A7nonxqf8br68w8i4na1

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

敏感肌の原因は生活習慣にあり!肌質を整るための食生活&NG習慣

2019.03.06

敏感肌は免疫だけが原因ではありません。敏感肌を改善して肌質を整えるためには規則正しい食生活と生活習慣が基本です。そしてNG習慣をこの機会に見直して、健康的な生活を取り戻し、敏感肌を少しでも軽減させられるように努力をしましょう。

  1. なぜ敏感肌になるのか??
  2. 敏感肌の過剰反応
  3. 敏感肌の原因は食べ物?
  4. 敏感肌はターンオーバーが下手・ケアは重要
  5. 敏感肌のケアは内側と外側から
  6. 敏感肌を作る生活習慣と間違ったケア方法
  7. 肌質を整えるために
  8. 美しい肌をつくるための食生活
  9. 敏感肌を治すために
  10. まとめ
なぜか敏感肌?という人も多いのではないでしょうか?昔は普通だったのに突然敏感肌になってしまう場合もあります。これにはどんな背景が考られるのでしょうか??まずは敏感肌とはどのような状態を指すのしょうか?
精神的なストレス、食生活、住環境の変化によって、肌が敏感に傾いている人が増えていますが、血液検査をしても、「敏感肌」であると判断できる数値が出てくるわけでもないのが実際のところです

直接的な原因がわからない場合には敏感肌に対応するのも難しくなります。その時に精神的な何か圧迫を受けてるのかどうか?心因的な理由で敏感肌になっている場合多いのです。そして外的刺激が続いてしまい慢性的に肌が臨戦態勢に入っているような状態も、敏感肌の人の特徴です。

敏感肌になっている肌は、そもそも備わっているはずの、肌バリア機能が低下しているのです。すぐに外的刺激で敏感に反応してしまうのです。ほんの些細なことで、敏感肌の人は逐一反応を示してしまうので、要注意です。過敏になっているときには、変わったものを食べない、初めての場所には出かけないなど、自分で自制した方が無難です。
自分の肌に合った化粧品を使い、敏感肌が改善して、治ったという人も多くいます。いまからでも遅くないので、一緒に敏感肌について学んでいきましょう!

肌に合わないものを一切排除して肌に良いものだけを選んでいくという作業が大事です。そしてすべてのケアを継続的に行うことが必要です。短期間で敏感肌が改善されることはありません。だからこそ、慎重に敏感肌と向き合う必要があるわけです。

敏感肌の人は、隠れた食物アレルギーを持っている場合があるのです。もしかすると栄養バランスの取れた食生活からかけ離れている暮らしをしていませんか?敏感肌の原因は主にアレルギーが匹敵する場合が多いのです。血液検査を経ていないので、どうしても知らない間に、そのアレルゲン要素のものを口にしてはいませんか?その上、偏食をして極度のダイエットなどを行っている場合には、敏感肌を引き起こしている場合もあるのです。
敏感肌の原因が食べ物かも?と思うときには、好んで食べている食材を一旦食べないようにするなど、自分自身で調節をしてみてください。そうすることで、肌に合わない食材をみつけることができる可能性も高いのです。スナック菓子が好きな人も多いはずですが過剰摂取は敏感肌の原因になりやすいとも言われているほどです。
白砂糖や脂っこい食品、刺激物などがあります。敏感肌を悪化させる原因にもなり兼ねないので、食べ過ぎには注意してください。

敏感肌を悪化させる可能性のあるものは控えて、一時的に様子を見ながら進める方が無難です。

敏感肌の場合には、既に肌に凹凸がある場合や、吹き出物が出ている場合がほとんどです。そのために、本来は行われるべきターンオーバーがうまく行っていないことが多いのです。そのために、肌代謝が悪くなって美しい肌を保てなくなっているわけです。
「肌が乾燥し、外部刺激を受けやすい」ということは このバリア機能が低下している証拠です。 つまり、敏感肌・乾燥肌は、このバリア機能が低下しています。 肌が生まれ変わり、新しい角質層をつくりだすサイクル "ターンオーバー"が乱れ、角質層内の保湿成分が 不足していることが原因のひとつです。

自分の肌を守れるのは自分です。肌が敏感になっているときには難しく考えずに、肌の負担を減らすことだけを考えて過ごせばよいのです。肌に良いコスメと聞くと、自分にも合うかも?と思うのですが、実際に敏感肌の人にとってはすべてが外的刺激の一つです。そこをくれぐれも留意して進めることが大切だ思われます。

失ったバリア機能を大事にすることが大切です。敏感だからこそ、守りに入る必要があるわけです。敏感肌になる前は、十分に外的刺激からも自分の肌は守れていたはずです。何かが原因で、バリア機能をなくしてしまった肌こそが、敏感肌と呼ばれる状態なのです。今まで使ったことがな化粧品や美容液をここぞとばかりに使用することは、おすすめできません。
肌が敏感になっているときはたいていの場合、免疫力が下がっていることが考えられるのです。だからこそ、肌の内側から弱った免疫を上げる必要があります。これは、とても重要なことなのです。肌の保湿成分を高める食材や皮膚や粘膜を丈夫にしてくれる食材を選ぶことが重要なのです。一覧にして自分の中でよい食材と悪い食材を区別しておくと、食生活の中で失敗をすることも減ります。
敏感肌が長い期間続くと、乾燥が進んだり、ターンオーバーが乱れたりして、さらにバリア機能が低下するなど、悪循環を繰り返してしまうことがあります。

少しでも早く敏感肌の状態から抜け出すことが必要なのです。そのためにできることをコツコツと積み重ねることが重要ポイントです。刺激の少ない基礎化粧品をできるだけシンプルな数に限定して使うなど自分なり工夫が必要です。

うなぎやレバー、かぼちゃは皮膚と粘膜を丈夫にする作用があります。そして豚肉や豆類、卵などはアレルギー症状を抑え込む役割を担います。レモンはじゃがいもは、肌にハリと艶を取り戻してくれるのです。食事は美容には直結するものでもあるのです。
普段のスキンケアすらうまく行かない、そんな敏感肌を持っている人は常に肌の状態が安定していないので、臨機応変にメイクをしています。それよりも、肌の内側にはたらきかけて、内側からも肌を再生できるように働き掛ける必要があるのです。
絶対的に言えるのは、寝不足が続いている人の肌は美肌からは縁遠いものになっていることです。肌のターンオーバーや代謝が正しく行われなくなるのです。そうすると肌も常に疲労状態に陥ります。睡眠不足ほど、如実に肌の状態を変えてしまうものはないほどです。そして肌に負担を書ける化粧品の存在についても、今一度見直した方が良いでしょう。
いますぐい美しい肌は手に入りません。何が大切かと言いますと、やはり、丁寧なスキンケアに尽きます。スキンケアを怠ってしまうとどうやっても、肌は整わないのです。そして、ストレスが多い生活や精神状態にあるときには、肌の調子を整えるタイミングではないと悟って下さい。
肌荒れを改善できる食事方法という考え方をすれば良いのです。これが美し肌を作るための食生活に繋がっていくからです。もはや、皮膚科医の処方薬だけでは満足のいく肌はてにはいらない状態にあると考えてください。こんなときには、肌に栄養を与えることを考えてみてください。 基本的に通常よりも多めの食物繊維を摂取してください。そして、意識的に発酵食品を多く口にするように意識を向けておいてください。例えば納豆や、みそ、塩麹が発酵食品にあたります。
敏感肌になっている人は使う基礎化粧品にも気を配ってください。例えば、敏感肌の人はすでに外的刺激に弱くなっているのです。だからこそ、それ以上、刺激をあたえないことも鉄則なのです。
敏感肌を治す方法というのは、確立されていません。だからこそ、自分の肌に敏感になって、出来ることを丁寧に行うことが原則です。健康な肌を取り戻すために、コツコツ肌と向き合い続けて、理想の美肌を手に入れましょう。

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪