Gm4nr57iv266pmeug119

ハンドケア

CATEGORY | ハンドケア

手のぶつぶつは寒さが原因だった!冬の乾燥に負けない保湿対策まとめ

2019.03.04

寒さが原因で手に、ぶつぶつができる人は多いのです。これは乾燥による手湿疹と言われるものです。冬場には、手の湿疹に警戒しながら、早めの対処を心掛けておきましょう。手のぶつぶ対策は万全に行いたいものです。手にぶつぶつが見つかった場合には放置しないようにしましょう。

  1. 冬に多い手湿疹とは?
  2. 冬の「ぶつぶつ」の原因はなに?
  3. 冬にできる手の「ぶつぶつ」の原因は?
  4. 手の「ぶつぶつ」対策はどうすれば良いの?
  5. 冬の「ぶつぶつ」が寒冷蕁麻疹の場合
  6. しもやけに似た「異汗性湿疹」とは?
  7. 冬場に「ぶつぶつ」が手にできる場合
  8. 一種のアレルギー反応ととらえる
  9. 冬は特に手のぶつぶつにご用心
  10. まとめ
基本的に冬になると、湿疹が増える傾向かある人は、必ず手にも「ぶつぶつ」ができることが多いのです。これは「手湿疹」という病名が付くものです。生活範囲に限らず水仕事をする人は、かなりの確率で皮膚がもろくぼろぼろになる場合が多いのです。放置しておくと痒みと痛み同時に感じるようになります。
少し触れるだけでも痛みを伴うようになったり、皮膚の割れた部分に細菌やウイルスが感染して炎症を起こしたりする可能性もあります。内服薬が必要な場合もあるので、必ず皮膚科を受診するようにしましょう。

手や指の湿疹は治りにくい傾向がありますので、気が付いた時点で何らかの処置を受ける方が、早くキレイに治ります。自分でできることとすれば基本的に、保湿を促すようにすることです。それ以外は、症状に合わない軟膏を我流で塗布すると、余計に酷くなる場合も多々あります。

冬に手にぶつぶつができるのは、誰にでも起こり得ることです。ただ、原因がいくつかに分かれているので、そのまま長い時間放置することだけは避けてください。そうすることで決して良い状況にはならないからです。痒みを伴いますので、ついつい掻き壊してしまう場合もあります。そうなると飛び火のようになってしまい、手の中で感染を広げてしまう可能性も高いのです。
湿疹ができると皮膚のターンオーバーが早くなり、肌がいっそうカサカサした状態になります。それをただの肌荒れと勘違いして放置すると、悪化して治りが遅くなるので注意が必要です

湿疹ができてしまうことで、手指のコンディションはかなり悪くなりますので、自然に緩解することはありません。そこを注意深く観察する必要性もあるので、素人判断は禁物です。「ぶつぶつ」だから自然に治る、という考えは捨てておきましょう。

手湿疹と呼ばれる「ぶつぶつ」の原因を突き止めて、素早い対処が求められます。素人診断でいつまで自分の判断で合わない薬やハンドクリームだけで凌いでいるのは、決してお勧めできる方法ではありません。最終的には皮脂が失われることで、皮膚の乾燥はエスカレートする一方なのです。
何らかの原因で手の皮脂が極端に失われる状態を「手湿疹」と言います。手に潤いがなくなってしまい、皮脂までも消失してしまうことで、皮膚は極度の乾燥を起こし、細胞自体も傷つきやすくなってしまうのです。どんどん、ぶつぶつを放置すると、今度は皮がむけてひび割れを起こしてきます。 かなりの不快症状が起きていますので、痛みを伴う場合には、素早く医師の診察を仰ぐようにしてください。そうすることで、炎症が収まり、こじらせることなく、早期の完治が期待できるのです。
手の指の間に小さなブツブツした水疱ができていた・・・ということは、実は女性には結構ありがちなことです

ぶつぶつにも種類があります。例えば水泡のようなものができる場合もありますので、まずは手にできているできものがどのようなものなのか?をよく観察することが必要です。水泡のようになっているものは、絶対に破れないように保護しておきましょう。そこから他の指や手の部分に自己感染を起こす可能性も高いからです。

単純に手にぶつぶつと言っても種類があります。手にできてる「手湿疹」、そして汗を多くかくときにできる「汗疱状湿疹」そして、警戒しないといけないのが、「掌蹠膿疱症」です。この場合には、膿を生じた水泡ができるのが特徴です。ただ、何が原因か?どのような薬が入用か?は医師の判断にゆだねる必要がありますので、自己判断をしないようにしてください。
【指定第2類医薬品】メンソレータム メディクイック軟膏R 8g ※セルフメディケーション税制対象商品
価格 ¥ 1,260
【指定第2類医薬品】オイラックスPZリペア軟膏 10g ※セルフメディケーション税制対象商品
価格 ¥ 1,336
まずは「高保湿」が大事です。この時にまず使っても安全と言えるのがワセリンです。尿素クリームやヘパリン類ジ物質含有のクリームは手湿疹の症状にはよく処方される軟膏類です。どうしても医療機関に行くまでになんとかしたい!という場合には、一番何も入っていないワセリンがお勧めです。
最初は単純な手荒れの状態から始まることがほとんどですが、状況がこじれてしまったときには、手荒れが進行して手湿疹へ移行すると考えられているのです。
世の中には、寒い場所に行くだけで寒冷蕁麻疹ができやすい人がいます。ある意味、不可抗力な部分も多いのですが、できるだけ自分で寒さを防御するなど、対策を講じるほかありません。手にできる場合には、蕁麻疹のようなかあ立ちで突然、手にぶつぶつが出始めます。あまりに痒みを伴うということで、患部を冷やせばよいのでは?と考える人もいますが実はそれは違います。
人それぞれですが、飲み薬や漢方薬を使って内面からケアをしようと考える人も多いようです。基本は潤いが足りない肌に対してのケアと考えておいてください。寒冷蕁麻疹の場合には発症しやすい場所が決まっていますので、その場所を露出しないようにするほか、対処はないようです。
寒冷蕁麻疹は誰にでも起きる蕁麻疹の種類ですので、寒い季節や冷たいエアコンの風などは用心をしておきましょう。手湿疹と寒冷蕁麻疹とでは対処が少し違いますので、素人判断だけでは危険です。
手や指の毛細血管の血液循環が急激に悪くなり、特に寒い時期には手に「ぶつぶつ」が発症します。紅斑が特徴的で、いきなり手のひらや指に、出始めるので、最初驚かされます。急激な温度変化の場面で起きやすいのも特徴的なのです。
しもやけ状態も悪化してしまうと、結構長引いてしまいます。そうならないためにも、早めに皮膚科を受診して正しく診断を付けてもらう必要があります。痛々しい手の腫れと、患者自身のQOLが著しく低下する点も、この疾患にはつきものなのでうs。
一番多いのが寒冷蕁麻疹です。これまで体温を保ち温かい場所で過ごしていた人が急激に気温の低い場所に出たときに、その刺激のせいで手にぶつぶつができるのです。一度できてしまうと、お風呂あがりには、かなりの痒みに襲われます。冷えてくると蕁麻疹出できて、冷えると痒みを生じるという厄介な症状なのです。
寒さや気温の変化が与える物理的な刺激も、敏感体体質の人には寒さに対しても反応を示してしまうのです。ですので、一度寒冷蕁麻疹になってしまった人は、色々と注意をする必要があります。外出時はできるだけ肌を露出しないようなパターンの服装を心掛けることや、お風呂に入るときにも寒暖差がでないように、脱衣場付近も温めておくなど自分自身に対して気を遣う必要があります。もう一つ大切なことは、自律神経の働きが悪くなることで蕁麻疹が出やすくなります。
手の湿疹と、軽く考えずにきちんと対処する必要があります。手というのは、毎日何等かの形で動かすものです。だからこそ、早く処置をして、手のぶつぶつが何か?それをどうすれば良いのか?を確実に探る必要があるのです。
身体の一部として手はついつい洗いすぎる場合や家事などで洗剤を触る機会も多いのでどうしても、手湿疹にかかる確率が高いのです。概ね単に乾燥と考えずに、全身状態をよくすることから考えていきましょう。早めに皮膚科に相談をすることが完治への早道です。

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪