Odflkkivcvrai88stnqa

コーデ

CATEGORY | コーデ

キャップの被り方を教えて!女子向けのボブやロングなど長さ別に紹介

2018.10.09

キャップの被り方というといろんな種類がありますが、キャップ女子たちのおしゃれな被り方というのは一体どんなものなのでしょうか?ボブ、ロングなどの髪の長さの違いから、前髪などの気になるワンポイントについても詳しく調べてみました。

  1. キャップをおしゃれに被りたい!おすすめの被り方を教えて
  2. ボブヘアでのキャップの被り方 1.そのまま被るだけでも◎
  3. ボブヘアでのキャップの被り方 2.髪を巻いてカジュアルさやガーリーさを出す
  4. ボブヘアでのキャップの被り方が決まったら、ピアスやイヤリングを合わせてみよう
  5. ロングヘアでのキャップの被り方 1.綺麗に巻いた髪でガーリーっぽく
  6. ロングヘアでのキャップの被り方 2.三つ編みやくるりんぱで女子らしく
  7. キャップの被り方を浅めにして、ヘアアクセサリーも楽しむ
  8. 前髪をぺったんこにしたくない!そんな時のキャップの被り方は?
  9. 前髪が無いときはどんなキャップの被り方がおすすめ?
  10. 色んなキャップの被り方を楽しもう
Rtlxpxiffwg7wt3yo0df
キャップの被り方はボブやロングなどの髪型や髪の長さ、その日のコーデによって千差万別です。中にはブランドのカラーやデザインの違いによって被り方を変えているという人も少なくはないでしょう。とはいえ、キャップというのは被り方一つでその印象が大きく変わり、その日のコーデにも大きく影響することもあるアイテムの一つでもあります。
Z8byyl0x6yscsrlg63yg
だからこそ、髪型や髪の長さによって違ってくる被り方というのはとても重要な項目の一つともいえます。被り方一つを間違えてしまうことでコーデが崩れてしまうということも少なくはないでしょう。では、どんな被り方をすればいいのでしょうか?今回はボブやロングなどの髪の長さ別に、前髪などの気になる点も添えておすすめの被り方というものをリサーチしてまとめてみました。
ボブヘアというのは実はそのままキャップを被るのに最も適した髪型ともいえる、キャップを被るコーデにおいての王道ヘアスタイルと言われている髪型でもあります。被るだけでボブというほどほどの長さの髪が外向きにハネてくれるので、時間が無いというときには少し深めに被るだけで簡単に髪のある程度の問題が解決してしまうことも少なくないでしょう。
カジュアルにまとめるというのであれば、むしろ髪をセットしたりしない方が女子らしく可愛い仕上がりになる場合もあります。時間が無くても、時間があってもボブの場合はそのまま被るだけでも十分な仕上がりになってくれるため、そのまま被るだけでも◎。前髪などがぺたんこにならないように、というくらいの気を付け方程度で簡単に被ることが出来るという利点からもボブやそれ以上のショートヘアなどはそのままで大丈夫です。
ボブヘアはコテなどで髪を巻いてキャップを被ってみると本当に綺麗に仕上がる髪型です。派手に巻く必要はなく、ワンカールで内巻きにしたり、まっすぐ下ろす感覚で外ハネのカールにさせたりする程度の簡単な巻き方で十分魅力的なのも良いポイントの一つです。可愛い内巻きならば少し浅めに被って、顔が良く見えるように、クールさやカジュアルさが強い外ハネならば深めに被って印象深くしてみるのもおすすめですよ。
そんな巻いたボブヘアでキャップ女子たちに人気なのが、低い位置であえて手櫛で軽くまとめて一つに結んでしまう髪型です。きちんとブラシを使うことなく手櫛で簡単にまとめてしまうことでカジュアルさを出しながらも、綺麗に首筋やうなじ、そして耳などが見えるようになることで女子らしさも演出できるようになります。スカートなどを少し甘めにコーデすることで甘辛コーデにする女子も少なくありません。カジュアルな髪型に合わせて、少し前のめりになるような感じでキャップを乗せると格好良く決まってくれます。
Magw7hjz6xhujpzrxz68
ボブヘアでキャップを被る時、耳元や首筋が強調されるため、髪を耳にかけるだけでとても綺麗に首筋周辺を見せることができるようになります。そんな耳から首筋にかけてを魅力的に魅せるためにもピアスやイヤリングなどを付けてみるのもおすすめです。シンプルな少し小ぶりのものにして、スワロフスキーなどの良く光ってくれるものを選んでみるのも良いですし、大きめのものを選んで敢えて耳のあたりに視線を向けさせるようにしても良いでしょう。首筋を特にきれいに見せたいと言う人はスネークチェーンのついた長いものがおすすめです。
Ukd0hfi7hugiovkvr5aj
ロングヘアは髪をそのままにせず、綺麗に巻いて被る方が綺麗にまとまります。髪を巻かずに被るとエアリーさなどもないので重たく感じることもあり、季節によってはとても暑苦しいと感じられることもあるでしょう。そんなロングヘアを綺麗に活かすためにもきちんと髪を巻いてあげることが大切です。髪を巻いてキャップを浅く被るだけで、明るくガーリーさもしっかりと演出することができるので、ロングヘアのキャップ女子にはこうした髪型の人も多くいます。
よく見かけるのがフォワード巻きの人とミックス巻きの人ですが、巻く強さなどはその日のコーデによって変化させてみるのがおすすめです。どちらでも華やかにまとまってくれますが、髪をそのまま流すことで顔に影が入りやすくなりますので、少し浅めに被り、つばの部分を多少上に向けて顔に明かりが当たるようにしてあげると、顔にかかる影もそれほど気にならなくなりますよ。あえてつばを後ろに向ける、逆向きで被ってみるとボーイッシュさが加わってガーリーさを抑えられます。
ロングヘアでキャップを被るのなら、やっぱり髪型をアレンジしてみるのも女子らしさを演出できておすすめです。キャップ女子の中で特に多いのがくるりんぱやフィッシュボーンなどの編み込み、三つ編みなどを駆使してアレンジしているものです。くるりんぱはとても簡単にアレンジできますし、三つ編みやフィッシュボーンなどの編み込みは慣れてしまえばいろんなものに応用することができます。
フィッシュボーンや三つ編みなどの編み込みを行う場合は少しだけ髪を引き出して、抜け感を出して大人っぽく、そして後れ毛を残してカジュアルにしてみることがおすすめされます。きっちりとまとめてしまってはなんだか堅苦しく、せっかくのカジュアルさが台無しになってしまいます。そんな印象にならないように、あえて後れ毛を残し、髪を少し引き抜いて抜け感を出してあげることはとても重要です。そうしたヘアスタイルにアレンジしたら、少し深めに被ってみるとカジュアルな印象にクールさが混じって格好良く決まりますよ。
しっかりと深く被るのもクールに決まってくれますが、あえて浅めに被ってヘアアレンジを崩すことなく、ヘアアクセサリーなども見せるようにするというのもおすすめです。フィッシュボーンなどの編み込み系ならリボンやバレッタなどが大きく目立つので可愛く仕上がりますし、ポニーテールなどならシンプルな柄や色のシュシュでも良いでしょう。ただ、このようなヘアアクセサリーを付けすぎてしまうと逆にくどくて纏まらなくなってしまうことにも繋がりかねません。ヘアアクセサリーを付けて楽しむ場合はなるべく数は少なくシンプルに、けれども自分のコーデが引き立てられるようなものを選びましょう。
Vie2jnlmjg7xalbg2kkg
前髪を綺麗にセットした女子にとって、キャップを被るということは前髪をぺったんこにしてしまうということにもなるものです。前髪をぺったんこにしたくないからキャップを被りたくない、でもキャップを含めたコーデにしてしまっているという場合は軽く浅めに被ってみると良いでしょう。浅めに被ることで前髪を潰すことなくそのままにしていくことができるので、間違えて深く被らなければ綺麗にセットした前髪を保つことが出来るのです。
Nqnpafpydouafazakaun
Iqx8bpw2hz7akdwnlfe5
Picpurhixee4ram70zqk
前髪となる部分も他の部位同様長く、前髪と呼べるものが無いという女子の場合はあえて深く被ってみることをおすすめします。深く被ることで印象深く、クールに決まってくれますし、メイクが綺麗に映えてくれるようになります。あまりおでこを出し過ぎるのはNGですが、少しおでこが見えるように被ってみると可愛い印象にもなってくれるはずです。
Vjlioeu1wu8qoujrzng2
Onvpjwu6wu9cif635aah
ロングもボブも色んな被り方でキャップを楽しむことが出来ます。ヘアスタイルのアレンジはもちろん、少し角度を変えるだけで印象が変わるキャップを、ぜひコーデに取り入れて楽しんでみてくださいね。
Wxgo9e8s1obf5rtlbgxm

関連記事もあわせてチェックしてみて!