Bz8wwxtv5ik0fx5fgmqc

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

敏感肌用の化粧水が知りたい!ヒリヒリしない商品の選び方とは

2019.02.06

化粧水でケアしようとしただけでもヒリヒリする!とってもツライ敏感肌の方には選び方があります。少しの刺激でもツライ時には、化粧水から選ぶ事が必要です。敏感肌の方向けの、お肌に刺激になってしまう成分などをご紹介して行きたいと思います!

  1. 化粧水がヒリヒリする!
  2. 敏感肌とはどんな状態?
  3. 敏感肌の原因
  4. 敏感肌の原因「乾燥」
  5. 敏感肌の原因「加齢」
  6. ストレス・生活習慣
  7. 敏感肌の方の化粧水の選び方とは?
  8. 敏感肌の化粧水の選び方「刺激になる成分が配合されていない」
  9. 敏感肌の化粧水の選び方「高保湿成分が配合されている」
  10. 敏感肌の化粧水の選び方「シンプルな物」
  11. 化粧水だけではない!?予防方法
  12. まとめ
Jduickslccfgiuttbnsc
以前はあまり認知されていなかった敏感肌ですが、今では約半数以上の女性が敏感肌・やや敏感肌だと感じているそうです。敏感肌になってしまうと、様々な刺激に反応してしまって、特にお肌に密着させる化粧品の選び方にはかなりの注意が必要ですよね。でもスキンケアをしないワケにも行かないし・・・となりがちです。そんな敏感肌の方の化粧水の選び方をご紹介させていただきます!一部は他の化粧品とも共通する事もあるので、ぜひ参考にしてみて下さいね!では見て行きましょう!
Fsigzy0dod00qfalgr3w
敏感肌とは、少しの刺激でもお肌がヒリヒリしてしまったりしてしまう状態の事です。バリア機能の低下が大きく関係しています。本来ならバリア機能がしっかり刺激から守ってくれる物なのに、機能が低下してしまい過剰に反応してしまう事です。洋服のこすれや、風が当たる事でも反応してしまう事もあるそうです。日常生活にも支障がでてしまいますね。
Rti6ww2t43ow6bkjlkzq
では敏感肌の原因についても見て行きましょう。バリア機能を低下させてしまう原因にはどんな物があるのでしょうか?敏感肌の元について知っていれば、対処法も変わって来るはずですね。ぜひチェックしておきましょう!
Ozq9frub8nphppfz6ntf
敏感肌の中でも原因としてかなり多いのが、この乾燥です。もともとお肌の角質には水分がある状態ですが、冬の乾燥や夏のエアコンなどでお肌は乾燥させられてしまっています。角質が乾燥してしまうと、細胞の間に隙間ができてしまって、更に乾燥してしまうと言う悪循環になってしまいます。
そして乾燥は紫外線が原因の場合もあります。紫外線がお肌に当たると、エラスチンやコラーゲンを減少させてしまい、お肌を乾燥させてしまいます。その時に、シワやたるみも起こしてしまうので紫外線はとっても怖いですね。
I9tlsoadx5lomfsmfjdq
加齢も一つの原因となってしまいます。だんだんと表皮や真皮は薄くなって行き、コラーゲンなども減少して行きます。そして、お肌の基礎体力が減ってしまいダメージを受けやすくなって行ってしまいます。ですので加齢と共に敏感肌になりやすくなるとも言えますね。お肌の状態は変わっていくので年齢に合ったケアが必要となって来ます。
Ikgzyozcinhfzslvdzye
ストレスや生活習慣もホルモンのバランスが崩れて、お肌にダメージを与えてしまう場合があります。ちなみにストレスを感じるとお肌が荒れると答えた女性は90%以上という結果もあるそうです。なるべくストレスを溜めないように向き合えるようにする生活を心がけて下さいね。また食生活なども見直し、暴飲暴食や外食が多い場合には偏ってしまっている場合もありますので気をつけましょう。
V7pfxmxvc4pfa1wbd8wk
では敏感肌の原因についてはわかりましたね!ここからは敏感肌の時の化粧水の選び方についてご紹介して行きたいと思います。敏感肌を悪化させないようにするにはどのような選び方をするのが良いのでしょうか?見て行きましょう!
Jpc8lrtbrxoy0r8trwvf
人によって反応する物は様々ではありますが、添加物などは刺激になりやすい成分として、かなり有名ですよね。化粧水にも含まれている事が多いのが現状です。低刺激と書いてあっても添加物が配合されている可能性はあります。化粧水に含まれる事の多く、敏感肌の方にはNGな成分をご紹介しておきますので、購入する前には成分表で確かめてからの購入が良いでしょう。

エタノール(アルコール)

エタノールは肌への刺激が強く、肌荒れを起こしている場合にはまず避けるべき成分として挙げられます。

合成香料

天然のエッセンシャルオイルは肌にとても有効で高級化粧品にも含まれていますが(ただしごく少量に限ります)、合成香料の場合は肌への刺激が強いことが研究で明らかにされており、避けるべき成分の一つといえます。

ラノリン

ラノリンは比較的一般的なアレルゲンで、羊毛のアレルギーと誤解されることも多い。しかし、ラノリンを含む製品へのアレルギーを正確に示すことは難しく、ラノリンのアレルギーが疑われる時にはパッチテストが行われる[6]。

ラウリル硫酸ナトリウム

清掃用洗剤に含まれる他、歯磨き粉やシャンプー、ボディーソープにも使用される。他のすべての界面活性剤と同じく皮脂を取り除くため、皮膚や眼などに炎症を起こす可能性がある[4][5][6]。特に、眼に入った後は大量の水で洗い流す必要がある。

いわゆる界面活性剤ですね。こちらに関しては化粧水ではなくクレンジングや洗顔料などに含まれている事がおおいですが、敏感肌の方にはかなりオススメできない成分なのでご紹介しておきますね。

Buvupk36xy9gr6japgwu
敏感肌の方には乾燥が大敵であり、すでに乾燥してしまっている場合が多いですので高保湿ケアは必須です。その中でも高保湿成分が配合されている物を選ぶ方が良いでしょう。高保湿成分として化粧水に含まれやすい物をご紹介して行きます!

ヒアルロン酸

セラミド

コラーゲン

上記の物が、高保湿成分として配合されている物を選ぶ方が良いでしょう。もちろん他にも高保湿で良い成分もありますので、一概には言い切れませんが参考にしてみて下さいね!
Lbr5zfbad470sm6imbhm
美白効果も!ニキビ肌にも!などなどたくさんの機能が追加されていたり、成分表を見てみたらかなりたくさんの成分が書かれている物などは、やはりお肌が反応してしまいやすくなるので避けましょう。シンプルな物を使用することによって、それだけ危険を避ける事ができますね。敏感肌の方はまず保湿に注目するのが良いでしょう。
Koxmvi4acpsantexpzvf
敏感肌の予防方法についてもご紹介して行きたいと思います!高保湿成分配合の物や添加物なしの化粧水を使うと共に実践してみて下さいね!もちろんすでに敏感肌になってしまっている方にも、より良いかなと思います。ぜひ試してみて下さいね!

洗顔方法

Sp0vuwlhkou9sd8cix78
健康なお肌であれば約6週間ほどで生まれ変わると言われています。角質まで押し上げられるのに4週間、その後2週間ほど角質に留まり剥がれ落ちて行きます。その正常なターンオーバーにして行くためにも洗顔はとっても重要になります。以前の記事で正しい洗顔について書いているので、ちらっと見てみて下さいね!必要な物はあわ立てネットのみです!↓

入浴方法

Ezhgwthyubg56rsnwcgd
入浴方法にも数点ポイントがあります。お湯は熱いと皮脂が溶け出してしまう可能性があるので、ぬるいかな?と思う程度にしておきましょう。そして、入浴剤を入れる事によってお肌を保護しながら入浴する事ができます。そして、体を洗う時にはあまりゴシゴシこすらずに、できれば手で洗うのがよいですが、柔らかいスポンジなどでも良いでしょう。過剰に落としすぎないようにして行きます。

内側から

Zfzyypt5gtavad1tvidy
食べた物がお肌になって行くので、食生活はかなり重要です。良質なタンパク質や、ビタミンは重要です。特に大豆やアボカド、小松菜などがオススメ食材です。
Vphlwmr8nukxgsqvf1ig
最後まで読んでくださってありがとうございます。ここまで敏感肌用の化粧水についての選び方や高保湿成分などをご紹介させていただきました。私自身も敏感肌に悩まされて来た1人でもあります。少しでも知識を付けて、お肌に良くない事や、成分などに触れないようにして行きたいですよね。お肌への刺激を減らして、美肌になっちゃいましょう!お肌に負担のかかりにくいミルククレンジングの記事も発見しましたので、ぜひ見てみて下さいね!↓

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪