Ftd59bze4qrk8ew4h5co

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

化粧水をつけるとヒリヒリする…敏感肌・乾燥肌さんのための対処法

2019.01.21

敏感肌・乾燥肌のせいか化粧水をつけるとヒリヒリしてしまうと言う方必見です!続けてしまうと悪化させてしまうかも知れません!少しの刺激でも敏感に反応してしまうお肌のための解決策を模索します!化粧水のヒリヒリを少なくするためには!?さっそく見て行きましょう!

  1. 化粧水がヒリヒリする・・・
  2. ヒリヒリしてしまったら、とりあえずやるべき事
  3. お肌をこすったりしていないか確認
  4. その他の刺激になりそうな物を確認
  5. 化粧水がヒリヒリする原因は?
  6. 化粧水ヒリヒリの原因「乾燥」
  7. 解決策は?
  8. 化粧水ヒリヒリの原因「敏感肌」
  9. 解決策は?
  10. お肌に刺激となりやすい成分とは?
  11. まとめ
Ik7tueii47z3bvyotvjh
普段通りに化粧水を使ったら、ヒリヒリしたりお肌が痛くなってしまったり。そんな経験お肌が強い方でも1度はあるのではないでしょうか?筆者である私もたまになってしまったりします。原因は様々で季節や体調なども関係して来るそうです。そんな化粧水でのヒリヒリの原因や解決策などをご紹介して行きたいと思います!急にヒリヒリが来ても大丈夫なように知識を備えておきましょう!
Sfjqduaindkipt6rdhcr
ではまずはヒリヒリしてしまったらすぐにやるべき事をご紹介して行きたいと思います!化粧水をつけている途中でなった場合には、すぐに化粧水をやめてぬるま湯で化粧水を流して行きましょう!何らかの刺激があったらすぐに行うべきですね。その場でのケアは低刺激な物があればそれを使ったり、ワセリンを柔らかくして塗るだけなどにして終了しましょう!そして他にも見直すべき点があります。
お肌をこすったり、刺激を与えていないのか思い返して見ましょう。ピーリングや毎日の洗顔時に拭くタオルの拭き方などでも刺激になってしまう可能性があります。思い当たるフシがあれば、早急にやめましょう!タオルで拭く時にはポンポンと当てるように優しく拭いて行きましょう。タオルの拭き方はできれば毎日実践した方が良いですね。
その他にも刺激になりやすい物はメイク、メイク落とし、日焼け止め、などが考えられます。メイクはしないと言うのが理想ですが難しいですよね。ナチュラルメイクに切り替えて、ヒリヒリする箇所にはなるべく重ねないようにしましょう。メイク落としもミルククレンジングなど低刺激の物へ、日焼け止めは紫外線はカットするべきですが、なるべく必要最小限に留めましょう。
Rhxsw71ujllvovlrv6yf
では早急な対処法については分かりましたね!ここからは化粧水がヒリヒリしてしまう原因から探って行きましょう。様々な原因が考えられますが、大きな原因として考えられやすい事と解決策をご紹介して行きたいと思います!では行って見ましょう!
Zzjpfxurep6ziputetjg
乾燥が原因になってしまい、ヒリヒリしてしまっている可能性があります。乾燥の原因はかなりたくさん考えられて加齢、ストレス、紫外線や季節的な乾燥、などが考えられます。急に来た場合は花粉などのアレルギーも可能性がありますね。それらが複合している場合もあります。
Xajf55ggpi1y5tw4ds5d
乾燥が原因の場合には、保湿をしっかり行いましょう。ですがお肌が敏感になってしまっている可能性があるので敏感肌用、低刺激などと書かれたタイプの物を使用するのはマストです。ヒアルロン酸やコラーゲン、人の皮脂にも配合されているオレイン酸などしっかり保湿してくれるタイプの物を選び、インナードライにならないように気をつけましょうね。天然オイルなどの保湿も使いやすいでしょう。
Bvcettwn8dlsxnvc4rrj
化粧水を変えてもヒリヒリしてしまう場合には、敏感肌と言う可能性もあります。元から敏感肌なのではなく体質が変わって敏感肌になる方もいます。ひどい場合には髪の毛が触れただけ、自分の汗に反応したりなどもあります。敏感肌になるのには、様々な原因がありますがアレルギーや、化粧品が合わない、栄養不足などが考えられます。
Gcch1k2wlqi8dwhejqzb
対処法としては、化粧品類は全て敏感肌用の物に切り替えてメイクなども低刺激の物や、ナチュラルメイクへ移行しましょう。また腸内環境やストレスなども、お肌のバリア機能を弱らせてしまう原因になりやすいので、食べ物や心理状態なども見直してみる事も大切です。そしてひどい場合には無理をせずに専門医を受診する事も視野に入れて下さいね。
急にヒリヒリするようになった。赤みがかってヒリヒリすると言う場合には、敏感肌の可能性があります。敏感肌について詳しく書いてある記事をリンクしておきますね!参考にしてみて下さい。↓
Xanpt0zjrm83fni8vu3k
お肌が化粧水に反応するのはもしかしたら成分が関係しているかも知れません。化粧水を変えても同じ成分が入っていたら繰り返してしまいます。解決策はその反応している成分を見つける事ですが、特定するとなるとなかなか難しいですよね。刺激にやりやすい成分をご紹介しますので、以下の物が入っていないものを選ぶと言うのも良いかも知れません。

エタノール

エタノールは肌への刺激が強く、肌荒れを起こしている場合にはまず避けるべき成分として挙げられます。

エタノールはかなり多くの化粧品に配合されている事が多いです。化粧品以外にもボディソープや石鹸などにもよく使われています。エタノールはアルコールとも書かれている事もあり、清涼感がありさっぱりしますが、敏感肌の方にはとっても刺激となってしまいます。

合成香料

天然のエッセンシャルオイルは肌にとても有効で高級化粧品にも含まれていますが(ただしごく少量に限ります)、合成香料の場合は肌への刺激が強いことが研究で明らかにされており、避けるべき成分の一つといえます。

合成香料もかなり刺激となってしまいます。こちらも入っている物はとっても多いですね。化粧品にはふわっと良い香りがする物が多いですし、その香りがあると優雅な気持ちになれるなどはあるかも知れませんが、合成香料で刺激を与えながらと思うと、怖くなってしまいますね。こちらも刺激が強いので気をつけて下さいね!

ラウリル硫酸ナトリウム

清掃用洗剤に含まれる他、歯磨き粉やシャンプー、ボディーソープにも使用される。他のすべての界面活性剤と同じく皮脂を取り除くため、皮膚や眼などに炎症を起こす可能性がある[4][5][6]。特に、眼に入った後は大量の水で洗い流す必要がある。

いわゆる界面活性剤ですね。メイク落としや洗顔に含まれる事が多く乳液に入っている事もあるんです。入っていない方が良いと言われて来ていましたが、刺激にはなってしまいますね。多くの製品にも含まれていますし絶対に悪い成分とも言い切れませんが、良い成分とも言えませんね。

ラノリン

ラノリンは比較的一般的なアレルゲンで、羊毛のアレルギーと誤解されることも多い。しかし、ラノリンを含む製品へのアレルギーを正確に示すことは難しく、ラノリンのアレルギーが疑われる時にはパッチテストが行われる[6]。

保湿成分として配合されている事の多い、エステルオイルで、羊毛から取られた脂肪です。油分、水分どちらにも馴染みやすく、乳化剤としてよく使われています。多くの製品にも入っていて、靴磨き剤やグローブを柔らかくするためにも用いられているそうです。
Knxb6ivqmjmxkn7ccdju
もちろん、他にも気をつけるべき成分はありますし無添加である事に越した事はありませんが、今使っている化粧水に配合されていたら成分が原因の場合もあるかも知れませんね。一応確認してみるのも良いかも知れませんね。
Eka9nawhectanv93z2gj
最後まで読んでくださってありがとうございます!敏感肌・乾燥肌の方向けに化粧水をつけるとヒリヒリする事の解決策などをご紹介させていただきました。筆者である私自身も、けっこうな敏感肌で化粧水のヒリヒリに悩まされて来ましたが、何となく過ごして来てしまいました。この記事をお読みの方は無理せず、変だなと思ったら専門医を受診してくださいね!ヒリヒリを乗り越えて美肌になっちゃいましょう!関連記事も発見しましたので、読んでみて下さいね!↓

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪