Qwlbgtdbfjyzc9gvwqxk

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

日焼け止めって冬でも必要?美白をつくる冬の紫外線対策とは

2019.04.01

紫外線をカットするのに必須な日焼け止め。そんな日焼け止めは冬でも必要なのでしょうか?どうしても夏のイメージがある日焼け止めですが、冬も塗る意味はあるのか?そして冬の紫外線対策とはどんなものが良いのでしょうか?これを知って色白になっちゃいましょう!

  1. 冬の日焼け止め?
  2. 冬にも日焼け止め?紫外線量とは?
  3. 紫外線による影響とは?
  4. 冬の日焼け止めケアは必要!
  5. 冬の日焼け止めケアに必須なのは、SPF? PA?
  6. 冬のケアに必要な数値とは?
  7. 冬のケアにオススメ商品ご紹介♪
  8. 冬にオススメな日焼けケア用品「プリマヴィスタ」
  9. 冬にオススメな日焼けケア用品「MacchiaLabel 薬用モイスト&カバーベース」
  10. 冬にオススメな日焼けケア用品「ミノン アミノモイスト ブライトアップベース UV」
  11. まとめ
Zkghzmvtutrrzgnantkf
夏のイメージがある紫外線ですが、冬には紫外線対策は必要なのでしょうか?美白ブームは続いていますし、しっかり対策はしたいですが、不要ならばわざわざ対策したくありませんよね。そんな冬の紫外線対策についてのアレコレをたくさんご紹介しちゃいたいと思います!ちょっと聞きづらい、分かりづらい事、徹底解説して行きます!では、さっそく見て行きましょう!
Jf9orlrdk9amg258nn7e
冬の紫外線量はどんな物かと調べてみました!するとシロノクリニックのWEBページにこんな事が書かれていました・・・
地上に降り注ぐ紫外線には、波長の長い「UVA波」と、波長の短い「UVB派」があります。この2つのうち、肌が赤くなる急激な日焼けをもたらすのはUVB波。冬になるとUVB波の量は、夏のピーク時と比べ1/4程度まで少なくなります。このため、冬には夏のようにひどい日焼けをすることはあまりありません。

気をつけたいのが、UVA波です。以前は、UVB波に比べUVA波は肌に与える影響が少ないと考えられていましたが、近年の研究によって、UVA波こそが長期的に肌に影響を及ぼし、しみやしわなどの大きな原因となるということがわかってきました。

UVA波は長期的にシミやシワの大きな原因となってしまう!?恐ろしいですね。つまり冬は自覚症状が無いまま、紫外線によるダメージを受けてしまいやすいという事でもあるんですね。更に続きます!
波長が長いUVA波は、雲やガラスなどを通過しやすいのが特徴です。また、肌表面にメラニンを増やすだけでなく、真皮層まで届いて、弾力繊維にダメージを与えます。冬には量は減りますが、それでも夏のピーク時の1/3程度は降り注いでいます。つまり、冬でも30分日差しを浴びれば、夏に10分日差しを浴びたのと同程度のUVA波を浴びるというわけです。

という事は、真冬の室内でも紫外線のダメージを受けてしまうという事ですね。しかも30日分浴びると夏の10日分に相当してしまうんですね。かなり怖い結果が出てきてしまいました。これは冬でも紫外線、日焼け止めケアは必要という事が分かります。
Izuopoj2zwj5o60atuvy
では紫外線を浴びてしまうとどうなるのでしょうか?今更人に聞けない紫外線の影響についてご紹介して行きたいと思います!紫外線を浴びると、日焼けをするだけではなかったのです!美肌の大敵と言われているのには、大きな理由があったのです!

紫外線を浴びると・・・「シミができてしまう」

先ほどにも少し出てきましたが、UVA波がお肌の奥に届くと、細胞が破壊されてしまってシミの原因となるメラニンが黒くなってしまいます。これが紫外線によるシミの原因なんですね。しかも冬にはUVB波が少ないので、お肌が赤くなったりしないので、自覚しにくいですね。

紫外線を浴びると・・・「たるんでしまう」

紫外線を浴びると、お肌の中のエラスチやコラーゲンが減少してしまいます。そうすると、お肌自体のハリが失われてしまい、お肌がたるんでしまいます。たるんでしまったお肌はやがてシワにも繋がってしまいますね。紫外線は怖いことばっかりです。しかも目の周りは紫外線が浴びやすいと言われています。目元がたるんでしまうと一気に年齢を感じさせてしまいますよね。

紫外線を浴びると・・・「乾燥してしまう」

紫外線は水分を蒸発させてしまう事もあるので、お肌を乾燥させてしまう原因にもなってしまいます。乾燥はお肌の老化現象にも繋がってしまいますし、一度乾燥してしまうと、角質に細胞の隙間ができてしまい、その隙間から更に水分が出て行ってしまうという悪循環も考えられます。
Cnfcj01untuzga3okwiu
ここまでで、冬の紫外線ケアは必要という事がお分かりいただけたかと思います!冬でもこんなに怖い状態になっていたのですね。しっかりケアしていかないと、美白だけではなくたるみや、シワへと発展してしまいます。ここからは冬に必要な日焼け止めケアのポイントなどをご紹介して行きます!
Itgx7c7vgtmgcf7duoqc
よく日焼け止めに書いてあるSPFとPAですが、具体的にどんな意味を持っているのかご存知でしょうか?それぞれを説明して行きますね!

SPFとは

よくSPF28なんて書かれていますよね。そんなSPFの意味とは、
SPFとは、紫外線B波を防ぐ数値の大きさを表す単位のことであり、1SPFで20分の間、紫外線B波から肌を守るといわれています。 SPFの大きさは現在(2017年1月時点)、『50+』が最高値とされており、これは約8時間20分の間、肌を紫外線B波から守ることができる計算になります。

PAとは

こちらはPA++などと書かれている事が多いかと思います。どんな意味なのでしょうか?
PAとは、紫外線A波を防ぐ数値の大きさを表す単位のことであり、SPFとは異なり、数値ではなく『+』の量で示されます。 現在(2017年1月)時点でPA+~PA++++までの4段階が設定されており、+の数が多いほど紫外線A波から肌を守る時間が長くなることが期待されます。

冬のケアに必要なのは、どちらかだけではなくどちらもバランスよく必要なんですね。しっかり把握しておきたいですね。では数値はそれぞれどの程度の物が必要なのでしょうか?
Rzuvo17wtyr7mie2cdgu
冬のケアに必要な数値は、軽いお出かけ程度であればSPF10-20でPA++ほどと言われています。ですがレジャーだったり、長時間外で陽を浴びる場合にはSPF20-50でPA+++から++++ほどの物を選ぶのがよいそうです。数値が強いほど安心ではありますが、その分お肌に負担をかけてしまうので、適正な数値のものを選ぶのは大切ですね。そして冬は乾燥するので、保湿効果があるものなどもおすすめです。下地に日焼け止め効果があるものも良いですね。
Zmbpit6f1i8yjc1dtxsz
では冬のケアにオススメな、高保湿で下地も兼ねている商品をご紹介して行きたいと思います!ぜひ参考にして見てくださいね!では見て行きましょう!
プリマヴィスタ カサつき・粉ふき防止下地 SPF15 PA++ 25g
価格 ¥ 3,024
SPF15 PA++と普段のお出かけにちょうど良い程度の紫外線カットですね。下地で差がつく−5歳肌という触れ込みはとても有名ですね。美容液のようなテクスチャーでお肌にしっかり密着して、伸びがよく使いやすいと人気のシリーズですね。お肌の弱い方でもこれなら使えるという口コミも多い一本です。
MacchiaLabel 薬用モイスト&カバーベース
価格 ¥ 3,210
SPF37 PA+++なので、多少長く外出する時などはちょうど良いタイプとなります。メイク仕立ての状態が長くキープできると口コミサイトでも評判の下地です。プラセンタエキスも配合しているので美白ケアも同時にできるのが嬉しいポイントですね!
ミノン アミノモイスト ブライトアップベース UV 25g
価格 ¥ 1,365
無香料・合成着色料・アルコール(エチルアルコール)無添加・パラベンフリー・紫外線吸収剤フリーで、アレルギーテス・パッチテスト・スティンギングテスト済となっているのにSPF47 PA+++というかなり高コスパなタイプです。これなら冬のレジャーも安心ですね。
O2os4n6n0udyhltaswp8
最後まで読んでくださってありがとうございます!ここまで冬の紫外線対策、日焼け止めについてご紹介させていただきました。美白のためには年間を通してしっかりとした紫外線対策が必要だったんですね。何となくのイメージでは夏のみの感じがしてしまっていましたが、自己判断だけで済ませてしまうと大変になるのでしっかりした予防を心がけてくださいね。

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪