Elg7bfaxdat7h4mns4gi

暮らし

CATEGORY | 暮らし

全身がかゆい原因は?見直すべき生活習慣と緊急の対処法まとめ

2020.07.20

なんとなく全身がかゆい、そんな時はありませんか?実はぞれ、生活習慣や食べ物、アレルギーに原因があるかも?今回は、全身がかゆいと感じる時の原因や肌の乾燥状態、対処方法などを詳しく紹介!かゆみに悩まない健康的な毎日にするためには皮膚に水分を与える方法も紹介!

  1. 全身がかゆい!原因① 乾燥肌
  2. 全身がかゆい!原因② 食べ物によるアレルギー
  3. 全身がかゆい時に見直したい生活習慣
  4. 全身がかゆい時に見直したい生活習慣①入浴の方法
  5. 全身がかゆい時に見直したい生活習慣②丁寧なスキンケア
  6. 全身がかゆい時に見直したい生活習慣③外出時の紫外線ブロック
  7. 全身がかゆい時に見直したい生活習慣④ストレスレスな生活
  8. 全身がかゆい!掻くのはNG!
  9. 全身のかゆい時の対処方法
  10. 全身がかゆい時の生活習慣と対処法・まとめ
Kxyhyzbh2esfd0g2sjpe
引用: https://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1518118057/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cDovL2FueS1zdHJlc3MuY29tL3dwLWNvbnRlbnQvdXBsb2Fkcy8yMDE2LzAxL2JhY2twYWluX2NvbXAuanBn/RS=%5EADBgJdC_8zzad3PPfBeolrTO.aZQd8-;_ylt=A2RCKwkpU3taZ04ARw6U3uV7;_ylu=X3oDMTBrZ25oc2dhBHZ0aWQDanBjMDAzBDADanBjMDAz;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjU0ZCbE9rLWdfeGpqWWNTVGZpRkRiOWFFRGdUMTlyVVlCRXF0R0k2MlNnZ2ZlTXpSZlh6cWlaTWJjBHADNTRTaDVwYVo1N1NnNXAyUUlPZVhrdU9CaEEtLQRwb3MDNARzZWMDc2h3BHNsawNzZnN0BHR1cmwDaHR0cHM6Ly9tc3AuYy55aW1nLmpwL3lqaW1hZ2U_cT1IQlNlcDZJWHlMRmFrNERRdU1xUFBEVjltZEVlM092VEx4Szg4aGdaLmY4YW9sc2VXVkxmQkhZSzI0Ty51dlZzWmdTd0ZPZERQNmhDbE01SVlFeGMxMVkxTzFaX0lNR0UwREY2ZWcxRW9oWERDVGhiaXdFZ0puanpGT2R6RC5IODY1U0h6bFFoLkhFcm40NTFKZy0tJnNpZz0xMzhybWM3MTk-
実は、かなりの割合の人が一度は感じたことのある、全身のかゆみ。原因として最も考えられるのは、肌の潤い不足で起こる乾燥肌に由来するものです。例えば、季節で言えば湿度の低くなる冬に、全身にかゆみを訴える人がいます。このような人は、肌がパリパリに乾燥してしまい服と擦れたりする少しの刺激で肌表面が反応し、かゆみを感じることが多いです。
Ioxlvuhinxendyocaz4r
また、季節に関わらず、体内への水分補給が不足している人は、皮膚表面を潤すだけの水分がないため、肌表面を乾燥させてしまいます。その結果、冬に起こりやすい全身のかゆみを引き起こすことになるのです。また、水分だけでなく、体内の油分が極端に不足している人でも同様の症状が見られることがあります。
Vfvcrvdd3mfqde6kaao4
Acfq7jhq6b3dthleubxj
皮膚の乾燥以外で原因になりやすいものは、食べ物などのアレルギーです。もちろん食べ物以外でも、猫や犬などの動物に対しアレルギーを持っている人はかゆみを引き起こすことがありますが、この場合猫や犬に触れ合った直後やその日だけに限定されたかゆみになることが多いです。
Yfiyqvxtnr7lxhcxfzl4
引用: https://debusotsu.jp/11924
数日間続くかゆみや、長期的に感じるかゆみは、アレルギーと知らずに日常的に摂取してしまっている食べ物などが原因になっていることが多いのです。食べ物がアレルギーでかゆみを起こしている時は、軽度であるとただのかゆみだけの時もあります。しかし重度の症状になると、かゆみだけに収まらず湿疹のようになってしまったり、赤く晴れ上がってしまう場合もあるので注意が必要です。
Bmhf4j2ze5orsnlkq5l0
さて全身にかゆみを感じる際の原因を挙げましたが、そんな時に少しでも症状を改善するために積極的に見直して欲しい生活習慣を紹介します。少しの生活習慣への意識改革で、辛くて煩わしいかゆみも改善出来るかもしれません。当てはまる生活習慣があればぜひ今日からでも見直しを行ってみましょう!
Peseupxckyxjy0k7z8g1
まずは、保湿に着目した入浴の方法をとりましょう。お湯は厚すぎない温度にします。熱いお湯だと、皮膚にダメージを与えやすく、乾燥しやすくなります。皮膚の弱い人は、柔らかめのタオルを用いて、しっかり石鹸を泡立てて洗いましょう。強い力でゴシゴシするのはやめましょうね。お風呂から上がったら、タオルで体を擦らず、ポンポンと水を吸収するようにして水分を取ります。
Phcypglfeutxj3cqqadz
お風呂から上がったあとはスキンケアも大事です。女性では、顔のスキンケアを入念に行う人が多いと思いますが、全身の肌のスキンケアもしっかりと保湿力のあるクリームなどで潤いを与えてあげましょう。お風呂上がりは比較的皮膚に水分が足りており潤いのある状態を保てますが、そのままにしておくと肌の表面からどんどん水分が蒸発してしまいます。
Bwygm9xgqmz4t8xa78m3
そこで保湿クリーム、ボディクリームは肌表面にしっかり蓋をし、水分の蒸発を防いでくれる役割を果たすのです。また、既に肌に浸透している水分を守るだけではなく、潤いの足りない部分には、配合された保湿成分で潤いを補給してくれるため、かさかさ肌がハリツヤのある綺麗な肌へと生まれ変わります。
Bqwli9tvasozhabtzjwe
引用: https://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1518118275/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cDovL3d3dy5hcmVuYS1qcC5jb20vY29udGVudHMvc3BlY2lhbC9wcm9kdWN0XzE1MDQyOF91bmRlcnRoZXN1bi9pbWcvcGl4MDA4LnBuZw--/RS=%5EADBr2PRxRQQ7XhEsuyz2NDIj5EV5wg-;_ylt=A2RCL7ADVHtaMloAozGU3uV7;_ylu=X3oDMTBrZ25oc2dhBHZ0aWQDanBjMDAzBDADanBjMDAz;_ylc=X3IDMgRmc3QDMQRpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUjZlOU8ya29IVXNva0hVemJJcURwN3VrS242SndYTHZkRFlRcE4td0RPNVNKdm9PLXZmb1lOU1k0BHADNTRTaDVwYVo1N1NnNXAyUUlPZTBxLldrbHVlM21nLS0EcG9zAzEEc2VjA3NodwRzbGsDc2ZzdAR0dXJsA2h0dHBzOi8vbXNwLmMueWltZy5qcC95amltYWdlP3E9RkZ0N21yTVh5TEVPVDRZRlNqVUFQNFVkVk03cmtLTDFJM0dRT2JaS3Z4NTd2UUU0Y3c2ZVhXeHA3WkMwLnVIcFFPU08xUm0xeENzTEkwU3ZuaVNpYmxWdnc2a3UzOFRjcERTS09PbGJ5TGw5MlNud3dhM0NsdUZwRnhuSVJqVFBORlVhcUsybEZzZkVnOTFGZHkwdyZzaWc9MTNhYzdhbTJl
晴れた日は日焼け止めなどでしっかり紫外線対策をとっている方が多いと思いますが、意外な落とし穴は雨の日や雲りの日にあります。太陽が出ていなくでも、実は紫外線はしっかりと届いており、皮膚に吸収されてしまいます。今日は雨だからと油断をしてしまうと、紫外線によるダメージを受け、肌が乾燥しやすくなってしまうのです。そのため、外出する時には常にバッグに日焼け止めを常備しておきましょう。
また、日焼け止めは1度塗ったら2~3時間ごとに塗り直すようにします。ウォータープルーフの日焼け止めであっても、服で擦れたり、皮脂や汗によって効果は薄れてしまうもの。しっかりとダメージから肌を守るために、正しい日焼け止めの使い方を心がけましょう。
Mfim2fx5hlei5ljsv42v
肌の乾燥に特別関係の内容に聞こえますが、実はストレスも肌の乾燥の原因になります。ストレスや疲労などを体の中に溜め込んでしまうと、自律神経の乱れやホルモンの崩れを引き起こし、これにより正常な肌細胞のターンオーバーを阻害してしまいます。既に説明した通り、ターンオーバーが正常に働かない状態では、肌トラブルや乾燥を簡単に起こしやすくなるため、かゆみに繋がるのです。
Czmliwapbdvyiu7nff6d
毎日仕事で忙しい人も、自分の時間をしっかり確保することを大事に、リラックスできる方法を見つけましょう。おすすめは、バスタイムを利用してのリラックスです。エッセンシャルアロマオイルなどを使い、アロマバスを楽しむことも非常に心身のリラックス、リフレッシュに繋がります。まだ自分のリラックスの方法を持っていないという人はぜひ試してみてくださいね。
Ifaa5rspgmwiukzkldlk
かゆいと感じた時にそのまま掻いてしまうのは、非常に気持ちがよくなりますが、皮膚を傷つけることによって炎症を起こしさらなるかゆみを引き起こしてしまいます。こうなると悪循環が続き、症状はひどくなっていくばかりです。いくらかゆいと感じても、絶対に掻いてはいけません。かゆいな、掻きたいなと感じたときには、掻くかわりに別の方法で上手に対処してみましょう。

1.ハンドクリームやボディクリームで対処

外出先で体がかゆくなってしまった、そういう時にはハンドクリームはボディクリームで対処することがおすすめです。かゆみの改善のために寝る前や起きた時に保湿クリームを塗ってスキンケアを行っていても、日中はやはり乾燥しがちです。そのため、日焼け止めなどと一緒にハンドクリーム・ボディクリーム・保湿クリームを持ち歩くことがおすすめです!

全身のかゆい時の対処方法2.水や氷などで肌を冷やす

家にいる時にかゆみに襲われたときは、冷たい水や氷で肌を冷やすのも効果的な対処法です。あまり冷やしすぎるのは肌によくありませんが、一時的に温度を下げることによってかゆみを感じさせないようにすることができます。氷で冷やしてかゆみが収まったあとに、保湿クリームやボディクリームで保湿するのもその後のかゆみを防止する対処法です。

全身のかゆい時の対処方法3.こまめな水分補給

Jpqo76dqep5bfdstmjq3
1日に飲み物を摂取する回数が少ない人などは、意識的に水分補給をするように心がけましょう。体内の水分が足りていないと、肌を潤すための水分循環ができないので当然乾燥肌になってしまいます。お水でもお茶でも大丈夫なので、気がついたら水を飲む、1日に摂取する目安量を決めるなどの対策を行うことで全身の乾燥肌を正常な状態に近づけることができます。

全身のかゆい時の対処方法4.アレルギー検査

S2qh2lezhohr17wkqken
肌の乾燥によるかゆみじゃなさそうだ、長期的に続くと感じたら病院へ行きましょう。アレルギーによる乾燥ではなくても、専門家によるアドバイスをもらえることができます。乾燥によるかゆみではない場合は、食べ物などのアレルギー検査をし、自分の体に反応してしまう食べ物を把握することが必要です。そうすることで、今後食べ物にしっかり制限をかけることができ、辛いかゆみも解消することができます。
Riup2heqdef0ouyztfpy
今回は、多くの人が感じたことがある全身を襲うかゆみについて、原因、改善点、また対処法を紹介しました。季節によってかゆみを感じる人は、多くが乾燥肌によるものが多いですが、常にかゆみを感じる、症状が酷い、長期的に続いているという人は、躊躇わず病院を受診することも考えましょう。

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪