Xq7ot3cir30p9bnooofl

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

肌の黒ずみを改善する方法 正しい方法でしっかりケアしよう!

2018.05.07

お肌の黒ずみって、印象に直結してしまうだけにとっても気になりますよね。まずは皮膚科へ行き、病気ではないかを確認しましょう!今回はお肌の黒ずみをケアする方法、落とす方法をご紹介して行きたいと思います!さっそく見て行きましょう!

  1. お肌の黒ずみのケア?
  2. お肌の黒ずみとは?
  3. お肌の黒ずみは原因がたくさんある!?
  4. お肌の黒ずみの原因「色素沈着」
  5. お肌の黒ずみの原因「皮脂汚れ」
  6. お肌の黒ずみの原因「睡眠不足・ストレス」
  7. お肌の黒ずみの原因「病気」
  8. お肌の黒ずみのケア方法♪
  9. お肌の黒ずみ「色素沈着の時のケア方法」
  10. お肌の黒ずみ「皮脂汚れ」
  11. お肌の黒ずみ「睡眠不足・ストレス」
  12. まとめ
Edjzmcz2u6sbbxfhcuxj
お肌が黒ずんでしまうと、全体的にどんよりとした印象のお顔になってしまって、老けた感じや少し病気っぽい雰囲気に見られてしまう事が多いです。ですが、そんなお肌の黒ずみも、しっかりとケアを行う事で改善する事ができるんです!このページではそんなお肌の黒ずみの原因や黒ずみを落とすケア方法などについてご紹介して行きたいと思います!さっそく見て行きましょう!
Uzsdrycssdalt0irbavx
お肌の黒ずみとは、その日の汚れが付いてしまっている状態ではなく、お風呂で洗った直後にも黒ずんでいるような、お肌自体に残ってしまっている物の事を指します。お顔にもできてしまいますし、身体にもできてしまいます。よく分かりやすいのは、脇や足の付け根部分が、下着や洋服の締め付けなどで黒くなってしまっている事が多いです。
Cvc2sbj7jezsoettq4gj
お肌が黒ずんでしまう原因は複数あります。もしかしたら、日常行なっている事が黒ずみの原因となってしまっている事も考えられます。しっかり原因を知っておき、繰り返さないようにして行きましょう!敵を倒すためにも、原因を知りましょう。
Mk2enfwnhv9kjbcozdvv
色素沈着を起こしてしまって、黒ずみとなってしまっている可能性があります。特に多いのは、摩擦や刺激によってお肌を守るためにメラニンが発生してしまい、黒ずみが発生してしまうのです。お肌にはターンオーバーがありますが、元々ターんオーバーが遅い部分もありますので、黒ずみとなってしまいます。この場合の刺激とは様々な物があり、上でも少し触れた下着や洋服の締め付けや、紫外線、化粧品などでも刺激の強い物は原因として考えられます。
同じような物でニキビの炎症による物もあります。この場合には皮膚科での治療が必要な場合があります。ニキビの炎症による物の場合には、お肌のターンオーバーが無い、お肌の深い部分まで到達してしまっている可能性があります。その場合には皮膚科の専門的な治療が必須となって来ます。皮膚科と聞くと少し身構えてしまいますが、医師と相談の上治療方針を決めて行って下さい。皮膚科ごとに評判も違いますので、その辺りもチェックしておきましょう。
Qlycin3fkyz5i4y7cn50
特にお顔周りなどで多いのがこの皮脂汚れが落とす事ができていない場合です。皮脂の分泌が多い、Tゾーンなどに多く発生しやすいです。皮脂が過剰に分泌されてしまうと、毛穴に皮脂が詰まり、汚れを落とす事ができていないと、詰まった汚れが酸化してしまい黒ずみっぽく見えてしまう事があります。原因である汚れを落とす事ができれば、改善されて行きます。その時に刺激を与えすぎてしまうと、お肌に負担となってしまいますので気をつけましょう!
お顔のお肌の基本的なスキンケアに関しては以前の記事でもご紹介しているので、ぜひこちらを参考にしてみて下さいね!基本的な洗顔で不要な皮脂を落とす方法や、不要な皮脂を落とすように丁寧に洗い上げる事ができます。↓
J1vjywhqwcenjwgzc7wu
家事や仕事などによって睡眠不足になってしまったり、ストレスを受けてしまったりするとお肌のターンオーバーが正常に行われなくなってしまい、お肌が黒ずんでしまう事があります。古い角質が残り続けてしまうので、どんどんと黒ずんでしまいます。
Zpmccl4ej1lcsu8rq9fx
病気の場合の可能性もあります。少しでも違和感を感じたりしたら、専門医に診てもらいましょう。ですが、この場合皮膚科に限らず、他の内科などの可能性もありますので、自分の症状がどんな物なのかなどをある程度調べてみるのも良いかも知れません。皮膚科だけに行くのではなく、セカンドオピニオンなども検討しておきましょう。ただの黒ずみと思っていたら、病気の兆候だったという事もあるかも知れません。気をつけましょう。

病気の場合

病気の場合の物を一部乗せておきます。引用元はコトバンク「皮膚の変化をもたらす病気(デルマドローム)」からです。この病気と自己判断はせずに、病気の症状の参考にして下さい。他にも病気の症状として皮膚に出てくる物はあるようですので、十分に注意して下さい。
黒色表皮肥厚症(こくしょくひょうひひこうしょう)  わきの下、うなじ、鼠径部(そけいぶ)、陰部、股部(こぶ)の皮膚が黒ずんでざらざらになり、しわが深くなるものです。胃がんなどの場合に現われてきます。  なお、悪性腫瘍と関係なく、肥満や内分泌(ないぶんぴつ)の障害にともなって現われることもあり、良性型といいます。

(◎悪性腫瘍(あくせいしゅよう)がもたらす皮膚の変化)

蛇行(だこう)状、環状、年輪(ねんりん)状の紅斑(こうはん)  不思議な模様の紅斑、とくに何重にも輪ができるような紅斑が生じるときは、悪性腫瘍が体内にある可能性が高くなります。

(◎悪性腫瘍(あくせいしゅよう)がもたらす皮膚の変化)

黄疸(おうだん)  肝臓から胆嚢(たんのう)を経て排泄(はいせつ)されるはずのビリルビンが血液中にたまると黄疸になります。眼瞼(がんけん)(まぶた)と眼球(がんきゅう)の結膜部(けつまくぶ)が黄色く染まり、ついで皮膚も黄色、あるいは黄褐色に染まります。肝臓の病気を反映しています。

(◎肝臓疾患がもたらす皮膚の変化)

Gi458agvhcqcbkztul1r
ではここからはお肌の黒ずみのケア方法などについてご紹介して行きたいと思います!それぞれの原因によってケア方法は変わって来ますので、使い分けてみて下さいね!どうしても不安な場合には皮膚科へ行ってみるのも良いかも知れません。では見て行きましょう!
Rleo5gzn5xt4c0yydlwp
色素沈着が原因の場合には、摩擦や刺激を避けるのはもちろんですが、日常のクセとなってしまっている事もあるので気をつけましょう。例えばお顔や身体を拭く時にゴシゴシとこすってしまう事がありますが、毎日行なってしまうと、少しの刺激でもかなり大きくなってしまいます。あまり関係ないと思いがちな部分でも、意外にお肌に負担をかけてしまっている可能性がありますので、気をつけましょう。
ターンオーバーを正常にするために、お肌の角質を柔らかくしてマッサージなどをするのも良いでしょう。使い方をしっかり守ってピーリング剤を使用するのも良いですね。あまり頻度を多くしてしまうと負担になってしまうので、気をつけましょう。またどうしても不安があれば、皮膚科を受診して専門医に相談してみるのも良いでしょう。
Fqtcd96bjd20edgkfxrc
皮脂汚れの場合は、お顔の場合が多いかと思います。お顔って目立ってしまうので、気になりますよね。ですが、しっかりと正しい洗顔を行なって、皮脂を過剰に分泌されてしまうのを防ぎ、不要な角質を落とすようにし、たっぷり水分を与えるスキンケアを見直してみると改善されやすくなります。
Dakapt5tekioatrqu5kp
睡眠不足に関しては、ライフスタイルなどと密接に関係しているので、一概に言い切れませんが、朝起きた時に陽の光をしっかり浴びる事で身体が目覚める事ができるそうです。また、睡眠時間自体を増やす事ができない場合には、睡眠の質を上げるようにすると違って来ます。枕を見直して見たり、掛け布団の重さを変えて見たりなど、ぴったり合うものに出会えると手放せなくなります。改善しにくい点でもありますが、気分も良くなるかと思いますので、ぜひ見直して見て下さい。
ストレスは目に見えないので、とってもわかりづらいですよね。あまりストレスを感じないという方でも、感じないだけでストレスを持っている事もあります。ストレスを無くすという事はほぼ難しいと思いますので、ストレスチェックを受けてみたり、自分の考え方を柔軟にしたりして、ストレスと向き合うのも良いかも知れません。無理はせずにゆっくりと取り組んで見て下さいね。
Ldxqhkg0h8qc0jdone2x
最後まで読んでくださってありがとうございます!ここまで、お顔のお肌の黒ずみのケア方法などについてご紹介させて頂きました!黒ずみって、自分では意外に気付きにくかったりしますし、ケアしたからと言ってすぐに改善される物でもなかったりします。少しずつ皮脂を落とすように洗顔したり、角質を柔らかくするために保湿したり、取り組んで、美肌を目指しちゃいましょう!くすみに関する記事も発見しましたので、ぜひ読んでみて下さいね!↓