Yvcnd6apwzoi5camcp9a

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

化粧水・乳液・美容液それぞれの役割は?スキンケアのハウツーまとめ

2019.01.20

化粧水・乳液・美容液のそれぞれの役割って言われると、正しい役割はいまいち分からなかったりしますよね。いつもの流れで使ってしまっているよりかは化粧水・乳液・美容液の役割と順番をしっかり把握していた方が効果を引き出しやすくなります!ぜひ知ってみましょう!

  1. 化粧水・乳液・美容液の役割?
  2. 化粧水・美容液・乳液の順番とは?
  3. 化粧水の成分とは?
  4. 化粧水の役割は?
  5. 化粧水の使い方は?
  6. 美容液の成分とは?
  7. 美容液の役割とは?
  8. 美容液の使い方は?
  9. 乳液の成分とは?
  10. 乳液の役割とは?
  11. 乳液の使い方とは?
  12. オイルは?
  13. クリームは?
  14. まとめ
Gr1whsegajevqfayrrjj
今更化粧水・乳液・美容液の順番や役割って確認する事かな?と思うかも知れませんが、毎日使う物なので意外に間違っていたり、使い方が自己流になってしまっていたりする事が多いのです。だからと言って絶対にそれが悪いと言う事でもないのですが、一度改めて見直してみませんか?このページではそんな化粧水・美容液・乳液の基本的な所を確認して行きたいと思います!では早速行ってみましょう!
Ng8p9yjgixehf9l1pncr
ではまず最初は基本的なスキンケアの順番についてからご紹介して行きましょう!基本的には油分の少ない順番で使用するのが良いと言われています!順番を並べてみると・・・

クレンジング

洗顔

化粧水

(シートマスク)

美容液

乳液

クリーム

このような順番が基本的な物になります。もちろんそれぞれの商品によって、順番を指定している物もあるので絶対にこうと言う訳でもありませんが、もし書いてなかったりして迷ってしまったらこの順番に立ち直ってみて下さいね!そして洗顔もスキンケアの中で重要な位置づけです。しっかり汚れを落としてから基本のケアへと進みましょう。正しい洗顔についても以前の記事でご紹介していますので、ぜひ参考にして見て下さいね!↓
Xgemfmqrsstv0nqq0ra9
では個別に役割を見て行きましょう。まずは化粧水です!実は化粧水は水分80%ほどでできているんです。肌触りからしても水分が多い事はわかりますね。じゃあ水道水で良いんじゃないって気もしてしまいますが、化粧品に使われているのは精製水が多く、お肌に浸透しやすくなっているんです。そして後の20%には基本成分、機能性成分、安定化成分などが加わって、化粧水の方向性が決められて行きます。
Gkk6gqjnirgc8pyr1ztz
化粧水の主な役割とは、洗顔後のデリケートになっているお肌に水分を与えて行く事です。洗顔である程度の水分は奪われてしまうので、その補給と言う事ですね。そして水分を与える事でお肌が柔らかくなり、化粧水の中の美容成分がお肌に届き整えられます。そうする事で、次に使う化粧品がなじみやすくもしてくれているんですね。化粧水は大事な位置づけですね。
Zqrflcokon7fytoif5kh
では化粧水の使い方もご紹介して行きたいと思います。まずは洗顔後の清潔なお肌の状態にして、化粧水を適量の半分ほどを手の平に取り、人肌に温めます。そして両手に伸ばしてお顔に馴染ませて行きます。その時にゴシゴシとこすってしまうのは厳禁ですので気をつけて下さいね!
一度馴染ませ終わったらもう一度適量の半分を手のひらに出して、馴染ませて行きます。回数を分ける事でよりしっかりムラなく馴染ませる事ができます!そして洗顔後から最低でも5分以内にスキンケアを開始しましょう!あまり時間がたってしまうと、お肌が乾燥してしまってツッパリ感が出て来てしまいます。これで化粧水は完了です!
Fgnrsfupjdoxyrfadnbz
美容液とは基本的に美白系やエイジングケア系などの何かに特化した濃密なケアができる物を差します。ですので決まった成分やテクスチャーなどはありません。化粧水、乳液などには入りきれない美容成分を、凝縮させていると言った方が分かりやすいかも知れません。プラスで行える美容成分を補うタイプの物ですね。
Ztukgbxdxgm4wszj0nlp
美容液の役割はお肌の奥までしっかり美容成分を届けて行くと言うのが基本的な部分になります。先ほども少し触れましたが、何かの美容成分に特化している物が多いので明確にケアしたいと言う目的を持って美容液を使った方が良いですね!ピンポイントで集中的にケアする事ができます。
Nektwihcvkeljvaesq9x
美容液の使い方は、基本的には化粧水の後が良いといわれていますが、ブースタータイプの美容液の場合は洗顔後すぐに使用する場合もありますので、それぞれの使用方法は確認して下さいね!
美容液の塗り方は基本的には化粧水と同じように使って頂けます。気になる箇所には重ねづけしたりハンドプレスの時間を少し長くしたりするとより効果的に使って頂けます!美容液は商品によって特に使用方法、テクスチャーなどが全く違って来るので必ずしもお顔全体に広げなくても良い場合もあります。
Flybcxlpyzkla3fggubr
化粧水よりも油分の割合が多いのが乳液です。全体の主な成分は水分ですが、5%前後が油分、その他に油分と水分を混ぜるための乳化剤、保湿成分、美白成分などが主な成分です。最近増えているUV効果のある物には紫外線吸収剤なども配合されています。ティント乳液の場合は、化粧下地となり得る成分も配合されています。
Rh2ljpq2qa6rjk8vyaix
乳液の役割としては、ここまでのスキンケアの蓋をする役目がメインになって来ます。化粧水や、美容液などの美容成分をしっかり奥に閉じ込めて油分で蓋をすると言うイメージですね。ですので乳液の保湿成分はとっても大事になって来ます。自分の使っている乳液にはどんな保湿成分が使われているのか、確認したくなっちゃいますね!総仕上げの部分が乳液と言う事ですね!
Ieh9xz6recpqc8n9okpm
乳液の使い方は、手のひらに適量を出して両手で温めます!(化粧水よりもとろっとしていて温まりにくいため)そして人肌になったらお顔へ内側から外側へ向けて馴染ませて行きます。油分が結構あるタイプが多いですので、ぜひマッサージをしながら行なっても良いでしょう!ですがオイルなどよりは油分が少ないので、ほどほどに抑えた方が良いです。本格的なマッサージをするならマッサージオイルの使用をオススメします。これで完了です!

乳液deプチマッサージ

毎回乳液のたびにマッサージするのは大変かも知れませんが、この動画のマッサージは本当に簡単ですので、ぜひやってみて下さいね!馴染ませついでくらいのマッサージなのでお手軽です!
Iazyj2rth4evq4ihrbav
最近オイル美容が流行していて、植物系の美容オイルもとっても多いですよね。しかも用途もたくさんあり、マッサージとして使ったり、毛穴パックとして使ったり、お風呂に入れたりと様々です。美容オイルでしたら、化粧水の前に使用してブースターとして使える物もありますので、使いたい方法に合わせて購入するのが良いでしょう。
美容オイルの中でも、用途が決められている物とそうでない物とがありますので、買う前にはどんな用途に使えるのかを確認してから購入しましょう!ちなみに食用のオイルは美容用と全く精製が違うので併用はやめましょうね!気をつけて下さい!
N4nw6ozi2x9t88xw7jzb
どうするのかで迷いがちなのがクリームの存在だと思います。基本的な美容クリームは乳液の後に使う物が多いです。ですがこちらも美容液と同じようにもっと先に使うタイプの物もありますし様々です。説明書きを確認しつつ、特に書いていないようなら乳液後に使うのが無難かなと思います。乳液の補助的な役割だったり、ピンポイントの集中ケアだったりと大きな味方になってくれると思います。
Tsuajase2zwbtd52aihw
いかがでしたか?化粧水・乳液・美容液の役割などについてご紹介させていただきました。なかなか正しい役割や順番など、確認したり今更感があってしなかったりしますが、たまに確認したりするとちょっと忘れてしまっていたりして、改めて見てみるのも良いですよね。ぜひスキンケアの参考にしていただけたら幸いです。関連記事も発見しましたので、ぜひ見てみて下さいね!↓

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪