Qz0zk0vciyizamzzykgk

ごはん

CATEGORY | ごはん

ニキビ跡に効果のある食べ物って?美肌に必要な栄養素と調理時のポイント

2020.07.13

誰もが憧れる美肌…特にニキビ跡があると気になりますよね。なかなか消えにくいイメージがあるニキビ跡。ニキビ跡に効果のある食べ物はあるのでしょうか?食べ物に含まれる栄養素がポイントです。必要な栄養素、さらに調理時のポイントを抑えて、美肌を目指しましょう。

  1. ニキビ跡に効く!積極的に摂取したい食べ物に含まれる栄養素とは?
  2. ニキビ跡に効果がある栄養素“ビタミンA”を多く含む食べ物とは?
  3. ニキビ跡に効果がある栄養素“ビタミンB”を多く含む食べ物とは?
  4. ニキビ跡に効果がある栄養素“ビタミンC”を多く含む食べ物とは?
  5. ニキビ跡に効果がある栄養素“ビタミンE”を多く含む食べ物とは?
  6. ニキビ跡に効果がある栄養素“タンパク質”を多く含む食べ物とは?
  7. ニキビ跡に効果がある栄養素“亜鉛”を多く含む食べ物とは?
  8. ニキビ跡に効果がある栄養素“鉄”を多く含む食べ物とは?
  9. ニキビ跡改善の妨げに?!気をつけたい食べ物に含まれる栄養素とは?
  10. ニキビ跡改善を目指す間は控えたい“炭水化物”
  11. ニキビ跡改善を目指す間は控えたい“脂質”
  12. ニキビ跡改善を目指す間は控えたい“糖質”
  13. その他に気をつけたいこととは?ニキビ跡を改善し、美肌を目指す為に…
  14. まとめ
H9cpu2ziimsx7nbrclue
「肌にはビタミンCがいい」と多くの方がご存知ではないでしょうか?ですが、ニキビ跡の改善にはビタミン類の摂取だけではなく、ミネラルやタンパク質などの栄養素をあわせて摂取することが効果的です。ニキビ跡に効果がある栄養素、その栄養素が多く含まれる食べ物、そして、効果的に身体に吸収される食べ方をご紹介します。
W7wjtkdhjlvoc0xdalni
ビタミンAには、ターンオーバーと呼ばれる、古くなった角質が剥がれ落ちるのを促す働きがあります。潤いをアップさせ肌の健康を維持します。ビタミンAを多く含む食べ物には、鶏レバーやうなぎ、チーズや緑黄色野菜などがあります。一般的に緑黄色野菜からの摂取が多いので、食べ方としては、油や熱を加え、炒め物にすると、吸収率がアップします。
Di3cpvtlksdhj9ptg1gn
ビタミンBにはビタミンB1とビタミンB2があります。どちらも皮膚や粘膜を修復・保護し、健康に保つ働きをします。ビタミンB群には炭水化物の代謝を促す働きがあります。特にビタミンB2が不足すると、皮脂が過剰に分泌され、ニキビや肌荒れの原因となるので注意が必要です。ビタミンBを多く含む食べ物は、豚肉や豆類などがあります。水溶性なので、スープにして吸収率をアップしましょう。
Lscs3tmvooaginpguvrv
コラーゲンを生成するのに不可欠なビタミンCは、美容によいことが知られています。肌のターンオーバーを促し、美白効果が期待できます。ビタミンCはフルーツ(特にレモンやオレンジなどの柑橘類)や野菜に含まれます。野菜ではパプリカが比較的多くビタミンCを含んでいます。熱を加えず新鮮な状態のものを生で摂取するとよいでしょう。
Bus7cbwzx6wtqbkcm4ww
ビタミンEは“若返り”に効果があるビタミンです。血流を促進して、栄養素を行き渡らせて、ターンオーバーを促します。ビタミンEはアーモンドや、魚介類、アボカドなどに多く含まれる栄養素です。他のビタミンと併せて摂取するとよいでしょう。例えば、植物油にもビタミンEは豊富に含まれているので、緑黄色野菜と併せて炒めるなどの工夫をする食べ方をすると効果的にビタミン類を摂取出来るのでおすすめです。
Spmssboyccy9wome9bxc
タンパク質はコラーゲンを生成するために必要不可欠な栄養素です。三大栄養素の一つであり、血液や筋肉など…体をつくる重要な栄養素です。タンパク質を多く含む食べ物には、牛肉、豚肉、鶏肉やハムなどの肉類や魚介類、卵や大豆、牛乳や乳製品などがあります。ビタミンCとあわせて摂取すると吸収力が高まります。タンパク質が肌を作る!と言っても過言ではありません。良質なタンパク質を摂取することを心掛けたいですね。
Rumhewqzmyonj5bcsf2f
亜鉛には皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあります。新陳代謝を高めるので、肌荒れやニキビ跡に効果的です。ダイエットをしていて食事量が少ない状態が続く、偏った食事が続く…などの状態は亜鉛不足に陥り、味覚障害になる可能性もあるので注意が必要です。亜鉛を多く含む食べ物は、牡蠣(かき)やうなぎなどの魚介類や肉類、海藻類などです。ビタミンCと一緒に摂取すると吸収率が高まるので、柔らかく煮てスープにするなど、食べやすくするとよいでしょう。亜鉛は体内で作り出すことが出来ません。食べ物から積極的に摂り入れたい栄養素です。
Blr5yylodmsadf9xgbao
鉄分はコラーゲンを生成する為に必要不可欠なアミノ酸を作ります。そして、特に女性は貧血対策としても鉄分は押さえておきたい栄養素です。鉄分が多く含まれる食べ物といえば、“レバー”を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?なかなか食べる機会がなかったり、嫌いという方もいるでしょう。魚介類や大豆、緑黄色野菜や海藻などにも鉄は含まれています。亜鉛と同じく、ビタミンCと一緒に摂取することで吸収率が高まります。鉄も体内で作り出すことが出来ないので、食べ物から積極的に摂り入れましょう。
Inuozksqnbyowculjhpj
ニキビ跡を改善して美肌を目指しているあなたにとって、妨げになる栄養素があります。全く摂ってはいけないということではありません。あくまでも摂りすぎに注意が必要ということなので、安心して下さいね!今からご紹介する栄養素の摂取をコントロールすると、新たなニキビを増やさないことにも繋がります。
Nrdsjxqajfwctxqep338
炭水化物は摂取すると、糖に変化し、それが分解されることで、脂質へと変化します。糖質は人間が活動する上で、主要なエネルギー源です。ですが、摂りすぎると肥満や生活習慣病にも繋がってしまいます。中でも食後、血糖値の上昇が高い炭水化物はニキビを悪化させてしまうという研究結果も…。白米や食パン、じゃがいもなどがそれに該当します。炭水化物の過剰摂取はニキビ跡改善の妨げになると言えるでしょう。
Knypbajkredf6xwqtew8
脂質は“タンパク質”“糖質”に並ぶ三大栄養素です。脂質にはごま油やなたね油、バターやマーガリンなどがあります。ニキビ跡改善において、スナック類や唐揚げ、フライドポテトのような揚げ物の過剰摂取には気をつけたいところです。皮脂の過剰分泌に繋がってしまう恐れがあります。ですが、脂質は生命を維持するのに欠かせない栄養素。脂質を全く摂らないと、肌もカサつき、潤いがなくなってしまうでしょう。適正量を摂取するようにしましょう。
Heuzfuq9epazmy8drqx0
糖質は“タンパク質”“脂質”に並ぶ三大栄養素です。糖質は体内で分解しようとする時、ビタミン類を必要とします。ビタミンが不足すると、余分な脂質となってしまいます。その結果、皮脂の過剰分泌が促され、肌荒れにつながってしまいます。ニキビ跡改善の妨げにもなりますね。チョコレートや洋菓子などは食べ過ぎるとニキビが出来るとよく言われるのはその為でしょう。どうしても食べたい場合は、カカオ80%前後のカカオ成分が高いチョコレートを食べましょう。
R9un0y2kn1jn7nts4kk1
他にも食生活において、気をつけたい点を挙げてみましょう。ファーストフードやアルコールの摂取を出来るだけ控えてみましょう。ファーストフードはパンやフライドポテトなど、炭水化物、脂質が多く含まれています。そして、お酒には糖質を多く含んでいるものがあります。ビールやワインなどです。アルコールはビタミンB群を消費してしまう点も気になる所です。そして、お酒を飲む際につい食べてしまうおつまみ。お酒のおつまみには脂質が多いものを選んでしまいがち。ニキビ跡を改善し、美肌を目指す為に控えめにしたいですね。
いかがでしたか?ニキビ跡に効果がある食べ物、美肌に必要な栄養素と食べ方のポイントをご紹介しました。食生活を整えることは肌トラブルを改善し、美肌に繋がっていくのですね。最後に、食事からではなく、他のアプローチからニキビ跡への対処法を紹介した記事、出来てしまったニキビ跡を隠したい時に役立つアイテムを紹介した記事を見つけました。ぜひこちらも参考にしてみて下さいね!