L7duyij1dm6dyztykyft

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

クレンジングオイルの使い方まとめ!おすすめの商品もご紹介!

2018.10.05

クレンジングオイルって、洗浄力も強いですしとっても使いやすいですよね!ですが今はかなり品数も多く迷ってしまいやすいものでもあります。このページではクレンジングオイルの選び方や使い方について、オススメの商品についてもご紹介して行きます!

  1. クレンジングオイルを使いたい!
  2. そもそもクレンジングとは?
  3. クレンジングオイルには種類がある!?選び方とは?
  4. クレンジングオイルの選び方「濡れた手で使えるかどうか」
  5. クレンジングオイルの正しい使い方
  6. オススメ!クレンジングオイルご紹介♪
  7. オススメ!クレンジングオイル「ディープ クレンジング オイル」
  8. オススメ!クレンジングオイル「アテニア スキンクリア クレンズ オイル アロマタイプ」
  9. オススメ!クレンジングオイル「エリデン化粧品 おひさまでつくったクレンジングオイルE」
  10. まとめ
Hjqemufhlckukbdtxyuw
クレンジングオイルって、とっても洗浄力が強いですししっかりベースメイクした時なんかには、強い味方となってくれるところがとっても魅力的です。ですがその洗浄力ゆえになかなか自分に合った物を選ぶのは大変だったりもします。このページではそんなクレンジングオイルの選び方や使い方、オススメ商品などを一挙ご紹介して行きたいと思います!自分に合った使いやすいクレンジングオイルを見つけちゃいましょう!
Bdngh5psarldxpbpn3br
メイクしている方なら、毎日のように行うクレンジングですが、クレンジングってそもそもどんな意味があるのでしょうか?なんとなくやってしまうよりかは、しっかり意味を知ってから行なっていた方が作業も行いやすくなりますよね!さっそくwikipediaで調べて見ました!
化粧品には、肌を美しく見せ、かつ落ちにくいことが求められる。多くの化粧品は油性の基剤により顔料などを肌表面に密着させており、これは普通の洗顔料や石鹸では落としにくい。そのため、化粧品の油分を溶かし落とすために、専用のクレンジング剤が用いられる。 油分を多く含む乳液などでも代用可能である。また、マスカラなど特に落としにくい化粧品は通常のクレンジングの前に別途、専用のリムーバーで落とす場合もある。 洗顔料の前に使用する。

かなり分かりやすく書いてくれていますね。化粧品の油分を落とす為に必要な物が、クレンジングという事なんですね。そしてクレンジングオイルはオイルと付いているので、油分が入っているお化粧と馴染みやすいですし、乳化という作業をする事ができるので、しっかり落とす事ができます。これが洗浄力の強さにも繋がるという事です。
Ezqcx5fdemriz4mdwxa4
クレンジングオイルには大きく分けて3つの種類に分かれます。「鉱物油系クレンジングオイル」「エステル系クレンジングオイル」「油脂系クレンジングオイル」です。先の2つに関しては、とっても洗浄力が強いので、お肌にトラブルを抱えていない方の場合には良いかも知れませんが、あまりオススメはできません。油脂系クレンジングオイルの方がお肌に負担をかけずに使用する事ができます。
Nf9a6eyqnllbblcpiq5u
この油脂系クレンジングオイルは、主に植物系のオイルを使用していてコメヌカ油やオリーブ油を使用している物などを差します。洗浄力もあまり強すぎずに、しっかりメイクを落とす事ができちゃいます。お肌が乾燥しやすい方などには特にオススメです!界面活性剤と聞くと悪いイメージばかりが先行してしまいますが、しっかり選ぶようにすると良いですね!
Y0u8mgvozv2lwosde6ad
こちらはライフスタイルに直結する物ですね。クレンジングオイルには濡れた手で使えるタイプと使えないタイプになっています。特にお風呂場でメイクを落とす派の方にとってはとっても重要なポイントだったりしますね。こちらも購入前にしっかり気をつけて起きたいポイントですね!どのようにして使用したいのかを決めておいた方が良いでしょう。
Lxwnnn1ggrzfeqzzujgn
ではここからはクレンジングオイルの使い方について見て行きましょう!正しい使い方ができていないと、メイクもしっかり落ちませんし、お肌にクレンジングオイルが残ってしまいます。残留してしまうと、お肌には負担をかけてしまいますので、正しい方法で使ってくださいね!商品によっては多少違う部分もあるかも知れませんので、それぞれの使い方をチェックするのもお忘れなく行なってください。
※ポイントメイクリムーバーでアイメイクやリップメイクは落としておきましょう!

1. 手を洗い適量を取り出します

まず最初に手を洗って、手についている雑菌を落としておきます。濡れた手でも使える場合にはそのまま、使えない場合には手をしっかり拭いて起きます。そして、適量を手に取りTゾーン→Uゾーン→全体の順番でお顔へ馴染ませて行きます。

2. クレンジングオイルを馴染ませて行きます

クレンジングオイルを馴染ませる時には、ゴシゴシは絶対にしないようにしましょう。よくやってしまいがちなのがマッサージです。ついヌルッとした感触が心地よくて、マッサージをしてしまう事がありますが、クレンジングオイルで行なってしまうと、必要な物まで落ちてしまう可能性もありますので注意してくださいね!指の肌で優しく馴染ませて行きます。

3. 乳化させて流します

全体を馴染ませる事ができたら、乳化させて行きます。少量の水を取り、お顔のクレンジングオイルと馴染ませて行きます。すると白く乳化して行きます。これを全体行えたら、流して行きます。流す時にはヌルヌル感がしっかり取れるまで流しましょう!流す時の湯温は冷たいかな?と感じる湯温がベストです。暖かい物だと必要な皮脂を洗いながしてしまうかも知れません。
しっかり流す事ができたら、清潔なタオルでポンポンと拭いて行きます。このときにも刺激にならないように擦らずに拭きます。これでクレンジングは完了です。W洗顔が必要な場合にはこのまま洗顔へと進んで行きます!不要の場合にはスキンケアへと進んで行きましょう!
Xezgafdyfhvgrvm8jlmr
ではここからはオススメなクレンジングオイルをご紹介して行きたいと思います!使いやすくて、お肌にも優しいと言われている物をご紹介して行きたいと思います。クレンジングオイル選びの参考にぜひして見てくださいね。では見て行きましょう!
ディープ クレンジング オイル120ml(アルガンオイル75%配合)
価格 ¥ 4,320
美肌にもとっても良いと言われているアルガンオイルを75%配合しているクレンジングオイルです。植物由来成分のみを使用しているので、とっても安心な一品でもあります。また面倒なW洗顔が必要ないタイプですので、使い方としても楽チンですね。使用後ヌルヌル感が無くてさっぱり使えるとの声が多いものでもあります。使う時にはローズの香りが広がります。
アテニア スキンクリア クレンズ オイル アロマタイプ175ml(W洗顔不要)
価格 ¥ 1,996
様々なサイトでもオススメされている有名なクレンジングオイルですね。エイジングケアをしながらもメイクが落とせるという画期的なアイテムなんです!濡れた手でも使えるようになっていて、W洗顔も不要ですので時短でクレンジングを行う事ができちゃいます。微細乳化処方になっているので、乳化させた後にはするっと流す事ができるのも良いですね。
エリデン化粧品 おひさまでつくったクレンジングオイルE
価格 ¥ 1,750
「えっキャラ物!?」と思われたかも知れませんが、こちらは実はとっても高品質なクレンジングなんですよ!超純水を使用していて、防腐剤フリーにもなっています。さらっとした使い心地になっていて、流す時にもサッと落ちやすいと評判です。濃いめのメイクでも問題なく落ちるという声も多数ありました!クレンジングオイルに悩んだら、こちらにしてみるのも良いかも知れません!
Gfkflpjjqn2tbuxjg04s
最後まで読んでくださってありがとうございます!ここまでクレンジングオイルについての選び方や使い方、オススメ商品などについてご紹介させていただきました!濃いメイクをしてもパッと落としやすいクレンジングオイルですが、なかなかお肌への影響などを考えると手が出にくかったりしますよね。でも選び方が分かっていれば、自分に合うものを選びやすくなりますね!お気に入りを見つけてくださいね。クレンジングの関連記事も発見しましたので、ぜひ読んで見てくださいね!