢います。手のエイジングケアをするのなら、手にも顔と同じように順を追ってケアすることが必要です。やり方は、化粧水をつけてキューティクルオイルをつけハンドクリームをつけると、美しい爪を作りながら、手も保湿を保っていきます。
キューティクルオイルは、爪の甘皮で覆われた皮下の部分で作られ、健康な爪を作るために爪周りをクルクルマッサージしながら塗り込むとささくれの防止や、爪周りがオイルで保湿されるので、美しい爪が生えてきます。 化粧水は顔に塗った残りを手にもつけ、その上からハンドクリームを塗ると保湿クリームの働きをするので、手のカサカサがなくなります。
手のカサカサのエイジングケアのポイントは、保湿化粧水を塗って、ハンドクリームを塗ることです。エイジングケア化粧水は、抗酸化コラーゲンやエラスチンなどの機能性の高い、エイジングケア化粧成分が配合されています。
Km0dyo4kgg7bjhb2omhu
手のしわ対策をするなら、水溶性ビタミンC誘導体、両親媒性ビタミンC誘導体アプレシエ(APPS)など配合された化粧水がしわに効果を示してくれるでしょう。また、ビタミンE誘導体、ナールスゲン、プラセンタエキス、など抗酸化作用やコラーゲンやエラスチンにアプローチするエイジングケア化粧品成分を配合したエイジングケア化粧水もよいです。

手の乾燥は老化を促進

Geychknorzl9cs1vwiwm
十分に潤いのある艶やハリのある手は、保湿が十分された手です。手の使いすぎや水仕事で手は乾燥し、皮脂が流されバリア機能が低下して、肌を守ることができなくなり、外部の刺激で増々老化が進みます。
特に冬などは乾燥が酷いので、手荒れが起こしやすいのです。老化防止のポイントは、正しい保湿が必要となります。手の保湿はハンドクリームを塗るだけでは保湿をキープできません。また、ハンドクリームを塗るのは冬だけでなく1年中塗ることが正しいやり方です。それは、保湿力低下予防で、保湿されたお肌は、お肌の中に適量な量の水分が保湿成分によりつなぎ留められます。そして、水分蒸発を油分によって防ぎ保持されます。

手の老化は紫外線

Vyer4amvdbwkozdhuoi3
紫外線が手の老化を促進すると言っても過言ではありません。手は紫外線を浴びやすく、紫外線を浴びると長波紫外線の(UV-A)がお肌の奥にある真皮層のコラーゲンやエラスチンを壊してしい老化を促進します。コラーゲンやエラスチンは、肌のハリに関係し、20代半ばすぎるとコラーゲンが減少するとも言われています。紫外線を浴びた手は紫外線からダメージを守るため、メラニン色素が生成されシミを作ります。

手の老化は血行不良が原因

Ciqacrvlz0ff4iku2ccx
冷え性になると血行不良が起こり、手足の先まで栄養が行き渡らなくなります。そうすると、肌の新陳代謝がスムーズいかなくて、手肌のターンオーバーは乱れてきます。メラニン色素も排出がされないので、シミとなって手にシミが出てきます。また、血行不良になると、血管が浮き出て目立つようになり老け手に見られます。
加齢になると肌の弾力の基となるコラーゲンやエラスチンの量が減って、エイジングケアをしなければ、真皮層にある線維芽細胞の働きが悪くなり、老化の一途をたどることになります。
Upwtoxwbe3xm1pqrotx9
手のシワができる8割が紫外線による原因と言われています。メラニン色素を紫外線が増やし、皮膚の水分を奪います。顔だけでなく手も日焼け止めクリームを塗って、手は頻繁に洗うので落ちやすいから日焼け止めを何度も塗りなおすことが必要です。
手袋も紫外線対策には必要な重要なアイテムです。UVカットしている手袋やアームカバーが販売されていますので、紫外線対策には、手袋やアームカバーを着用することが大切です。
Ogtrtutuxpekhkklnnar
夜寝る前に手のエイジングケアをすることは、手の美しさを取り戻すにはとても大切なことです。頻繁に洗う手は長時間クリームをつけた状態では、いられません。朝まで長時間クリームをつけて寝ると、お肌は寝ている間に修復されると言われています。ですから、夜寝る前のエイジングケアのハンドケアは、手を美しくキープするにはとても必要なことです。
ハンドクリームを使う前に、手肌に保湿化粧水を使うだけで、手のカサカサを治すエイジングケアはできるのです。水分を保持する力の高い保湿成分配合の、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、プロテオグリカン、アミノ酸誘導体の入った成分の化粧水を使用して、その上からハンドクリームを使えばエイジングケアはできてきます。これは、毎日お顔に塗ってスキンケアしている化粧水を手にも塗って、ハンドクリームをつければよいのです。
現在はハンドクリームのエイジングケア可能なハンドクリームもあり、天然セラミドやヒト型セラミドの保湿成分に加えビタミンA誘導体やビタミンC誘導体、ナールスゲンなどのエイジングケア化粧品が販売されています。

手の血行を良くする

手の血行が良くなれば、見た目は美しくなります。ハンドマッサージが血行を良くしますので、ハンドクリームを塗るときに、マッサージしながら塗ることをおすすめします。

バランスの摂れた食事や睡眠で手のカサカサを治す

Eo6jwxq0u9kbdk8z4bom
美しい手をキープするには、バランスの良い食事は欠かせません。また、十分な睡眠と適度な運動は美しい手を作るだけでなく健康で美しい身体を作り上げます。
Ogwejsc3rth1wphzaxyc
「手のカサカサって意外と見られてる!正しいケアで指先までキレイに」を見てきました。手は顔よりも10年早く老けると言われています。顔のお手入れをすると同時に、手のカサカサのお手入れもして、いつまでも若々しい美しい手を保ってください。

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪