W2dqn6mwunrr0qirejl9

美容

CATEGORY | 美容

歯のヤニを取り除きたい!こびりついた汚れを除去するクリーニング法

2019.03.31

人と面と向かって話をする際に歯がタバコのヤニで黄色いと、ちょっと気まずいですよね?ヘビースモーカーほどその悩みは大きいのではないでしょうか。うまく歯のヤニを取って白く美しい歯を取り戻す方法はないものでしょうか。歯の汚れを落とすクリーニング法を探ってみましょう。

  1. 歯を黄色くするのはタバコのヤニのせい?
  2. タバコのヤニが歯につくのはなぜ?
  3. 歯にこびりついたヤニは取れる?
  4. 歯についたヤニを歯磨きで落とす
  5. 歯のヤニを消しゴムで落とす?
  6. 歯のヤニを落とすクリーニングとは?
  7. ホワイトニングで歯を白く
  8. クリーニングとホワイトニングの違い
  9. どっちがいいの?クリーニングとホワイトニング
  10. 美しい歯を保つために
笑顔の中にキラリと光る白い歯は男女を問わず、とても爽やかで素敵な印象ですね。反対に歯が黄色いと、百年の恋もいっぺんに覚めてしまいそうです。それだけ対人関係では歯は大切なものです。歯を白く美しく保ちたいとは誰でも思うことでしょう。
Angomyevdomk7aer7sfo
しかし、生活の中で歯は自然と着色していきます。その原因となるのは、色の濃い飲食物(コーヒー紅茶、赤ワイン、コーラなど)やタバコのヤニが考えられます。タバコには、タバコの葉が燃えるときに熱分解されるタール(ヤニ)が多く含まれています。タールは黒褐色で粘質生があり、長年の喫煙で歯にこびりついてしまいます。気がついたら、歯が黄色くなってしまったということになるのです。
T5xp1atjht6zbwpcxskd
歯の表面は、『ペリクル』という無色透明の薄い膜があり、エナメル質のほぼ全域を覆っています。その『ペリクル』は、歯の表面を守ってくれる頼もしいガードマンなのですが、タールと結びつきやすい性質があります。タバコを吸ったからといって、すぐに着色するわけではありませんが、歯磨きの磨き残しがあると、その場所にまたタールが付着します。これを繰り返すうちに頑固な着色になっていくわけです。
Ml1pvxxpfsty89du3xcn
Ydpyfc1xmreh0q2ewsjf
歯にこびりついたタバコのヤニは、歯磨きやうがいでだいぶ落とすことができます。しかし、頑固なヤニが歯にこびりついてしまった、なんていうこともありますね。そんな場合にも、ヤニを取る方法はいくつかあります。
ホワイトニング用の歯磨き粉を使ったり、歯医者さんで行うホワイトニングやクリーニングなどがあります。中にはヤニを取る消しゴムもあるのだとか・・・・。 そんな方法のあれこれを見ていきたいと思います。
Boqkfxwq6h50m0w5kice
歯にこびりついてしまったタバコのヤニ。なんとか自宅で対処したいものですね。歯医者さんに行く時間もないし、そんな大袈裟にはしたくないという方が多いと思います。そんな方のために、ホワイトニング効果のある歯磨き粉をお勧めします。
Zjthanehnpn1fvapedmy
ホワイトニング効果のある歯磨き粉は研磨剤によって歯の表面の着色汚れを落とすのもです。タバコのヤニに限らず、コーヒー、紅茶、赤ワインなどによる歯の着色にも効果があります。 しかし、磨きすぎると歯のエナメル質を削ってしまう恐れがあるので注意が必要です。

ホワイトニング歯磨き粉を使うときの注意点

ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使うときには、あまり強く磨かないようにします。柔らかめの歯ブラシを使って優しく磨くようにしてください。また、使用頻度は週に1回程度にするなど、間隔を開けて使います。歯を白くするあまりエナメル質を傷つけるようなことがないように気をつけましょう。
Ggjwpuxlulaixih0bjqp
Jsfipmxi7pfvaxrmgbgn
歯のヤニを消しゴムで落とす方法もあるのです。消しゴムって、あの、間違えた字を消すときに使うもの?いいえ、歯の専門の消しゴムがあるのです。
歯の消しゴムとは、先端にシリコンで出来た消しゴムがついたペンのような形をしています。消しゴムで歯の表面をこすれば消しゴムについている研磨剤が歯の着色汚れを落としてくれます。消しゴムで汚れを落とす感覚で歯垢や着色汚れを落とすので、気軽に使えます。コンビニでも買えて値段も500円前後なのでとてもリーズナブルな商品です。
Jbiscr7vpumck1ubfgkl
Xrp16oqoqzoo9qnzlart

歯の消しゴムの使い方

まず、歯の表面の水気を取ります。そして、きれいにしたい歯を丁寧に優しくこするだけです。終わった後は水で軽くお口をすすぎます。手軽で簡単ですが、研磨剤なので、ゆっくりと優しくこすることが大切です。強くこすってしまうと歯が削れてしまうので気をつけて使いましょう。
Praarpemwkw2sosuozxn
歯のクリーニングとは、歯科医院で行うもので、保険適用内のものと、自費治療のものがあります。普段の歯磨きでは落としきれない歯垢や歯石も落としてくれます。また、歯についたしつこい茶渋やヤニなどの着色汚れにも効果があります。

保険適用内のクリーニング

保険適用内のクリーニングは一度にできる歯の本数が決められているので、全ての歯をきれいにするには数回歯医者さんに通わなければなりません。しかし、プロの手で行うので、歯は歯茎を傷つける心配もなく歯をきれいにすることが出来ます。クリーニングの内容は、 金額は一回に3000円程度で歯をきれいにすることができます。 主に歯周病の治療や予防の目的で行うものです。
Cjsgz9zmrnokrhctfnc6
クリーニングの内容は、スケーリングによる歯石の除去になります。スケーラーという専用の器具を用いて歯石を削り取ります。歯石は毎日の歯磨きでは取り去ることはできないので、歯のクリーニングが必要です。同時に歯の着色汚れも取ることができます。
Mp8yvmymuzn7exwr7kft

自費治療のクリーニング

自費治療のクリーニングには、『エアロフロークリーニング』と『PMTC』と呼ばれるものがあります。

エアロフロークリーニング

超微粒子撥水パウダーと水を同時に吹きかけ歯の汚れを落とします。通常のクリーニングでは落とすことが出来ないタバコやコーヒーなどの着色汚れが対象です。クリーニングの後には、PMTCで歯の表面を磨き、再着色を防止します。
Rbroptar9z3fesn1ztzt

PMTC(プロフェッショナル・テクニカル・ティース・クリーニング)

専用の器具を使い、歯磨きでは落とすことのできないバイオフィルム(細菌の塊)を除去することができます。歯の表面を磨き上げるので、着色汚れや黄ばみが消え、本来の白い歯を蘇らせます。また、クリーニングの後も汚れがつきにくくなります。
保険適用外のクリーニングは一度に終わらせることができるので、何度も歯医者さんに通わなくて済みます。しかし、金額は5,000円から30,000円とと高めです
Bqtqu2qr6oaoa6kpo66w
ホワイトニングとは、歯を削ることなく、専用のお薬で歯を白くする方法です。過酸化水素の特性を利用して歯の内部の着色物質を除去して、漂白する治療法です。回数を多くすれば白さも増して加齢による象牙質の黄ばみまで白くしてくれます。ホワイトニングには,『オフイスホワイトニング』と『ホームホワイトニング』の2種類があります。

オフイスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングです。高濃度の過酸化水素を歯に塗布し、歯の漂白をしていきます。効果を高めるためにライトを照射します。メリットは強力な薬剤とライトで一気に漂白作用を促進させるので、短時間で効果が現れることです。

ホームホワイトニング

歯科医院で問診の後、歯型をとって作成したマウスピースに薬剤を入れて自宅ではめてホワイトニングする方法です。薬剤は過酸化尿素を使いますが、過酸化水素と効果は同じです。一回で効果が現れるオフイスホワイトニングと違い、ホームホワイトニングは最低でも効果が現れるのに、2週間はかかります。
どちらのホワイトニングも保険が効かない自由診療となります。
Cp2wq4li4s8of6hpy5ne
Myhes9zsiyxz4qlcuw1u
虫歯や歯周病の予防のために歯の表面についている歯石や歯垢などの汚れをとるのがクリーニングです。また、茶渋やタバコのヤニなどの汚れも落とします。クリーニングは本来の歯の状態に戻すことを目的としているもので、歯を白くするものではありません。 ホワイトニングは、歯を漂白して本来の自分の歯よりも白くします。 歯の汚れを落としてお口の中を清潔にしたいときはクリーニング、歯の色を白くしてお顔全体の印象を明るくしたいのならホワイトニングがお勧めです。
Tdigzrhmgof0kyhzf2gu
治したいと思う目的によって違います。 クリーニングは、歯の汚れがきになる方にお勧めです。タバコのヤニが歯にこびりついている歯や口臭を治したいお口にぴったりです。 ホワイトニングは、元の歯より白くしたい方にお勧めしたいものです。
Qiuhvnx9zdnwdn6dbkhr
歯のクリーニングやホワイトニングをした後でも、日頃のお口のお手入れが必要です。食後の歯磨きはしっかりすることです。コーヒーやタバコを吸った後は、軽くお口をゆすぐなどちょっと気をつけるだけでも違ってきます。 美しい歯を保つために、お口のお手入れを忘れないようにしましょう。

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪