Bwdkc5uiqiehudsmf9v8

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

ボディソープと石鹸の違いって?メリット・デメリット徹底比較

2019.02.15

ボディソープと石鹸、みなさんは体を洗うときどちらを使っていますか?ボディソープと石鹸はどちらを使った方がいいのか、迷うことも多いでしょう。そこで今回は両者のメリットとデメリットをまとめてみようと思います。いろんな点で徹底比較してみました♪

  1. どっちを使っている人が多いの?
  2. ボディソープのメリット①使いやすい
  3. ボディソープのメリット②洗浄力が高い
  4. ボディソープのデメリット①界面活性剤が配合されている
  5. ボディソープのデメリット②洗いすぎてしまう
  6. 石鹸のメリット①体にやさしい
  7. 石鹸のメリット②コストパフォーマンスがいい
  8. 石鹸のデメリット・泡立てるのが大変
  9. 肌のためを思うなら固形石鹸がおすすめ
  10. スポンジやボディタオルは使った方がいい?
  11. 髪の毛も固形石鹸で洗ってもいい!?
  12. ボディソープでも石鹸でもあなたに合ったものを
Eoenqzon9nxrpe7jwfb0
ボディソープと石鹸、どちらも体を洗うときのマストアイテムですが両方使っている方は少ないですよね。おそらくどちらかだけ使っている方がほとんどでしょう。ただ皆さん明確なこだわりを持って使っていますか?メリットやデメリットは把握しています?
Rxvtdfhpzew03khrtgw8
同じように体をきれいにするアイテムですが、長所と短所が異なる二点…一度しっかり比較してみて自分に合っているなというものを使い続けていきましょう!若い方はボディソープを使っていることが多いようですが、ボディソープ派と石鹸派はざっと見たところ半々といった感じでしょうか。
Ylxzqiwdoajof4cqx5ji
まずはボディソープを使うことのメリットをご紹介しましょう。ボディソープは液状になっているので、とにかく使いやすいというのがメリットです。ポンプ式のボディソープはワンプッシュしてスポンジなどで泡立てていけば、あっという間にモコモコの泡になって全身を包んでくれます。
Lzpl2puxp3dksdykgkee
固形石鹸ですと泡立てるのに時間がかかりますし、効率を考えたら断然ボディソープの方が優位です。ささっと使えるという便利さに惹かれてボディソープを選んでいる方も少なくないでしょう。
Pw0xxfqe6g24ucqo1rkc
アイテムにもよりますが、一般的にボディソープは固形石鹸よりも洗浄力が高いと言われています。体の汚れをしっかり落としたい方には、石鹸よりもボディソープの方が好まれる傾向にあります。洗浄力の高い成分を使っていることが多いので、ボディソープはしっかり体の汚れを落とすのに向いているアイテムなのです。
M7vkw8ntn7zsfa0ullfc
「泡立ちがいい」「洗浄力が高い」というメリットを挙げましたが、実はこういった効果を出すためにボディソープには界面活性剤という成分が使われていることが多いです。界面活性剤は泡立ちをよくし、洗浄力を上げるために使われている化学成分。
Glzvv8h7geww3jbwlo71
この界面活性剤は肌に負担になってしまうことがあります。普通肌の方だったらそこまで気にならないかもしれませんが、敏感肌の方は界面活性剤入りのボディソープを使うと肌荒れを起こしてしまうケースもあります。肌がナイーブだという方には、あまりボディソープはおすすめできません。使うとしても、界面活性剤が入っていないものを選ぶべきでしょう。
Kifvkdlcay7kkkvflhej
洗浄力が高いの裏返しになってしまいますが、ボディソープはついつい出し過ぎたり使いすぎたりして体の必要な油分まで奪ってしまう傾向があります。皮脂というと私たちは悪いイメージを持ってしまいがちですが、人間の体の水分を守るためには一定量の皮脂は必要になってきます。
Vdrzjomtygmf1gqsjpo2
この皮脂を根こそぎ洗い流してしまう可能性があるのがボディソープ。洗浄力の高いボディソープは、必要な皮脂を流して乾燥を引き起こすことがあるといいます。しっかり体の汚れを落とすのも大切ですが、やはり乾燥を引き起こさない洗い方をする…というのも肌のために大事なのです。
Ae949whaqr7umait6jqv
固形石鹸は毎日使っても肌にダメージを与えません。それは固形石鹸に含まれている成分が肌にやさしいものばかりだから…とくに最近の固形石鹸は成分にこだわりを持っているものが多いので、天然由来成分100%使用なんてことも珍しくないようです。
Ueysp0lx9mztaiiy5z2n
体にやさしい成分を使っているというのは固形石鹸の最大の特徴。体だけでなく顔まで洗えるので、とくに男性には固形石鹸が人気なようです。敏感肌の方やお子さんにも固形石鹸がおすすめです。肌荒れすることなくバスタイムを楽しむことができます。
Xmpsirjzs2dw072v7c3e
石鹸はボディソープに比べてコストパフォーマンスがいいというのも、メリットになりますね。ボディソープは使いやすい反面ついつい出し過ぎたり使いすぎたりしてしまいます。石鹸は必要な量だけタオルで泡立て使えばいいので、なくなるのが遅いという利点があります。
H4earrqysd9zbgjkjs76
一般的な大きさの固形石鹸でしたら、1か月以上持ちますがボディソープはそこまで持たずになくなってしまうことも多いです。より経済的な方を選びたいという方は、ぜひ固形石鹸を使ってください。
Tftvw1ypvwspq3b3pscq
肌にやさしい成分を使っていることが多い固形石鹸、おすすめしたいのは山々ですが…泡立てるのが大変という声も聞かれます。確かに固形石鹸は液状のボディソープよりも泡立てるのに時間がかかってしまいます。
P4imqfbjos94gpemsgw8
あまり泡立てずに体を洗うと、しっかり汚れを落とせなくなってしまいます。また余分な皮脂や毛穴につまった汚れも泡立ち不十分なままだとなかなか落とせないようです。固形石鹸を使うときには、ボディタオルなどを使ってしっかり泡立てることがマスト。これが面倒くさいという方は、ボディソープを使った方がいいかもしれませんね。
Zqgh7mkqgt2oc8bealcx
肌により負担がかからない方、ということであればやはり固形石鹸を使うのがいいでしょう。肌荒れを起こすことは少ないですし、コストパフォーマンスもいいです。
Aniwflovwaqwiwwvzyni
乾燥肌の方でボディソープから石鹸に変えただけでうるおいが戻ってきた!なんて方もいるくらい。ボディソープは洗浄力が高い分、肌を乾燥から守る油分まで奪ってしまっていることがあります。
Jbxp9v861ssr8q9witvx
体を洗うときに使うアイテムにはいろいろありますが、スポンジやボディタオルを使うと泡立たせながら体をきれいにすることができるので便利です。ただそういったアイテムを使うのが苦手で、手で洗っている…という方も少なくありません。
Ip8ocxhsgoobrfuizewj
手で洗ってしっまり汚れが落とせるの!?という感じですが、手でもちゃんと丹念に洗えば汚れは落ちます。ただ場所によっては皮脂量が多かったり汚れが落ちにくかったりするので、そういった場所はボディタオルなどを使った方がいいでしょう。
背中や間接のくぼみなどは、汚れがたまりやすいのでボディタオルを使うのがおすすめ。その他の場所は手でもちゃんと汚れが落ちるといいます。使い分けてみてもいいかもしれませんね。
Cadwldhsgevxkj85qxiy
シャンプーに含まれている成分が苦手で、安全性の高い固形石鹸で髪の毛まで洗っているという女性も最近は増えてきました。確かにシャンプーよりも固形石鹸の方が地肌にやさしいので、フケや地肌の劣化を防ぐことができるでしょう。
Upp7zuy3wjjbocpayzhk
ただ石鹸には髪の毛をトリートメントする効果はありません。なので洗ったあとにかなりキシキシしてしまうでしょう。ショートカットやボブカットの女性ならまだしも、ロングヘアの方だとちょっと固形石鹸で洗いきるのは厳しいかもしれませんね。
石鹸で髪の毛を洗ったあとは、コンディショナーを使って髪の毛のすべりをよくするのがおすすめです。コンディショナーを使えば、お風呂上りの髪の毛でもキシむことなくしっかりクシが通るでしょう。どうしても固形石鹸で頭皮ケアしたい方には、コンディショナーがマストです。
ボディソープには肌に良くない成分が入っている、と書きましたが最近のボディソープは成分にかなりこだわりを持っているものが多いので一概には言えなくなってきました。ボディソープを使うにしても固形石鹸を使うにしても、肌との相性が大切になってきます。しっかり成分など確認してから購入しましょう!

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪