Nudxvzsu2tgiscqjnees

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

基本的なお化粧の仕方が知りたい!初心者さん向け押さえたいポイント

2020.07.24

初心者の方にプロの上級者の方と同様のメイク術をお教えするのは、 ミスマッチを起こしてしまいます。初心者の方にも自分でお化粧できる仕方とそのポイントをお教えいたします。 化粧の仕方の違いで、メイクの仕上がりにも差が出てきます。自分に合ったメイク術を身に付けて下さね。

  1. 基本的なお化粧の仕方
  2. 基本的なポイントメイクの仕方
  3. アイライナー ~基本的なお化粧の仕方~
  4. マスカラ ~基本的なお化粧の仕方~
  5. チーク ~基本的なお化粧の仕方~
  6. 口紅 ~基本的なお化粧の仕方~
  7. まとめ
Uw296zvyeazwnthxaozp
引用: https://dermalyouth.com/2017/11/01/four-reasons-child-needs-daily-skincare-routine-includes-babies/

初心者のためのメイクアップスキンケア  ~基本的なお化粧の仕方~

メイクの仕上がりに差が出るのはベースメイクです。あなたの肌に水分が補給されるとその後のメイクのノリがとても良くなります。丁寧に洗顔した後、化粧水をお肌へ塗布します。その後、美容液→乳液→クリーム→日焼け止めクリーム(乳液)の順序でスキンケアします。時間的に余裕がない場合、忘れてはならない2つの最も重要なお化粧品(コスメ)は、化粧水と日焼け止めクリーム(乳液)です。実際に、化粧をしていない場合でも、化粧水と日焼け止めUVケア化粧品を使用している方は多いはずです。 初心者のためのメークアップに関するヒント:多くのメイクアップ製品の成分の中には、日焼け防止成分を含むものもあります。しかし、メイクアップの初心者は、メイク前のスキンケアのルーチンの一環として日焼け止めクリーム(乳液)を使用することをお勧めします。
Ahv27yiprn9v3oiornov
引用: https://ginzamag.com/beauty/keep-summerbeauty-2/

化粧下地  ~基本的なお化粧の仕方~

化粧下地は日焼け止めの後、ファンデーションの前に使用するコスメとなります。化粧下地の役割は、紫外線からのダメージを防ぐUVカット効果、目立つ色ムラや毛穴の補正効果としてのカバー機能、ファンデーションの密着度の上昇効果、お肌の保湿効果などが挙げられます。自分の肌のタイプを確認し、自身の肌質に合ったアイテムを選びましょう。化粧下地は、素肌の補正機能の高い化粧下地コスメを選びがちです。初心者の方は選ぶ時点で失敗することもありますので、自身の肌タイプに沿った化粧下地コスメを選びましょう。肌質別の化粧下地の選び方です。
Yttr1lu2gikre0m5olsi
引用: http://www.chifure.co.jp/sp/beauty/lesson/makeup/base.html
<肌質別の化粧下地の選び方> 〇乾燥肌タイプ 肌の水分量が少ない乾燥肌さんは、保湿成分が高い化粧下地を選びましょう。乾燥の原因のひとつである紫外線から肌を守るUVカット効果の高いものがおすすめです。 〇脂性肌タイプ 皮脂の分泌が多くやオイリー肌になり易く。テカリの症状に悩まされる脂性肌タイプには、オイルフリーの化粧下地をおすすめします。長時間の化粧品の使用による「化粧崩れ」や「化粧のノリの悪さ」を防ぎます。 〇混合肌タイプ 乾燥肌と脂性肌の両方の性質を持ち合わせた肌の混合肌タイプの場合、まずは頬の皮膚の状態を基本とした化粧下地選びをおすすめします。乾燥肌の状態は保湿力が高い下地を、オイリー肌の状態はオイルフリーの下地で、乾燥している箇所とオイリーな箇所は、部分的に下地の種類の使い分けをすると良いでしょう。手間がかかりますが、下地の塗布量を調整してお肌の水分と油分のバランスを整えてみましょう。
Gldq0uaufascn4subtop
引用: http://favor.life/14965

ファンデーション ~基本的なお化粧の仕方~

初心者であっても、初心者でなくてもメイクには重要な要のコスメ「ファンデーション」。肌色の色調を明るく見せ色の補正機能の役割があります。環境からの外的要因(紫外線・ホコリ・排気ガス・PM2.5)の刺激からお肌を守る役割、過剰に分泌された皮脂を吸収し肌の質感をサラサラに保持する役割があります。皮脂は衛生的に洗顔などにより、皮脂の細菌が毛穴に侵入するのを予防しなければ、ニキビの原因や肌の炎症、酸化による肌荒れの原因になります。ファンデーションの使用はお肌に凹凸のない滑らかで美しい肌に仕上げてくれる心強いコスメです。そして、ファンデーションには、リキッド・パウダー・クリーム など​4つのタイプに分けることができ、「カバー力」と「肌への負担」がそれぞれ異なります。
Wgfkf2ri8oldm8t9xvqf
引用: https://veramagazine.jp/article/dryskin-foundation
カバー力が弱いファンデーションは、お肌に優しく負荷が少ないとされており、逆にカバー力が高いファンデーションはお肌への負担が大きくなり、使用後は丁寧なスキンケアが必要となります。 4つのタイプの細かい特徴は、 〇ルース:肌への負担が最も少なく低いカバー力でナチュラルな自然な仕上がりになります。 〇パウダー:比較的肌への負担は少なく、くすみや赤みをカバーし皮脂が浮くのを抑制してくれます。 〇リキッド:テクスチャにより仕上がりに違いがあります。水分が多い→ツヤ肌、油分が多い→マット肌       、伸びがあり肌との密着度あり。 〇クリーム:高いカバー力、高い保湿力、色が均一に塗布できる、つやつやした肌に仕上がる。
Jamkxb3crth3kv122c8k
引用: https://hadalove.jp/make-baseup-12148
①アイブロウ:眉の形を整えるこことにより、顔全体の雰囲気を決めます。 ②アイシャドウ:目元に陰影を作り、立体感を出し目元を強調します。 ③アイライナー:目の形をくっきりと見せて、目元を強調します。 ④マスカラ:まつげを太く長く見せ、大きな目元の印象を与え、目元に深みを出します。 ⑤チーク:頬に血色感と立体感を作り、イキイキとした健康的な表情を作ります。 ⑥口紅:唇に血色感と艶感を作り、メイク全体の一体感と引き締め効果をもたらします。

アイブロウ  ~基本的なお化粧の仕方~

J0qecdmdafmtf4gmoq0o
引用: https://www.cosme.net/biche/articles/SNVMJ
アイブロウは多種多様な製品が商品化されコスメとして販売されています。初心者さんが最初に選んで使用するには、簡単に扱えるペンシルタイプのアイブロウを選びましょう。眉の形はシーズンごとのトレンド動向により変化し、今年は黒髪やロングヘアーに適した眉のタイプとして「ハンサム眉」が流行しています。基本的な眉の位置を理解し、最初は完ぺきな力の入ったキメ感のある眉の形ではなく、自然でナチュラルな眉の仕上がりを目指すと失敗も少ないでしょう。

アイシャドウ ~基本的なお化粧の仕方~

Slmyp8uyofktwlvekvfz
引用: http://www.stylecraze.com/articles/25-eye-makeup-tips-for-beginners/
アイシャドウは日本人のアイメイクにとって、必須アイテムコスメといっても良いのではなでしょうか。顔のパーツがはっきりしている彫りの深い欧米人と比較すると、パーツに凹凸が少なくのっぺりとした顔の作りの日本人。目元にアイシャドウで影を与えると、光の錯覚により顔のパーツに凹凸がある印象を与え、目元を強調し、まっきりとした目元を演出してくれる効果があります。アイシャドウのカラーの選択方法と基本の塗布の仕方についてご紹介致しますので、参考になさってください。初心者の方におすすめのカラーは「ベージュ系」や「ブラウン系」を選ぶと失敗が少ないです。最初のメイクでは、1色のカラーの単色から始めてみましょう。目元に明暗、陰ができることを最初の目標にしましょう。
Cs6zisr7xs0lyktxsyi9
引用: https://www.makeup.com/eyeliner-for-every-eye-shape
アイライナーは何種類かありますが、初心者の方にはペンシルからスタートすると良いでしょう。慣れない間は描いたラインがガタガタになってしまいます。上手く書けなくても、ペンシルならば綿棒などでぼかしてフォローできるので、初心者の方でも何とか仕上げることができます。慣れてきたらクッキリとした印象に仕上がるリキッドアイライナーを試してみるのもいいでしょう。上級者の方には、ジェルタイプのアイライナーをおすすめします。
Nmb8hnhak6vxmaggghyp
引用: https://www.shiseido.com/makeup/eyes/mascara/
初心者の方のマスカラの選び方として、大切なポイントはカラーにあります。ハッキリとした印象を目元を演出したい場合は「ブラック」、優しい印象の目元を演出したい場合は「ブラウン」を選択してください。次に、ボリュームの重量です。最近のコスメの中には、ロングタイプとボリュームタイプのマスカラがあります。自分の場合はどんな目元にしたいのか?イメージをしてから、マスカラを選ぶと良いでしょう。自然な仕上がりのナチュラル系、はっきりとした目元を演出したい場合はボリューム系などなど。その次に重要なのポイントは、汗や涙に強く、お湯で簡単に落ちるウォータープルーフタイプを希望するのかどうか。長時間マスカラを付けていると、よくあるケースは、マスカラが落ち、目元の縁全体にマスカラが拡散してしまうという残念な結果です。最後にブラシの形状として、自分の目元に合う形状を使用するため、1つひとつ試し塗りをしてみることが重要です。
Bsvyze2oyip7xv7ipvtl
引用: https://www.promotionalcodes.org.uk/frugal-blog/109243/women-throw-money-at-make-up/
チークには主にパウダータイプ、クリームタイプ、リキッドタイプの3種類あります。パウダータイプは軽い付け心地のチークで、パウダーチークのみで完成します。クリームタイプは保湿機能があり、パウダーよりもカバー力が高いです。リキッドタイプは肌の質感に影響し、凸凹を隠して滑らかな肌にする効果があります。 まずは、チークブラシを用意します。チークをブラシで軽くとり、優しく肌にのせるように塗布します。 のせる場所は頬骨周辺です。頬骨の上に向かい斜めにのせると大人の印象に。頬骨の下に円形状に動かしながらのせると幼い印象になります。カジュアル系を希望の場合はオレンジカラー、優しい雰囲気の場合はピンクカラー、自然なナチュラルな印象の場合はサーモンピンク、シャープな印象を演出したい場合はブラウンカラーが良いでしょう。初心者の方には、ピンクカラーから始めてみてはいかがでしょうか。
Zcfak1umgyspl40hkuns
引用: http://www.kanebo-cosmetics.jp/lunasol/perfectstep/lips/
メイクの最後の仕上げとして使用する唇のカラーは、顔の印象を決める重要な部分です。口紅にはスティックタイプとリキッドタイプの2種類に分かれています。スティックタイプは色落ちしにくく、マットなつけ心地で密着度が高い傾向があります。リキッドタイプは発色が明るいカラーが多いです。まずは、唇の中央から塗りその後、端を塗ります。色がはみ出したり、色の塗り方にムラが出たりしてしまうかもしれませんが、失敗しても目立たない色があります。肌の馴染みが良いコーラルピンクカラーは初心者の方に最適なカラーです。顔全体の表情を優しく柔らかい印象を与えてくれます。ナチュラルな血色に見えるだけでなく、自然な見え方をしてくれるのでナチュラルメイク志向の方は一度試してみて下さい。
初心者の方の場合、誰でもメイクに慣れるまでに時間を必要とします。自宅での練習やお試しメイクの時間を使用して、上手にメイクできる技術を身に付けて下さいね。 メイクの回数をこなしてくると、自分の肌質や顔のパーツに合ったメイク術を見つけることができるので、ぜひ頑張って下さい。

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪