Vaomfrudt58ldv3qyhdv

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

敏感肌は洗顔で改善する!避けたい成分と人気のアイテムまとめ

2019.02.09

洗顔の方法って正しく行なっていますか?特に敏感肌の方の場合は、刺激にならないようにと自己流になりがちです。ですが、正しい洗顔の方法ならお肌に刺激にもなりにくいんです!敏感肌の方には特におすすめな洗顔方法と避けたい成分をご紹介させていただきます!

  1. 洗顔の正しい方法?
  2. そもそも敏感肌とは?
  3. 敏感肌には原因があるの?
  4. 洗顔は敏感肌と関係しているの?
  5. 敏感肌の方が気をつけたい成分とは?
  6. ラウリル硫酸ナトリウム
  7. サリチル酸
  8. エタノール(アルコール)
  9. 合成香料
  10. 敏感肌の方のための「正しい洗顔方法」
  11. 敏感肌の方に人気の洗顔アイテムご紹介♪
  12. 敏感肌の方に人気のアイテム 「カウブランド無添加洗顔フォーム」
  13. 敏感肌の方に人気のアイテム 「ロゼット 無添加石けん 洗顔フォーム」
  14. 敏感肌の方に人気のアイテム 「オリーブとローレルの石鹸(ノーマル)」
  15. 敏感肌の方に人気のアイテム 「キュレル 泡洗顔料」
  16. 敏感肌の方に人気のアイテム 「ビーグレン Clay Wash」
  17. まとめ
Tjg5dtvncgqrs1cpxr4s
最近は敏感肌・やや敏感肌と感じている女性は半数以上を超えているそうです。敏感肌向けのスキンケアは多く販売されていますが、洗顔料は少ない印象ですよね。しかも価格が高いものでも、意外に刺激になりやすい物を使用していたりして、選び方も結構難しいですよね。このページでは敏感肌の方が気をつけたい成分やオススメアイテムなどをご紹介して行きたいと思います!では行って見ましょう!
Cgutxewwhggujppd1ive
敏感肌とは、少しの刺激にもお肌がヒリヒリしてしまったり、赤みを帯びたりしてしまう事を差します。服がこすれてしまったり、風が当たると反応してしまったりとその度合いや反応する物に対しては様々です。日常生活に支障があったりするととっても大変になってしまいやすくなるのが敏感肌です。
B0cs8bbpkqnqba4powps
敏感肌には人それぞれの原因がありますが、基本的にはお肌のバリア機能が弱まってしまう事があります。そしてその多くは「乾燥」が原因となる事が多いようです。お肌が乾燥してしまうと、細胞の間に隙間ができてしまい、そこから更に水分が出て行ってしまう悪循環になってしまう事もあります。とっても怖いですね。
また他にも紫外線や加齢によるエラスチン、コラーゲンの減少や、ストレス・生活週間によるホルモンバランスの乱れなども原因として考えられます。複合的な原因による物も多いでしょう。全てを一気に改善する事は難しいかも知れませんが、少しずつでも改善に取り組んで行きたいですね。
Uomrswn3ecmrmbqwlwpy
お肌のターンオーバーを正常にするためには正しい洗顔、洗顔アイテムはとっても重要なんです。通常お肌は6週間で入れ替わると言われています。4週間の間に角質まで押し上げられて、その後2週間たつと角質から剥がれて行くと言う事を繰り返しているのです。角質から剥がれるのが、それより遅くても早くてもいけませんので、洗顔とは密接に関係しているのです!
Mcrg0h1xvffpg7bhf7hy
では敏感肌の方が気をつけたい成分についてご紹介して行きたいと思います!洗顔アイテムに入っている事の多くて、気をつけたい成分を中心にご紹介して行きたいと思います。低刺激と書いてあっても配合されている場合もありますので、購入前には一度確認した方が良いでしょう。では見て行きましょう!
清掃用洗剤に含まれる他、歯磨き粉やシャンプー、ボディーソープにも使用される。他のすべての界面活性剤と同じく皮脂を取り除くため、皮膚や眼などに炎症を起こす可能性がある[4][5][6]。特に、眼に入った後は大量の水で洗い流す必要がある。

サリチル酸自体が刺激が強いものなので、肌がデリケートな方は注意して使用するとイイです。角質層を無理やり、取り除くことをしますので、肌が弱くなってしまうこともあり、かゆみや赤みなどの原因になってしまうこともあります。

エタノールは肌への刺激が強く、肌荒れを起こしている場合にはまず避けるべき成分として挙げられます。

天然のエッセンシャルオイルは肌にとても有効で高級化粧品にも含まれていますが(ただしごく少量に限ります)、合成香料の場合は肌への刺激が強いことが研究で明らかにされており、避けるべき成分の一つといえます。

ここに書かれている物以外にも気をつけたい成分はありますが、かなり刺激の多い成分をまとめてみました。購入を検討する時には、ネットなどで成分をゆっくり確認してから選んだ方が良いですね!ぜひ参考にしてみて下さいね!
Swcrq6vyx5skhqg6io86
では正しい洗顔方法についてもご紹介して行きたいと思います!ついつい自己流になりがちな物の一つである洗顔ですが、たまに正しい方法について確認してみるのも良いですね !必要な物は100円ショップでも売っている洗顔ネットのみですので、お手軽ですよ!では見て行きましょう!

手を洗い、お湯を準備します

面倒に思われがちですが、最初に手を洗いましょう!そうする事によってお肌に不要な雑菌をつけないようにする事ができます!そして、少しぬるいかな?と感じる程度のお湯を準備します。熱いお湯はお肌の皮脂を流れ出させてしまう可能性があるので、気をつけましょう!予洗いとして軽くお顔をすすいでおきます。

洗顔料をあわ立てて行きます

洗顔料を泡立てて行きます。ツノが立つくらいにしっかり泡立てて行きましょう!濃密な泡を使用しないと、お肌を毛穴の洗浄する力が弱くなってしまいます。泡立てが完了したら、Tゾーンからお顔に乗せて行き、Uゾーン、全体へと広げてお肌自体をこすらないように、優しくクルクルと円を描くように洗って行きます。泡を乗せている時間は2分ほどになるようにしましょう。

洗い流して行きます

洗い終わったら流して行きます。この時に泡が見えなくなっても洗浄剤が残っている可能性がありますので、しっかり流して行きましょう。流せたら清潔なタオルで拭いて行きます。これで正しい洗顔は完了です!
Zfa3cr9hb9mlypnmxgg3
ではここからは人気の洗顔アイテムについてご紹介して行きたいと思います!正しい洗顔方法を行なっていても、洗顔アイテム自体に反応してしまうのでは、元も子もありません。お肌に合う洗顔アイテムを見つけちゃいましょう!
カウブランド無添加洗顔フォーム120g
価格 ¥ 397
着色料・香料・パラベンなどの防腐剤・品質安定剤・アルコール不使用になっているプチプラで人気のカウブランドの洗顔料ですね。小さいお子様にも使用できると言う洗顔料なら、安心できますね。保湿成分としてグリセリンが配合されているのも良いですね。
ロゼット 無添加石けん 洗顔フォーム 140g
価格 ¥ 358
植物性100%の洗浄基剤(パームヤシ)を使っている石けん洗顔フォームです。香料・鉱物油・防腐剤・着色料・表示指定成分が無添加となっていて、敏感肌の方にとっても優しい仕上がりになっています。泡立ちも良く、洗い上がりがマイルドで良いとの口コミが多い物です。
オリーブとローレルの石鹸(ノーマル)2個セット[並行輸入品]
価格 ¥ 975
無農薬のオリーブオイルと、ローレルオイルを使用した石鹸です。合成界面活性剤・防腐剤・着色料・人工香料・金属封鎖剤は使用しておりません。以前はアレッポのオリーブオイル石鹸と呼ばれていた物ですね。口コミでもかなり人気の高い石鹸です。
キュレル 泡洗顔料 150ml
価格 ¥ 1,296
乾燥性敏感肌を考えて作られているキュレルシリーズですね。弱酸性・無香料・無着色・アルコールフリー(エチルアルコール無添加)・アレルギーテスト済み*な上に、乾燥性敏感肌の方の協力によるパッチテストも実施している徹底ぶりです。口コミ評価もとっても高い一品ですね。
b.glen / ビーグレン Clay Wash - クレイウォッシュ 150g 洗顔料
価格 ¥ 4,410
天然のクレイ「モンモリロナイト」を使用している泡だて不要のタイプです。コラーゲン・ヒアルロン酸を配合していて、無着色・無香料・無鉱物油・ノンアルコール・パラベンフリー・アレルギーテスト済というのも嬉しいポイントですね。これを使用するとツッパリ感が出ないと人気の洗顔アイテムです。
H4hugrxk2klmspsm9bqe
最後まで読んでくださってありがとうございます!ここまで敏感肌の方に特にオススメな正しい洗顔の方法と避けたい成分についてご紹介させていただきました。敏感肌になってしまうと、どうしても消極的になりがちになってしまって、引き算ばかりになってしまいがちですが、洗顔の方法や洗顔料の成分を見直してみると、今までとはちょっと違って来るかも知れません。ぜひ一度試してみて下さいね!敏感肌の方のための化粧水の記事も発見しましたので、ぜひ読んでみて下さいね!↓

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪