Tq5rxfsmhgve9lzvmgqq

コーデ

CATEGORY | コーデ

キャップの洗い方知ってる?"重曹”で汗と黄ばみを簡単に落とす方法

2018.10.09

最近女性でもキャップをかぶる人が増えていますが、薄い色のキャップに汗などで黄ばみが出てくる場合があります。キャップの洗い方なんて知らない!洗濯機で洗えるの?という人のために、重曹などを使ったキャップの洗い方をご紹介します。

  1. キャップに汗じみ、黄ばみ?!
  2. キャップの洗い方、間違うと大変なことに
  3. 正しい洗い方でも洗ってはいけないキャップ
  4. キャップの正しい洗い方①洗う前に汚れを取る
  5. キャップの正しい洗い方②洗面台にぬるま湯を入れる
  6. キャップの正しい洗い方③洗剤かシャンプーを入れる
  7. キャップの正しい洗い方④取れない汚れには重曹
  8. キャップの正しい洗い方⑤すすぐ
  9. キャップの正しい洗い方⑥水分を取って干す
  10. まとめ
引用: https://78.media.tumblr.com/fa818db9b18d0d1ef426132426ba7bcc/tumblr_nnpw6az2Za1sw214ao1_r1_500.png
以前は、男性がかぶることが圧倒的に多かったキャップですが、最近は女性のファッションアイテムとしても一般的になりつつありますね。お気に入りのキャップを頻繁にかぶっていると、汗などで汚れてきてしまいます。服の場合、汚れたり汗じみができたり黄ばみがでたら、漂白剤を入れて洗濯すればOKですが、キャップの場合どうすれば良いのでしょうか。スニーカーなどを洗濯機で洗うというとんでもない人もいますが、キャップも服を洗濯機で洗うのと同じように、漂白剤などを入れて洗濯機で洗えば良いのでしょうか?答えはNOなのです。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/840/11197840/11197840B_34_D_500.jpg
引用: https://img.iqon.jp/items/11529468/11529468_l.jpg
帽子というものは、生地と生地を縫い合わせればできるものではありません。頭のような型にかぶせて、蒸気を当てたりしながら少しずつ形作っていく…といった作り方をしているのです。また、生地によっては糊付けも必要です。蒸気を当てて伸ばしたり、糊付けをしたりしてきれいに形作ったキャップを、Tシャツなどと同じように洗濯機にそのまま入れて回したりしたら、せっかくの形が崩れてしまうのは目に見えていますよね?「糊付けの糊が取れたら、自分で糊付けすればいいんじゃないの?」という人もいるかもしれませんが、これが素人ではきれいにできないのですよ。さらにおかしな形になって固まるのがオチです。キャップを洗濯機で洗うというのは、せっかくのキャップを捨てるようなものです。洗濯機でキャップを洗うというのは、絶対にやめましょう。
引用: https://tshop.r10s.com/cb3/95a/2060/867c/4042/a7e0/b9d9/11c5e686ce54ab3a294f01.jpg?_ex=330x330
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41Qd1MXL60L.jpg
これからキャップの洗い方をご紹介していくのですが、その前に、正しい洗い方であっても絶対に洗ってはいけないキャップもあるということを知っておいてください。洗っても良いのは木綿や化繊でできたキャップだけで、ウールやリネン、レザーなどでできたキャップは絶対に洗わないでください。これらの素材は、洗濯機ではなくても、洗ってしまうと型崩れどころではありません。乾かすときに縮んでしまったり…と、原形をとどめませんので、絶対に洗わないようにしてくださいね。こうした「家庭で洗ってはいけない素材でできているキャップ」は、帽子のクリーニングもしてくれるクリーニング店を探し、プロにお任せしましょう。レザーの場合は、レザーパンツなどと同じように家庭でお手入れすることも不可能ではありませんが、ウールやリネンなどは素人が家庭で洗うのは厳禁です。
引用: https://cdn.thumb.shop-list.com/res/up/shoplist/shp/__basethum370__/elehelm-hatstore/item/2/60-23002-011.jpg
引用: http://arghavanchap.com/wp-content/uploads/2016/07/4-1.jpg
まずは洗う前に、取れる汚れは取っておきましょう。生地にもよりますが、白いほこりなどの小さなゴミがついている場合も多いので、そういうものはガムテープなどで取っておいてくださいね。つばの付け根など、ガムテープでは汚れが取れにくいところは、歯ブラシでこするなどすると良いでしょう。ゴミがついたまま洗うと、キャップから離れて水の中に浮いたゴミが、またキャップにくっついてしまったりするので、ゴミはきちんと取っておきましょう。
引用: http://images.budgetgolf.com/P.cache.large/32457-04.jpg
引用: https://assets.xtechcommerce.com/uploads/images/medium/f631b78aa3996764dce97d74585afd24.JPG
ゴミが取れたら、次はぬるま湯を準備しましょう。洗面器ではキャップを入れるには小さいので、洗面台にお湯をためることにしましょう。小さめのたらいなどがあれば、そちらでも良いですよ。大き目ならば洗面器でもかまいません。とにかく、キャップ全体が余裕で入るような大きさのものに、ぬるま湯をためられればOKです。
引用: https://thepromogroup.co.za/wp-content/uploads/2016/01/TPG1742AKH.jpg
引用: http://image.musinsa.com/images/goods_img/20170407/535735/535735_1_500.jpg
洗面台やたらいなどにぬるま湯を入れたら、中性洗剤かシャンプーを入れます。汗じみ・黄ばみなどの汚れは、服の場合でも洗剤で洗いますが、キャップの場合、服とはちょっと性質の違う汚れもついているのです。額が当たる部分のしみなら、額の汗によるしみと言えますが、キャップは「頭」にかぶるものなので、頭皮や髪の毛の脂など、ちょっと厄介な汚れもついているのです。特にひどい汗じみや黄ばみなどがない場合は、頭皮の脂の汚れを落とすため、シャンプーを使って洗うと良いでしょう。汗じみや黄ばみが目立つ場合は中性洗剤をぬるま湯に入れて混ぜて下さい。
引用: http://image.musinsa.com/images/goods_img/20170424/543780/543780_1_500.jpg
引用: https://cdn.ccs.com/media/catalog/product/cache/4/image/550x550/17f82f742ffe127f42dca9de82fb58b1/8/4/842072135804-1.1506715646.jpg
頭皮の脂汚れにはシャンプー、汗じみなどの黄ばみには中性洗剤をぬるま湯に入れて混ぜて、キャップをお湯に沈めて押し洗いしてください。ぎゅうぎゅう強く押したりせず、優しく洗って下さいね。優しく洗っても黄ばみなどの汚れが取れない場合は、重曹を入れて下さい。重曹は、ワイシャツの襟の黄ばみ汚れなどにも良く効く…と、洗濯のお供として人気ですが、キャップのひどい汚れにも有効です。優しく洗っただけでは取れない汚れには、重曹を少し入れて下さい。重曹がない場合、色落ちしない酸素系の漂白剤などでもかまいません。重曹と同じぐらい汚れが取れます。汚れがひどい部分があれば、歯ブラシでこすってもかまいませんが、洗うためにキャップを強くつかんで引っ張ったりして、型崩れしないように気を付けて下さいね。
引用: https://cdn-img-2.wanelo.com/p/2c5/89d/70c/13e834849151ed7ff780a3c/x200-q90.jpg
引用: https://eu1.hatstoremedia.com/hatstore/images/4251321235305_1/555/555/0/make-it-rain-curved-sand-adjustable-cayler-sons.jpg
やさしく押し洗いして、重曹などでさらにきれいになったら、すすぎをしましょう。すすぎももちろん、洗濯機でやってはいけませんよ。洗面台もしくはたらいのぬるま湯を捨てて、新しいぬるま湯に入れ替えて、押し洗いします。洗剤やシャンプーの成分はそう簡単に流れだしませんので、またぬるま湯を捨て、新しいぬるま湯に入れ替えて押し洗いしてください。洗剤やシャンプーの成分がなくなるまで、きちんとすすいでくださいね。三回ぐらいぬるま湯を入れ替えて押し洗いすれば、すすぎは終わりです。
引用: http://i.ebayimg.com/images/g/48oAAOSwTglYkiZb/s-l300.jpg
引用: https://eu1.hatstoremedia.com/hatstore/images/5054783276362_1/555/555/0/baseball-cap-dusty-pink-adjustable-lyle-scott.jpg
充分にすすぎができたら、次はキャップの水分を取ってあげましょう。バスタオルなど、大き目のタオルの上にキャップを乗せて、水分を取ります。ごしごしとこすったりするのではなく、やさしく包み込んでバスタオルにキャップの水分を吸わせる感じで水分を取ってくださいね。こうしてキャップの水分が大体バスタオルに吸収されたら、とりあえず脱水は完了です。間違っても、洗濯機で脱水したりはしないでくださいね。脱水が出来たら、最後に日陰で干します。つばの部分を洗濯バサミでつまんで干す人が多いかと思いますが、これではきれいに干せません。頭の部分を洗濯バサミでつまんで干すのもいけません。型崩れしないようにきれいに干すには、ザルを使います。そう、台所にある、野菜などを入れたりするあのザルです。キャップをかぶせられるサイズのザルにキャップをかぶせて、風通しが良いところで陰干ししてください。ベランダに洗濯機があるなどという場合、洗濯機の上に置いたりするとちょうど良いですね。置く場所がない場合は、ベランダに椅子を置くなどして、置き場所を作って干してください。ザルにかぶせることによって、もともとの丸い形をしっかりキープしたまま干せますので、型崩れを防げます。
引用: https://img.ssl.verybuy.cc/taobao_user_submit/5da174704861bfc10d00f0215518d46f_600.jpg
引用: https://cdn.shopify.com/s/files/1/0942/2502/products/fckoff_cap_wht1big_large.jpg?v=1461925826
キャップの洗い方についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?特別な道具を使うことなく、キャップを型崩れすることなく簡単に洗えますので、お気に入りのキャップが最近汚れてきた…などという人は、ぜひこの洗濯方法をお試しください。あなたのおしゃれのワンポイントになってくれる大切なキャップ、やさしく洗って末永く愛用してあげてくださいね。
引用: http://cdnp.jimmyjazz.com/PS40186/PS40186_white_dad_hats_panda_strapback_lp1.jpg

関連記事もあわせてチェックしてみて!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://cdn.thumb.shop-list.com/res/up/shoplist/shp/__basethum900__/victoria-dress/22-8/22n38419_1.jpg