Jg2jot0xpfnxjsb8wpcj

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

乾燥ニキビって知ってる?隠れ乾燥肌の見分け方&対策・予防法まとめ

2019.02.11

人々は一般的に、オイリー肌をにきびと関連づけますが、乾燥した肌もにきび勃発の原因となります。 乾燥ニキビは、あなたの肌の毛穴が詰まるたびに発生します。 乾燥ニキビの対策とその予防方法、乾燥肌の見分け方についてお送りしてゆきます。

  1. 乾燥肌の見分け方 ~乾燥ニキビへの対策&予防のために~
  2. 脂性乾燥肌(インナードライ)とは ~乾燥ニキビへの対策&予防のために~
  3. 乾燥肌・脂性肌・脂性乾燥肌の見分け方 ~乾燥ニキビへの対策&予防のために~
  4. 乾燥肌の対策・予防法
  5. 乾燥ニキビへの対策と予防法
  6. まとめ
Emqvkjjsepvaumilwkvh
引用: https://kenko-jouhou.com/pimple/hadashitu.html
乾燥肌タイプの方が、なぜか肌が皮脂でてかる。 脂性肌タイプの方が、肌の一か所に乾燥が見られる。 乾燥肌なのか、脂性肌なのか判断がしにくい方は意外と多いです。 肌には普通肌、混合肌、脂性肌、敏感肌、乾燥肌の5種類がありますが、特に 乾燥肌タイプと脂性肌タイプの判断が難しい場合は、乾燥する冬の時期には多いケースです。 一見反対の肌タイプの状態の乾燥肌と脂性肌は簡単に見分けができません。 理由として“肌の皮膚表面は脂性肌の傾向で、肌の皮膚内部は乾燥している“「脂性乾燥肌」という肌状態の場合が考えられるからです。乾燥肌、もしくは脂性肌と思っていても、脂性乾燥肌の可能性もあります。
Ylw5y8sjxjiamkxtsxcn
引用: https://www.dreamstime.com/stock-illustration-oily-dry-skin-different-human-types-conditions-diagrammatic-sectional-view-image69997798
乾燥肌の定義は、皮膚の水分量と油分量が少なく、肌が乾燥状態という場合です。 乾燥肌の一般的な改善方法は肌への保湿です。乾燥肌から敏感肌に移行する恐れもあります。 一方、脂性肌とは、オイリー肌で皮脂が過剰に分泌されている肌の状態を指します。 また、肌の水分量・皮脂量が多く、肌全体に皮脂感がある状態です。 脂性肌の状態を正しいケアをしないと、毛穴が開きニキビが大量発生してしまいます。 衛生的な肌の状態を維持するケアが必要です。
Tlh0jnqzdpdar3pic608
引用: https://skinnocencecompany.com/learn-your-skin-type/
脂性肌はベタつく感触、乾燥肌はかさつく感触。 脂性乾燥肌タイプは皮膚の表面はべたつく感触ですが、皮膚の内部は乾燥肌の状態と、本来 乾燥肌タイプとしてケアが必要なのに、脂性タイプとして判断されて脂性タイプの方向けのケアをしてしまう恐れがあります。主な原因は女性ホルモンのバランスの乱れと言われています。 忙しい日常生活によるストレスや睡眠不足が原因となり、女性ホルモンバランスは崩れがちになります。 そうなると、ライフスタイルの見直しも必要となってきます。
C4ssyuuuypvrn3au4dsn
引用: http://getnews.jp/archives/1459647/gate
正しいスキンケアを行うには、自分の肌タイプとその状態を把握することです。 乾燥肌・脂性肌・脂性乾燥肌の見分け方の安全で確実な方法は、皮膚科の専門医師に相談して検査してもらう方法です。また、美容皮膚クリニックでのカウンセリングで相談し調べてもらう方法も間違いがありません。 気軽にということであれば、百貨店の化粧品専門のアドバイザーの方に肌タイプの診断をしてもらうことも考えられます。肌タイプの診断の際、肌の水分量と皮脂量のバランスを調べてくれます。 このバランスによって、自分が乾燥肌・脂性肌・脂性乾燥肌なのか見分けが可能です。 〇脂性肌→水分量・皮脂量ともに理想値より多い 〇乾燥肌→水分量/皮脂量ともに理想値より少ない 〇脂性乾燥肌→水分量は少なく、皮脂量は多い
Kwaibxm3n2zoe5ijpgcn
引用: http://tipsandbeauty.com/night-skin-care-routine-for-oily-dry-acne-prone-skin/
分泌された過剰な皮脂はニキビを頻繁に発生させますが、古い皮膚細胞、化粧品、汚れ、細菌もまた毛穴を詰まらせ、ニキビを引き起こします。乾燥肌タイプの方の中には、乾燥肌タイプ向けの特別に配合された保湿剤や化粧水が毛穴を詰まらせ、乾燥ニキビの症状を悪化させる恐れがあります。しかし、肌の保湿をしないと、肌は乾燥しすぎて皮膚から過剰な皮脂を生成するようになります。主な、乾燥肌対策・予防方法は、 〇ローションとクリームを使ってアクネを治療 〇定期的な保湿 〇クレンジングと洗顔料は低刺激のものを選ぶ 〇洗顔の際、洗い流し過ぎない 〇日焼け止めを使用する などが挙げられます。

乾燥肌でもニキビはできやすい

Hjfm5osg8p4nfoijjoni
引用: https://www.facingacne.com/16-solutions-acne-problems/
湿度が皮膚の健康に影響するので、温度や湿度は乾燥ニキビの重要な要因です。夏の時期の乾燥肌は日焼けしやすく、汗や皮脂がより多く生成され、皮膚上に細菌が繁殖する場合があります。冬は乾燥ニキビがさらに悪化します。霜、冷たい強風、暖房機器のヒーターが肌や毛穴を乾燥させ、ニキビやかゆみを引き起こすためです。皮膚の「ひび割れ」は一般的であり、皮膚の表面に細菌を発症させ、乾燥ニキビを発症しやすくさせます。 乾燥自体がにきびの原因となることがあります。乾燥肌は過剰な皮脂を分泌しないと考えがちですが、実際には、乾燥しているがために肌からの水分が蒸発しないように、多くの皮脂を生成しようと働きます。その結果、皮脂が詰まって毛穴が詰まる可能性が増し、乾燥肌の場合、皮膚の水分を維持しようと皮膚にはさらに多くの皮脂が生成される可能性があります。

①乾燥ニキビ肌のための化粧水

Rdbnzh4s1synw3rm3tbn
引用: https://www.liveabout.com/acne-skin-care-tips-for-men-15602
乾燥した皮膚とにきびの両方に対応するようにまずは、皮膚を柔らかくして水分を保つのに役立つ化粧水を使用することが必要です。 ほとんどの化粧水には水分を保持する物質が含まれています。これらの保湿剤が皮膚に浸透すると、湿潤剤も皮膚に浸透します。良い化粧水は水分を肌に密封します。皮膚の上に皮脂層を作ることによって保湿を行い、天然の皮脂のように作用します。ほとんどの化粧水は同様に機能するので、ハイブランドにコストをかけすぎるのは理にかなっていない可能性があります。多くの皮膚科学者によると、実際には安い化粧水を使用することをお勧めしています。

②適切なスキンケア製品を選択する

Jguqvkbavlsq9jpflfey
引用: http://thebeautyholic.com/2017/10/best-beauty-bloggers-skincare-tips.html
保湿剤は水分とオイルの混合物です。オイルの成分が多い配合物はクリームとして使用されています。より軽いものはオイル成分が少なく水分が多く、通常はローション(化粧水)と呼ばれます。もちろん、クリームは保湿には優れていますが、特に鉱物油が含まれている場合には、ニキビが発生しやすい皮膚の場合には、多くの問題を引き起こす可能性があります。軽いローションは毎日のスキンケアメンテナンスに最適ですが、最初に肌を修復するには重いクリームが必要な場合があります。 あなたの肌に保湿剤を塗布する時は、乾燥肌にあったものを選択するべきです。

③低刺激のスキンケアコスメ

Y6dhdf3vyxrdtc2wrdt0
引用: https://ashleybeautyblog.wordpress.com/tag/skin-care/
ほとんどの化粧水には刺激成分が含まれています。その他には、防腐剤、香料、色素なども含まれており、肌への負担と刺激は少なからず存在していると思ってよいでしょう。 まずは、非刺激性または低刺激性のようなラベルを確認してください。 ラベルの表記を信頼しない方はには、化粧水でよく使われる刺激剤の幾つかをご紹介しますので、成分表で確認してみて下さい。 〇尿素のようなものは湿気との結合に非常に効果的であり、研究によると尿素を含む化粧水が皮膚への刺激を軽減することを示していることに注意して下さい。尿素は5%以上の濃度で使用すると刺激を受けますので、5%以下の少量の尿素が含まれた化粧水ならば問題はないでしょう。 〇同様にα-ヒドロキシ酸は質層間の接着機構に作用して角質層を薄くする作用があり、毛穴を開いた状態に保つのに役立ちます。ニキビ肌を対象とした薬用化粧水で使用されています。 〇グリセリンは通常、敏感肌にとって安全な製品です。それは非刺激性であり、効果的に皮膚に水分を補給してくれます。
Sqntmhfgtt7trjub3gyq
引用: https://www.annmariegianni.com/ingredient-watch-list-benzoyl-peroxide-the-acne-treatment-much-too-harsh-for-mature-skin/
乾燥ニキビ肌の予防の最初のステップは、あなたの肌を刺激する原因を取り除くことです。 次のステップは湿気です。重い(水分よりもオイル成分が多く配合されている)クリームではなく、軽い(オイル成分よりも水分が多く含まれている)水ベースのローションが効果的です。化粧水を最大限に活用するための対策として、シャワーを浴びた直後、保湿剤をすぐに塗布してください。

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪