Jdpthmd3nlxvpsxgyuvd

美容

CATEGORY | 美容

口紅が歯につくのがイヤ!リップの付着を防ぐ塗り方ポイント

2019.05.16

あっ!歯に口紅がついてた!?って、後になってから気づくのとっても嫌ですよね。歯につく口紅ってすぐ落とせないし、気づくのは写真撮った時とかメイク直しの時だから。すでに見られてる・・・そんな歯につく口紅は塗り方がポイントだったんです!必見です。

  1. 口紅が歯につく!
  2. 歯に口紅がつく原因とは!
  3. 口紅が歯につく原因 その1「口の中が乾燥している」
  4. 口紅が歯につく原因 その2「口紅を塗り過ぎている」
  5. 口紅が歯につく原因 その3「クセがある」
  6. 口紅が歯についてる!?とっさの処置方法!
  7. 歯に口紅を付けないための予防方法!
  8. 予防方法 その1「前から見える部分だけに口紅を塗る」
  9. 予防方法 その2「指で塗る」
  10. 予防方法 その3「ペンシルタイプに変えてみる」
  11. 正しい口紅の塗り方!
  12. まとめ
Vhu31kjhnjbqsdvxts4z
あっ!と思った時には、時すでに遅しなことの多い歯についてしまった口紅。自分では気づくことが遅くなってしまうので、誰かに見られてしまう率が高いものでもあります。 しかも指摘してくれる人の少ない症状で、不潔感や気にしない人と言う印象を与えてしまいます。そんな歯についてしまう口紅には原因があったのです!この原因に対処して、歯に口紅のつきにくいようにして行きましょう!
Nclp9vhztgj9jtdeent4
ではまず歯に口紅がついてしまう原因についてから知っていきましょう!口紅がついてしまう原因には意外なものもありました!ついつい普段自分が行ってしまっていないかチェックしていきましょう!
Wbnbvbzla0vskta86kkf
お口の中が乾燥してしまうと、歯と唇がくっつきやすくなってしまいます。そうすると歯に口紅が付きやすくなってしまいます。口で呼吸していたり、接客業などの方は、しゃべり続けると乾燥してしまう事もあると思うので気をつけてください。適度な水分補給や、長くしゃべる時にはミントタブレット、ガムなどを口に入れておくことも予防方法として挙げられます。
Svlgwqfr9dmqyhpgoqkt
単純に口紅を塗りすぎているということもあります。口紅の持ちを長くしようとしたりして、必要量より多く塗りすぎてしまうとどうしても口の奥まで入って言ってしまうので、歯に口紅がついてしまいます。 あまり多くなりすぎてしまっても、ムラの原因にもなってしまったりするので気をつけましょう。
Erbmzeljexbu6nzxnlgu
意外に唇のクセというのは、人によって多かったりします。唇を内側にしてしまったり、 軽く歯で唇を噛んでしまったりその方は多いのではないでしょうか。ですがそのクセが歯に口紅をつけてしまう原因かもしれません。意識していない場合もありますのでどうしても歯に口紅がついてしまう場合には、口を動かすクセをしているかチェックしてみるといいかもしれません。
Pxtlot7mob9gjfgvammj

ティッシュが大活躍!

V8joyo9nsrhim1sjubll
注意していても、歯に口紅がついてしまった時にとっさの処置を覚えておけば安心できますね!放置してしまうこともできない歯についてしまった口紅を、しっかり落としましょう!
ティッシュはかなり強い味方になってくれます!まずは、ティッシュでついてしまった歯の口紅落としていきましょう!ここで歯の隙間に口紅がうっかり入ってしまうと、取りにくくなってしまいますので気をつけてください!そしてティッシュを二重折にして、唇だけで噛むようにして余分な口紅落としていきます。これで内側についてしまっている口紅を落とすことができます!
Eloztlfnywccmwhq2yxv
では歯に口紅をつけないための予防方法についても知っていきましょう! しっかり予防して行き、歯に口紅がついているという印象をつけないようにしましょう! 歯に口紅がついている時が多いと印象も悪くなってしまいますね。でもしっかりチェックして行きましょう!
Fprwjvuplkordbdecfcb
前から見える部分にのみ口紅を塗るというのは、とっても初歩的なことですが、もしかしたら毎日リップメイクを行なっている間に、内側の方まで乗り込んでしまうクセがついてしまっているかもしれません。一度塗る時に口紅をどこまで塗っているかを意識してから塗っていきましょう!
Kstyop7eyivqj0wbdpwy
指で塗るようにすることで、奥まで塗ってしまうことを防げます。 それと余分な口紅をつけてしまう予防にもなります。もし今まで直塗りなどをしていた場合は、指で塗る方法に変えてもいいかもしれません。指で塗ると適度なムラ感がでますし、 口角に向かって薄くするなどのグラデーションもつけられるので、リップメイクの幅も広がります。
インテグレート リップフォルミングライナー PK750 0.33g
価格 ¥ 860
リップペンシルは輪郭を囲むときによく使われますが、全体に使うと持ちがかなり良く、 口紅もつきにくくなります。ただマットな感じの仕上がりにはなりますので、好みはあるかなと思います。またリップペンシルではなくても、持続力の高い落ちにくい口紅を使うというのも手だと思います!
D5ilwvpkstwil0krhc2h
ではここからは正しい口紅の塗り方についてもご説明させていただきます!もう正しい口紅の塗り方なんて今更過ぎると思うかもしれませんが、毎日塗っているとつい自己流になってしまっていることもあると思います。是非一度この機会にさらっと見直してみてください!

正しい口紅の塗り方 その1「保湿する」

まずはリップクリームで唇を保湿します。保湿をしないとカサカサしてしまったりですとか縦じわが目立ちやすくなってしまいますので必ず行いましょう。 リップクリームを出来れば筆で取り、縦ジワに合わせて縦に塗っていきます。全体に塗ることができたら、5分ほど放置して余分な油分をティッシュでオフしていきます。

正しい口紅の塗り方 その2「コンシーラーを使う」

しっかり保湿することができたら、 コンシーラーを使って唇の輪郭を消していきます。ここで輪郭を消すことによって理想の輪郭で口紅を塗っていくことができます。 ちょっとひと手間かかってしまいますが、仕上がりが全く変わってきますので是非行なってください!

正しい口紅の塗り方 その3「口紅を塗って行きます!」

では実際に口紅を塗っていきましょう!ブラシで行う場合には、まず際の輪郭部分から塗っていきます。真ん中から口角へと進めて行き、 内側は上唇は上から下に、下唇は下から上に塗っていくと綺麗に塗れます。そして全体に塗り広げて行き、縦じわもしわに沿ってブラシを動かして、シワの間にも塗り込んで行きます。
直接リップを塗っていく場合には、1cmほど口紅を出して上唇から塗って行きます。輪郭に注意しながら、上唇の真ん中から口角へと塗り広げて行き、下唇も同様に行なって行きます。直接塗る方法は一番発色が良くなると言われているので、色を強調したい場合やしっかり発色させたい場合にとっても良いです!
指で塗っていく方法もあります。この方法はグラデーションを付けやすいですので、最も今年らしい雰囲気を出せます!指の腹に口紅を取り、ポンポンと少しずつ重ねづけします。この時に真ん中から塗っていくと塗りすぎを防ぐことができます。口角に向けて少し薄づきにすることで、今年らしいナチュラルな血色感を出しやすくなります。また、塗ってます感が出ないので、ナチュラルメイクにも合います。

正しい口紅の塗り方 その3「ティッシュオフして、もう1度塗る」

ここまで完了したら、軽くティッシュオフしてもう1度口紅を塗ります。この2度塗りを行う事によって、発色も本来の色になりますし、持ちが全然違って来ますのでとってもオススメです!手間はかかってしまいますが、後が楽になりますよ!2度塗りの後に、最後唇だけで挟むようにティッシュオフして、歯に口紅がつくのを防止しましょう!コレで正しい口紅の塗り方は完了です!
Trubkzebqrtloljkrgcw
最後まで読んでくださってありがとうございます!ここまでいやーな歯につく口紅を解消するための塗り方などをご紹介させていただきました。歯につく口紅って笑った時にかなり目立ってしまいますし、指摘してくれる人も少ないので、ついてしまうと嫌ですよね。ぜひ塗り方のポイントを押さえて、改善して行っちゃいましょう!唇に関連する記事も発見しましたので、併せて読んで見てくださいね!↓

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪